個性的な雰囲気が存分に味わえる・南フランスの世界へようこそ! | フランスの旅行記

支店
渋谷
新宿
横浜
銀座
名古屋
大阪
福岡
札幌
広島

個性的な雰囲気が存分に味わえる・南フランスの世界へようこそ!

エリア
ニース
/フランス
テーマ
世界遺産
時期
2019/12/06~2019/12/13
投稿日
2019/12/20
更新日
2019/12/22
投稿者
西向 慎一

フランスと言えばパリ。誰もがそのように思い浮かべるのではないでしょうか。
私自身も何度かパリには訪れたことがありました。その時にふと、パリ以外のところはどんなところ何だろう、そんなことが思ったのが今回のきっかけでした。
今回、南フランスの個性的な街々を訪れてきました。それぞれの街に違った特徴を持つ街の数々。
ただ、どこの街も共通して言えることは…
こじんまりさとフランスの洗練された感じが残っていること★☆
そしてどこもパンがおいしかったことです(笑)各都市それほど観光には時間がかかりませんので、いくつかの街を訪れてたっぷり楽しみたいところですね。
それでは、そんな南フランスの街を見ていきましょう。

スタッフおすすめ!お得ツアー

☆★南フランス★☆ 成田発着《カタール航空》で行く!世界的に有名なリゾート地ニースで過ごす5日間 価格重視の2~3つ星ホテル滞在(朝食付)

成田発

☆★南フランス★☆ 成田発着《カタール航空》で行く!世界的に有名なリゾート地ニースで過ごす5日間 価格重視の2~3つ星ホテル滞在(朝食付)

日数:5日間  
旅行代金:79,800円~229,800ツアーはこちら

  • 中世にタイムスリップ・ファンタジーの世界/カルカッソンヌ

    • 中世時代の格好をした人々のショー

    • サン・ナゼール・バジリカ聖堂。ステンドグラスが綺麗!!

    • 名物料理「カスレ」。美味しかったけど量が多かった…

    • カルカッソンヌの夜景。感動の一言です

    カルカッソンヌの魅力は何といっても、城壁に囲まれたシテというエリア。そのシテに足を踏み入れるとそこは、ゲームに出てきそうなファンタジーの空間。昔ながらの恰好をした人々もいて雰囲気をより盛り上げてくれることも。シテエリアの端から端まで歩いても15分ぐらいの小さなエリア。シテの中にはレストランもあるので中世の雰囲気に囲まれた中でお食事をとってみてはいかがでしょうか?

    そして、サン・ナゼール・バジリカ聖堂が素晴らしい!建物に入った瞬間飛び込んでくるステンドグラス・そして古都にマッチした厳かな雰囲気に圧倒されます。

    近くのトゥールーズやマルセイユなどから日帰りも出来ますが、夜のカルカッソンヌもお勧め!日帰りの観光客もいなくなり、ライトアップされた街が幻想的な雰囲気を醸し出します。そして、夜は名物料理「カスレ」に舌鼓をしてみられるのもよいかも。

    観光のハイライトはふもとの旧橋から見渡すシテの夜景。ロマンティックで素晴らしいの一言です。いつまでも見たくなる、そんな光景です。

  • 思わずお土産に手がのびてしまう港町/マルセイユ

    • マルセイユを象徴する旧港

    • マルセイユ石鹸。思わず買い過ぎちゃいます★

    • 坂の上の聖堂。この坂道はきつかったです…

    • 丘の上からの眺め。絶景です!!

    マルセイユといえば、知る人ぞ知るマルセイユ石鹸が有名。街の至る所にはマルセイユ石鹸のお店があり思わず手が伸びてしまいます。私も思わずたくさん買ってしまいました…。ただ、あまりに買い過ぎるとその後多くの思い出と共に重い荷物と移動が必要なので、たくさん買われる方はプランニングにご注意を♪

    街自体は旧港を中心とする港町。特に夏場などは海風に吹かれながら港付近を散策してみられるのもよいのではないでしょうか。一部雰囲気の悪いエリアもあるのでホテル選びをする時はご注意を。

    また、坂を20分のぼったところにあるノートルダム・ド・ラ・ギャルド・バジリカ聖堂は必見スポット。敷地から見下ろすマルセイユの街並みは絶景です☆★そこに至る道のりは歩いて行くと急な坂道ですが、しんどい思いをしてのぼった甲斐があります!

  • 城壁に囲まれた川のほとりにたたずむ町/アヴィニオン

    • 街の中心部はぐるっと城壁に囲まれています

    • 城壁の中はカフェやホテルなどがある街となっています

    • 法王庁宮殿では新旧の姿が見比べられます!

    • サン・べネト橋。奇橋です…。せっかくなので渡ってみてください!

    中世当時の城壁が残る街。街の入り口にある城壁には思わず圧倒されてしまいます。城壁の中に入るとそこはフランスの街。おしゃれなブティックやカフェがあります。

    アヴィニオンに行けば法王庁宮殿に行き、日本語オーディオガイドを是非とも借りていただきたいです。この建物ではi padとオーディオガイドを一緒に持ってまわると数倍楽しめます。i padを各箇所にある「時の箱」にかざすと当時の姿がi padに出てきます!i padにはVR動画のようになっており、当時に姿と今の姿を比較して見ることができます。そして、建物の中には金貨が9個隠れていて全部集めるとよいことが起こるかも♪

    そしてもう1つの見どころはサン・べネト橋。度重なる川の氾濫により現在のところは途中までしかないという奇妙の風景が虜になります。本来の橋の役割は無くしましたが、橋自体は渡ることができるので、橋から見るアヴィニオン中心部の光景と、橋のたもとから見る橋自体の光景を両方楽しんでみられてはいかがでしょうか。

  • コートダジュールの中心都市/ニース

    • コートダジュールの風を感じながら街歩き★

    • 魚介類を使った家庭料理に舌鼓

    • ショッピングセンターもありお買い物も楽しめます

    • 高台からのニースの街並み。いやーきれいでした。

    リゾート感も残しつつ、街もこのあたりにしては大きいので海に近い高級リゾートホテルから、お手頃なホテルまでご選択いただけるところはニースの魅力。パリからの国内線だけでなく、国際線も多く飛んでいるのでニースから南フランスの旅を始められてはいかがでしょうか!

    海沿いを歩くとコートダジュールの風を感じることができます。おしゃれなレストランも多いのもこのエリア。魚介類を使った料理に舌鼓をしてみるのはいかがでしょうか?ショッピングをお楽しみいただけるエリアもあります。街の規模はトラムも走っていますが、街歩きがてらに散策もできる距離です。旧市街辺りに行くとカラフルな建物にも出会えます!夏は海沿いを中心に多くの人でごったがえします。冬はお店などは閉まりますがゆっくりご散策がいただけます。

    そして、是非高台に行ってみて上からニースを街を見てみましょう!美しい街並みと海岸線を見渡すことができます。時間があれば夕方からお越しいただき、夕焼けと夜景を一緒に楽しむのがBEST!!

  • ニースから日帰りトリップ!/エズ村&マントン

    • 高台にあるエズ村から見渡す光景。絶景です!!

    • エズ村はかわいい雰囲気★☆(冬に行ったので枯れてますが…)

    • マントンのカラフルな街並み。午前中に行くと日が当たり特にきれい

    • たっぷりの太陽を浴びながら南フランスに乾杯!

    ニースを基点に小さな街や村に出かけられるのもニースの魅力。今回はエズ村という村とあと数キロ行けばイタリアという国境の街、マントンに行ってきたのでその紹介をします。

    エズ村はニースから車で30分ほどの小さな村。エズ村に入るとメルヘンの世界に入ったような細い小道が続く雰囲気は、思わずかわいいと思ってしまう場所です。展望台に行くと180度眼下に地中海を見下ろすことが出来、その風景はまさに絶景!!村自体も2時間足らずで充分散策できる規模です。坂道が多いので歩きやすい靴でお出かけいただくことをお勧めします。

    マントンはのんびりとした港町。海沿いのレストランで波音を聞きながら食事をする時間はまさに贅沢。イタリアに近いこともあり、イタリアのチンクイエテッレに似た遠目から見るな街の光景も見ることができます。旧市街を街歩きするとマントン特産のレモンを使ったグッズも手に入れることができます。
    (マントンでは毎年2月にレモン祭りという祭りもあります)

    列車やバスの本数も限られているニース郊外の都市も、専用車で効率よくまわることもできます。
    当社ではもちろん専用車のアレンジも可能!是非ご相談ください。

  • カジノだけじゃない!魅力たっぷり洗練された街/モナコ

    • 高台からのモナコの港。整然とした美しい光景

    • モナコヴィル地区はカラフルな街並み

    • モナコ大聖堂。荘厳な雰囲気です

    • フランスとモナコナンバー。国が違うことを実感させられます

    モナコと言えばカジノを思い浮かべられるかもしれませんが、観光も楽しめます。モナコヴィル地区に行くとカラフルな写真映えする街に出会うことができます。

    また、地区の中心部にあるモナコ大聖堂は目を見張るほど美しい光景で思わず息を飲んでしまいます。モナコヴィル地区は高台になっているのでそこからモナコ港を見下ろすことができます。モナコ港周辺のハイセンスなカフェでお茶をするのもセレブになったような気分が味わえます。

    とにかく街が整っていて美しい!そして街の至るところに警察がいるので安心して観光や散策がお楽しみいただけます。一応モナコも国なので、国境を越えて2か国に行く気分を味わえます。もっとも国境を越えたな、と感じるのは車のナンバーがモナコナンバーの車がやけに多くなることぐらいです…。
    (通貨ももちろんフランスと同じユーロです)

  • いかがでしたか?

    今回旅をして思ったのはかなりの充実度があったこと。これは特色が違う街々があったからこそです。

    フランスに行けば是非南フランスへ♪あなた好みの街が見つかること間違いなしです!また、南フランスは鉄道網があるところもあれば車でしかいけないところもあります。

    当社ではパック旅行に含めて鉄道や専用車の手配もできるのであなた好みの旅を作ることも可能です!是非お気軽にご相談くださいませ!

    ★☆南フランスのハネムーンや挙式もお取り扱いしています☆★