冬のバンクーバーどう過ごす? | カナダの旅行記

支店
渋谷
新宿
横浜
銀座
名古屋
大阪
福岡
札幌
広島

冬のバンクーバーどう過ごす?

エリア
カナダ
/カナダ
テーマ
現地情報
時期
2018/12/15~2018/12/21
投稿日
2018/12/23
投稿者
塚越 直哉

冬のバンクーバーと言えば雨、雨、雨、曇、雨、雨、、、、、

と言われておりますが本当でした。
時々晴れ間も覗かしている事も有りますが、数時間後には雨ということもザラに有ります。
12月は月の20日~25日が雨とも言われております。
そんな中でも楽しめる屋根のある場所のバンクーバー観光を探してきました。
住心地の良い街で常に上位に君臨しているバンクーバー、
その所以を辿りたいと思います。
これなら天候関係なくバンクーバーを楽しめます。
天気は雨でも私の心は快晴!!そんな観光です。

  • まずはお腹を満たさなければなりません。

    • 外観は日本と何ら変わりません。

    • 立派な提灯が目印!!

    • ラーメンの種類は4種類。

    今回はランチを取ってから出発しました。

    腹が減っては戦は出来ぬとは良く言ったものですが、
    福岡支店勤務の私からすれば、この提灯が見えたらばお店に入らざるを得ないです。
    そうです。豚骨ラーメンです。
    福岡県筑紫市に本店を構えるラーメン【暖暮】さんです。
    今やアメリカやベトナムにも進出しているラーメン屋さん。
    行かない理由はないですね。
    場所はロブソンストリート沿い、ホテル バークレーの目の前です。
    いつ行っても並んでいるようです。営業時間は11時~23時迄。
    料金は10カナダ・ドル程 日本と大きく変わりないです。
    勿論替え玉も出来ます。(2カナダ・ドル)
    海外でもこの味を堪能できるとは思ってもいませんでした。

    お腹も満たされたところで本腰を入れて観光に行くとしますか!!


  • まずは王道の観光地グランビルアイランド

    • グランビルアイランドに到着!!

    • 新鮮な魚介類も陳列されております。

    • そんなこんなで購入してパンを作成

    • メープルビール??人気らしいですよ。ぜひ!

    街の中心部から市バスで20分ほどでしょうか。

    ダウンタウンとキツラノを結ぶ、
    グランビル橋の高架下にそれはありました。
    元々は工場だった場所の跡地に建てられた、バンクーバー市民御用達のマーケット。

    食事やショッピングまで楽しめる。
    更に高架下なので雨の心配なし(一部屋根のない場所あり)
    やはりバンクーバーと言えば新鮮な食材。
    精肉やチーズを購入してパンに挟んで食べるのも有り。
    日本には馴染みのないフルーツや野菜もちらほら、
    気づいたら徒に時は流れておりました。。。


  • バンクーバーの歴史を辿る?

    • 閑静な住宅街を抜けると見えてきました!

    • ユニークな外観が目印

    • 内装はお見せすることが出来ませんので自分の目で確かめて下さい。

    • 蟹のおぶじぇ

    グランビルアイランドから閑静な住宅街を通り徒歩20分程度で辿り着くのが、バニア公園に有るバンクーバー博物館

    三角屋根とカニのオブジェがシンボルマーク。
    主にバンクーバーの歴史に関する展示が沢山展示してある。

    バンクーバーの歴史を知りたければここに行かざるを得ないです。
    2階には立体スクリーンのレーザーショーのマクミラン スペースセンターがございます。

    因みに内装はお見せすることが出来ませんので、
    興味の有る方は実際に足を運んで肌で感じ取って下さい。

    ☆御料金:大人19$ 子供9$ シニア・学生16$

    因みにバンクーバー博物館の奥にはバンクーバー海洋博物館がございます。
    大航海時代から現在までの船の模型等が展示されているようです。
    今回は御時間の都合上行けなかったのですが御興味の有る方は是非足を運んで見て下さい。

  • バンクーバー美術館・バンクーバー図書館

    • 美術館外観 この時既にワクワクしておりました。

    • バンクーバー図書館

    • 図書館の内装

    さてさて、博物館よりバス停に戻りバラードストリートブリッジを通りロブソン広場に戻ります。

    きっと私の事を知っている人がいらっしゃれば誰もが思うことでしょう。
    「美術館とか全く似合わない、、、」「お金の無駄、、、」

    幾多のバッシングを受けつつも一度は足を運びたかった場所。
    元は裁判所として利用されていたことから、
    館内も歪な作りをしている。
    建築物が好きな人でも楽しめる事間違いなしだ。

    【お詫び】
    申し訳ございません。
    内装は博物館同様お見せすることが出来ません。
    御興味がございましたら是非足を運んで見て下さい。

    ☆御料金:大人24$ 子供6.5$ シニア20$ 学生18$

    ここで雨足が強くなった為、急遽予定になかったがバンクーバー図書館に立ち寄ることに。
    美術館より歩いて徒歩10分程度でバンクーバー図書館に辿り着く。
    こちらも非常に特徴的な形状をしており、ローマのコロッセオを彷彿とさせる。
    中にはカフェも有り小休憩するにはもってこいの場所です。
    一部日本語の本の貸出も有ります。


  • 最終目的地スタンレーパークへ

    • バス停からも看板があるので楽々水族館まで到着

    • 海で打ち上げられたゴミの数々。

    • 勿論魚も沢山泳いでます。

    図書館を出る頃には小雨になっておりました。

    この通り、冬のバンクーバーの雨は降ったり止んだりなんですね。
    終日今にも泣き出しそうな空をしております。
    観光には傘が必須ですね。

    さてさて、バスに揺られること20分ほどでしょうか、
    スタンレーパークに到着して歩いて10分程度で水族館に到着。
    暇さえあれば海の中道の水族館に何度も足を運ぶほどの、
    水族館好きの私ですが、こちらの水族館は何かが違う。。。

    そうです。海洋生物の展示だけに留まらず、
    動物の保護の観点から地球環境の展示もございます。
    英語が全くわからなーい!!という方でも視覚的に訴えられる構図になっております。

    非常に考えさせられます。
    行けば分かります。。。


  • まとめ

    • 移動はバスで!!

    今回は実質5時間で全て回りましたが、全て駆け足でした。
    ゆっくり見たいという事であれば2日間に分けたり、
    1日かけて回った方が良いと感じました。

    夏はキャピラノ吊橋等の遠方の観光が充実している、
    バンクーバー。
    然し冬の時期に行っても傘が手放せず少々億劫なのが難点。。。
    そんな中でも楽しめるのが屋根の有る屋内の観光地。
    移動の最中もバスで移動すれば楽ちん。
    是非とも一度は足を運んでみて下さい。

    余談ですがバンクーバーには沢山のラーメン屋さんがございました。
    是非ともお気に入りの一杯を見つけてみて下さい。



スタッフおすすめ!お得ツアー

★AIR+ホテルのシンプルプラン★STW専用ラウンジあり♪好立地&価格重視のバークレー滞在♪4日間

大阪発

★AIR+ホテルのシンプルプラン★STW専用ラウンジあり♪好立地&価格重視のバークレー滞在♪4日間

日数:4日間  
旅行代金:100,700円~264,700ツアーはこちら