チェコの温泉リゾート「カルロヴィ・ヴァリ」 | チェコの旅行記

支店
渋谷
新宿
横浜
銀座
名古屋
大阪
福岡
札幌
広島

チェコの温泉リゾート「カルロヴィ・ヴァリ」

エリア
カルロヴィ・ヴァリ
/チェコ
テーマ
街歩き
時期
2019/3/10~2019/3/10
投稿日
2019/4/10
更新日
2019/4/16
投稿者
小手川環

チェコ最大の温泉保養地「カルロヴィ・ヴァリ」に行って来ました。

ここの温泉と言っても主流は飲泉(飲む温泉)です。

カルロヴィ・ヴァリにはチェコ国内からだけでなく、ヨーロッパ中から治療、療養目的で人が訪れるそう。

プラハのフローレンツ駅からバス(レギオジェット)に乗って片道約2時間です。

バスは1時間に1便ほど運航しています。

プラハ本駅からカルロヴィ・ヴァリ駅まで鉄道が出ていますが、所要時間が3時間ほどかかり、駅から温泉街までも遠いので不便です。

プラハからの移動はバスか専用車がおすすめです。

スタッフおすすめ!お得ツアー

≪成田発カタール航空≫世界で最も美しい街に数えられる古都「プラハ」&日帰りでチェコの温泉リゾート「カルロヴィ・ヴァリ」6日間

成田発

≪成田発カタール航空≫世界で最も美しい街に数えられる古都「プラハ」&日帰りでチェコの温泉リゾート「カルロヴィ・ヴァリ」6日間

日数:6日間  
旅行代金:87,800円~302,800ツアーはこちら

  •  

    • カルロヴィ・バリに到着

    • モーゼルミュージアム

    • モーゼルミュージアムの中庭

    • 街中のモーゼルのショップ

    バスでカルロヴィヴァリに到着したら、市バスに乗り換え、まず向かったのは「モーゼルミュージアム」

    市バス1番で約10分ほどでミュージアムに到着します。

    ここでは製造過程の一部を見学することが出来る「ガラスワーク」を楽しみにしていましたが、、、

    あいにく日曜日は「ミュージアム」は開いていますが、「ガラスワーク」は閉まっているとの事でした。(最近変わったらしく、HPやガイドブックは年中無休となっていました、、)


    ミュージアムの見学は英語のオーディオガイドで。伝統的なものから現代のものまで、200点以上のモーゼル製品を見ることが出来ます。ガラス製品はカッティングだけでも1つに1週間以上かかるそう。


    最後はショッピングエリア。素敵なガラス製品が揃っていて「欲しい!」となりましたが、壊れるのが怖くて断念。価格は決して安くないですが、時間をかけて一つ一つ作られた事を考えると納得です。


    プラハの街中でも「moser」のお店を見かけました。ちなみにここのミュージアム内のお店と街中のお店の料金は同価格だそう。

  • コロナーダ巡り

    • 川沿いにパステルカラーの建物!風情があります

    • 屋台のお店で飲泉カップを購入!

    • お店によって値段や若干品揃えが異なります。

    さて、「モーゼルミュージアム」見学の後は、いよいよ温泉巡り!

    街は川をはさんでパステルカラーの建物が囲むように建っていて可愛らしい雰囲気。


    街中にある源泉の飲料はすべて無料!

    まず、ところどころにある屋台のお店で売っている飲泉カップを購入します。

    飲泉カップは、柄やカップの形など沢山の種類があって迷ってしまいます。

    しばらく悩んだ末、私は伝統的なブルーオニオンのカップを購入。800円くらいからカップが購入出来ます。


  • 飲泉はワッフルを食べながら♪

    • まず訪れたコロナーダ。テンション上がって飲み過ぎました

    • ここの温泉は胃腸によいそう

    • 温泉?噴水?

    • スパワッフルはあつあつで美味しい♪

    飲泉所はコロナーダと呼ばれています。

    コロナーダは全部で16か所。

    私達は5-6か所回りました。

    あまりおいしいものではない、、と噂で聞いていましたが、確かに。。。

    でも体によいし、記念だから!と各コロナーダで試飲しました。

    コロナーダによって温度、味が違い、効能も違います。

    ぬるめのところより温度の高いところの方が飲みやすかったです。ちょっとサイダーのような味。

    飲みすぎるとお腹を壊しそうで少しずつ飲みました。ヨーロッパの方たちは大きなペットボトルにどぼどぼと温泉水を

    注いでその都度試飲していました。


    街中で売っている「スパワッフル」を一緒に食べるのがおすすめ。

    スパワッフルは1枚50コルナ(250円)で注文するとその場で焼いてくれてとても香ばしくて美味しい!

    スパワッフルはプラハのスーパーでも箱詰めされたものをたくさんみかけました。定番のお土産のようです。


  • カフェでティータイム♪

    • 雨のカルロヴィ・ヴァリ

    • ランチを食べる時間がなく、カフェでケーキ♪

    • グランドホテルプップはラグジュアリーな雰囲気

    いくつかのコロナーダを周った後は、街の奥の「グランドホテルプップ」のカフェで優雅な気分でカフェタイム。

    ここは300年以上前に建てられた歴史ある名門ホテル。トイレに行くのにフロントを通りましたがゴージャスな雰囲気が漂っていました。

    カフェではカプチーノとアップルパイを頼みました。アップルパイは温かくて甘みが抑えられていてめちゃくちゃ好みの味でした!


    私達は夜に予定があったので、15:00発のバスでプラハに戻りました。

    私達が訪問した日はあいにく雨が降っていて、3月といえどもかなり寒い日ではありましたが、雨のカルロヴィ・ヴァリもなかなか風情がありました。

    プラハから片道2時間なので、日帰りでぷらっと訪れてみるのはいかがでしょうか。

    バスではなく、専用車を利用して訪れるのもお勧めです。