専門別サイト
一覧
ダイビング
サーフィン
ゴルフ
ウェディング
クルーズ
世界遺産
海外旅行の新基準「レーベル」
レーベルについて
一人旅行
家族旅行
上質な旅
直前バーゲン
女子旅
弾丸旅行

海外旅行・ツアーTop  >  ケニアの海外旅行・ツアー >  注意事項|ケニア旅行・ツアー

ケニアへご旅行されるお客様へのご注意事項

  1. 1)ケニア入国時の査証について

    ナイロビJKIA国際空港ご到着後、その日の内に国立公園などへ移動されるケースにおきまして(特に国内線を利用される場合)、バゲージピックアップ、査証取得に時間を要し、以降の日程に影響する場合が考えられます。
    以降の移動時間に余裕を持ち、スケジュール通りの日程にてツアーを行うためにも、査証は必ず事前に日本にてご取得ください。
    事前の取得が難しい場合にはやむ終えず現地にて日程を変更させて頂く場合もございますので、予めご了承ください。

  2. 2)荷物の重量制限について

    サファリカーの荷物用スペースの関係上、スーツケースは小型(67x51㎝)のものをお持ちください。
    又、悪路を走行するため、傷ついたり汚れたりすることもあります。高価な鞄はお控えください。
    小型飛行機での移動時は機内持込荷物を含めて、15Kgまでという規定がございますのでご注意ください。

  3. 3)アバーディア国立公園 ご宿泊時の注意

    アバーディア国立公園に入園される場合、ロッジに入る前にベースロッジにてチェックインを行います。
    そこでベースロッジに不要なお荷物を残し、宿泊ロッジへは1泊分の御荷物と貴重品のみをお持込みいただく形となります。

  4. 4)持っていくとよいもの

    双眼鏡、望遠レンズ、パノラマカメラ、帽子、サングラス、日焼け止め、スカーフ、目薬、飴、ウエットティッシュ、ポケットティッシュ、虫除けスプレー、小型懐中電灯、予備のフィルムと乾電池、など

    • 空気が乾燥しているのでリップクリーム、ハンドクリームなど保湿効果が高いものを多めにお持ち頂くことをおすすめします。
    • カメラと撮影について動物撮影には一眼レフと望遠レンズのご用意をおすすめします。フィルムはシャッターチャンスが多いので多めに用意していくといいでしょう。現地調達も可能ですが、高価で品切れの場合もございます。カメラの電池も予備をお持ちいただくと安心です。また、現地の人々を撮影するときは事前に了解を得てからにしましょう。空港などの軍事関連施設や警官、軍人、政府役員の写真撮影は禁止されています。
  5. 5)サファリカーでの移動

    主要道路以外は舗装されていないため、移動中は車の揺れが激しくなります。雨季には道路事情が悪くなり、移動に通常以上の時間を要する場合があります。乗り物酔いをされる方は酔い止めを多めに持参してください。

  6. 6)ツアー時のチップについて

    現地でのチップは現地慣習上ツアー代金には含まれておりません。現地にて直接お渡し頂きますようお願い申し上げます。

    チップの目安

    空港・ホテルでのポーター
    荷物1個あたりUS$1.00
    ホテル・レストランでのウェイター
    飲食代の10% (食事がツアーに含まれている場合には、個人的に飲まれる飲み物代にのみ10%)
    日本語ガイド及び英語ドライバーガイド
    各自へ車1台あたり1日US$20.00

お役立ちサイト

  • 外貨プリペイドカード
  • おみやげ宅配サービス ギフトランド
  • イモトのwifi

お問い合わせ先

お客様のご要望に充分にお応えし、+α(プラスアルファ)の感動を提案させていただくために、ご来店は予約をお願いしています。
ご来店予約ご来店の際は、旅への思いを存分にお聞かせください。最大限の準備をしてお迎えいたします!
ご予約は「 来店予約フォーム」をご利用ください。また、お電話でのご予約も可能です。(定休日と営業時間について

インド洋
南太平洋
オセアニア
太平洋
北米
中南米・カリブ海
南米
東南アジア
南アジア
東アジア
日本
西欧
南欧
中欧
東欧
北欧
中近東
アフリカ

▲ケニアの海外旅行・ツアーTOPへ

ケニアのページです。ケニアの海外旅行・ツアーをお考えならエス・ティー・ワールドへ(STW)へ!ケニアの海外旅行・ツアーのプランを多数お取り扱いしております。ケニアの海外旅行・ツアーならエス・ティー・ワールド(STW)!

海外旅行・海外ツアーのエスティーワールドCopyright © 2002-2016 STWORLD, Inc. All Rights Reserved.