フォトジェニックな街ヴィクトリアで30,000歩!! | カナダの旅行記

支店
渋谷
新宿
横浜
銀座
名古屋
大阪
福岡
札幌
広島

フォトジェニックな街ヴィクトリアで30,000歩!!

エリア
カナダ
/カナダ
テーマ
街歩き
時期
2017/05/14~201705/17
投稿日
2017/5/30
投稿者
相澤匠

今回の旅日記はカナダのヴィクトリアという街で

フォトジェニックを求めて散策してきましたので
取れ高をご紹介致します!
フォトジェニックかどうかはセンスの問題があるのであしからず・・・(言い慣れておりません)
ヴィクトリアの魅力が伝わればと思っておりますので
是非読み進めて下さい!
ではいきましょう!

  • まずは散策&お昼ご飯!

    • まずはフェリーで向かいます。国旗は写真映えしますね。

    • ヴィクトリアにはちょっとしたものがちらほら

    • 横断歩道。

    • オープンサンドというんですね。

    まずは朝早くからフェリーにてヴィクトリアを目指します。

    ヴィクトリアまでは所要約3時間半ほど。

    大きく揺れることもなく快適でした。
    ヴィクトリア到着後はお昼ごろなのでオープンサンドとチャウダーが人気のフィッシュフックというお店に。
    道中、トーテムポールや写真の自転車のオブジェ等々、おしゃれな街です。

    注文は当然オープンサンドとチャウダー!
    サーモンの赤がなんともきれいな色です。

    お昼ごろは小雨で天気が悪かったのですが晴れた日にはこの後ご紹介するビーコンヒルパークでランチ。如何でしょう。

  • ビーコンヒルパークでピクニック

    • 街の南側に広大な公園があります。

    • 公園内にはリスも。

    • クジャクも。サービスしてくれました。

    • ギネス認定のトーテムポール

    ヴィクトリアの南側にあるビーコンヒルパーク。

    ピクニック気分で歩きましたが広すぎて迷子になりました。

    ここには動物がたくさんいるとのことで
    リス、クジャクを目当てに散策していたところ
    いましたいました。
    クジャクにいたっては大サービスです。

    その他にもギネス認定の40メートルほどのトーテムポールや国道1号線の出発点があります。

    とにかくのんびり歩くのがお勧めです。

  • カラフルな家々のフィッシャーマンズワーフ

    • 水上のカラフルな家

    • ここにはアザラシの餌付けが可能

    • 家の壁

    • この日は5匹いました。

    こちらはヴィクトリアの西側にあるフィッシャーマンズワーフ。


    なんと水上の家が並んでいて実際に住んでいる人もいます。
    ここではアザラシの餌付けができたり、カヤックのアクティビティ等もできます。

    この日は5匹ほどアザラシがいました。
    (よく見ると全部黒目で宇宙人みたい・・・)

    カラフルな家はもちろん壁の装飾や花など
    ヴィクトリアの中でも特に写真映えするところでした。
    ヴィクトリアに来たら必ずいくべきですよ!



  • とにかくおしゃれ!

    • ハーバー。

    • マーケット。

    • レトロカー。

    • カラフルベンチ。

    その他、マーケットや小道など清潔でおしゃれな街ヴィクトリア。


    なかなか短い旅行期間だと行きづらいですが
    のんびりとした非常に良いところです。

    トータル30,000歩ほどの街歩きでしたが
    心地よい疲れでした。
    バンクーバーだけでなくヴィクトリアにも是非行ってみてくださいね。

    行って分かる魅力的な街ですよ!

スタッフおすすめ!お得ツアー

<ギリ割>◎10~11月出発限定◎航空券&ホテルプランでもバンクーバー支店が安心の日本語サポート★エアカナダ往復直行便で行くバンクーバー5日間

成田発

<ギリ割>◎10~11月出発限定◎航空券&ホテルプランでもバンクーバー支店が安心の日本語サポート★エアカナダ往復直行便で行くバンクーバー5日間

日数:5日間  
旅行代金:60,800円~67,800ツアーはこちら