憧れのシックスセンシズフィジーへ | フィジーの旅行記

支店
渋谷
新宿
横浜
銀座
名古屋
大阪
福岡
札幌
広島

憧れのシックスセンシズフィジーへ

エリア
マロロ島(リクリク、マロロ)
/フィジー
テーマ
自然
時期
2019/03/22~2019/03/26
投稿日
2019/3/31
更新日
2019/3/31
投稿者
秋元

今回でフィジーは3回目。うち2回は仕事。。。

初めてリゾートを満喫できるチャンス!

初のプライベートフィジーはどこに泊まろうと、いろいろリゾートも悩みましたが、今回は弾丸5日間ということで、2018年春にOPEN当初からずーと気になって、憧れていた、Six Senses Fijiに行ってきました~

スタッフおすすめ!お得ツアー

<名古屋発着>大韓航空利用!海も山も楽しめる欲張りリゾート☆マロロ・アイランド(オーシャンビューブレ)6日間

名古屋発

<名古屋発着>大韓航空利用!海も山も楽しめる欲張りリゾート☆マロロ・アイランド(オーシャンビューブレ)6日間

日数:6日間  
旅行代金:187,800円~252,800ツアーはこちら

  • 専用ボートで移動

    ママヌザ諸島のリゾートには空港から30分ほどの距離にあるデナラウ港から出発。

    基本はサウスシークルーズで移動しますが、

    シックスセンシズは自社ボートでリゾートまで直行!&デナラウ港に専用桟橋もあり!!

    スピードボートなので、到着日の移動も体に負担なく移動!

    リゾートまでは約40分ほど。

    船の中では早速、シックスセンシズのおもてなしがスタート。

    シックスセンシズオリジナルジンジャージュースとミックスナッツでリラックス!ジンジャージュースが長いフライトの疲れを癒してくれます!!

    リゾートに到着すると、フィジーらしい歌でスタッフがお出迎え。

    リゾートにももちろん桟橋があるので、スニーカーでも濡れません(笑)


  • ビーチフロントヴィラ♪

    お部屋に案内されると、窓の外に海が見えるではありませんか!!

    なんと、ビーチフロントヴィラに滞在することができました!

    お部屋のプールの先に、ビーチへとつながる道が・・・

    その道を抜けると、海が広がります。

    今回の滞在はフルブックといわれてましたが、ビーチには誰一人おらず・・・

    ビーチにいてもプライベート感がたまりません~

    お部屋は、ベットルームとリビングルームが段差で仕切られてます。

    ベットルームが2段上がっているので、寝ながらも美しいビーチを見ることができます。

    専用のプールも広々していいて、二人ではもったいない広さ。

    夜にはライトアップがされ、また雰囲気が変わり。

    バルコニーで星空を見ながら、ついつい飲みすぎてしまうことも・・・


  • メインレストラン”TOVOLEA”

    朝、昼、夜とOPENしている、メインレストラン”TOVOLEA”

    朝はここだけのOPEN。

    基本はアラカルトからチョイスし、ビュッフェにサラダとジュース、フルーツがあります。

    アラカルトは何品頼んでも追加料金はなし!

    朝からガッツリ食べたい人は食べれるだけたくさん頼んでみては?

    基本メニューとは別に、毎日日替わりのスペシャルメニューもボートにあります。

    オープンエアの雰囲気は朝から、心地よい風を感じることができます!

  • シックスセンシズといえばアイスクリーム♪

    シックスセンシズといえば、無料のアイスクリームが有名!

    フィジーにもあるのかなーと楽しみにしていたところ、もうひとつの運河沿いにあるレストラン”RARA”の隣りに売店の入り口に、ありました!!!

    アイスクリームは常時、数種類並んでいて、手作りのワッフルコーンも絶品。

    アイスはどれも絶品。いろんな味を試したく、ついつい通ってしまいます。

    アイスの提供時間は売店がOPENしている、11-15時と18-20時。


    ”RARA”レストランは毎日夕食はテーマナイトでいろんな料理を提供してました。

    滞在中は好みのテーマがなかったので、夕食も”TOVOLEA”へ行ってなんとスペシャルメニューのアンガス牛のステーキを食べてしまいました 笑

  • お部屋の目の前のビーチ

    ビーチフロントヴィラの道を抜けたビーチ。

    いつの時間に行ってもなぜか静かで誰一人見かけることがない・・・

    本当に満室なのかと思うくらい。

    夕日はビーチフロントヴィラの沖に沈むので、天気がよければ一面に広がる赤い夕焼けが見えるんだろなーと思いつつ。。。

    ビーチにはビーチチェアーやハンモック、ソファーが等間隔にならんでいるので、手ぶらで行っても安心。


    リゾートのスタッフに聞いたところ、このリゾートを設計したスタッフがサーフィンポイントが近いので、ここにリゾートを建てたと。。。

    本当かどうかは確かではないが・・・

    ただ、リゾートのアクティビティーにサーフィンメニューがありました!!

    どうやら、ワールドクラスの波でサーフィンができるらしい・・・

    オーストラリア人のサーフィンガイドが興奮気味に話してくれました~


    今回、リゾートに到着して初めて知りましたが、私たちの部屋を担当してくれたSeini さん日本語が話せて驚き!

    最近、日本人のお客さんが少ないので、たくさんきてくれないと忘れちゃうと・・・本気でお客さんを送ってあげないとと思いました。。。

  • ヒルトンフィジーリゾート

    最終日に泊まったヒルトンフィジーリゾート。

    10年前に仕事で見た時、一目ぼれした室内。

    日本人にはうれしい、バスタブ付!

    お部屋も広々、リビングルームとベットルームが分かれており、

    長期滞在でも窮屈間がなく、のーんびりすごせるなーと実感。

    また、デナラウ地区で一番敷地が長いこともあり、リゾート内にはシャトルバスが運行。

    レストランもメインエリアの近くと、メインから少し離れた、エリアに大人専用のレストランとプールもあり!

    どこも雰囲気がよく、最後の晩餐にもオススメ!

    デナラウ地区のホテルはいろいろ泊まったけど、ロングでのんびり滞在なら、総合的にここかなーと思ってしまいました。

  • お土産事情

    いつも旅行に行くと何をお土産にしたらよいんだろうと、悩みます。

    また、どこで買おうかとも悩みますよね。

    でも、フィジーならデナラウショッピングモールで何でもそろいます。

    フィジーらしいお土産から、ばらまきお菓子まで!

    今回、お土産で買いたいと思っていたUGGのブーツ。

    時間的に工場にいけず、落ち込んでたところ、デナラウマリーナ内のジャックスでもオーダーができると!!

    シックスセンシズに行く、ボートのわずかの時間でオーダーし、

    最終日のヒルトンで無事に受け取りました!!

    日本よりもかなり安く、お気に入りをゲット!!

    本当はフィジーのステッカーがほしかったのに、在庫切れと・・・

    なくなくオーストラリアのステッカーに。

    でも、この値段でオーダーできるのだから、みんながほしがるのも当然!!

    それ以外は日本人の方が作ってるチョコと、フィジーコーヒーのお菓子とインスタント。最近人気のパイナップルケーキを購入!!


    今回1年ぶりにフィジーに行きましたが、やはり直行便でいけるのは本当に楽ちんです。機内食も以外と美味しいし。

    なんといってもフィジーの人の優しさに本当に癒されます。

    帰ってきたばかりですが、またすぐにでも行きたい国のひとつです。