国旗

ラオス

現地ネットワーク
ラオス

ラオスホテル一覧Hotel List

ヴィエンチャン

  
    
             
     
スーペリア
     

2005年、ビジネス街の側、タラートサオバス乗り場近くにNEW OPENしたモダンな造りのスタイリッシュホテルです。 すぐ近くには、ヴィエンチャンで一番大きな公園もあり、滞在中に散策も可能です。
美しいプールを囲む客室には全室バルコニーが備え付けられ、ビエンチャンの市内にいながらしてまるで何処かのビーチリゾートにでも来たかのような気分を十分に味わえます。
日が暮れると、プールは美しくライトアップされ、キャンドルの明かりが敷地内を点々と灯し、雰囲気抜群です。 女性同士やカップルに特にお勧めしたい、ホテルです。

  
    
             
     

フランス植民地時代にあったコロニアル風の白亜の建物が1999年にビエンチャン随一の高級ホテルとしてよみがえりました。 騒がしいサムセンタイ通りからは離れており、市の中心に位置しつつも、落ち着いた滞在が楽しめます。 敷地内は沢山の緑に囲まれており非常に落ち着いた雰囲気です。 部屋数はわずか29室で、絶大な人気があるので予約は早ければ早いほど良いでしょう。ドアを開けてロビーに一歩入るとそこはまさに、映画「インドシナ」の世界が広がっています。

  
    
             
     

ドンチャン・パレスはメコン河沿いに建てられた高層のデラックスホテルです。
客室数はヴィエンチャン一を誇り、敷地は大変広く、現在も敷地内に大型のショッピングモールやテニスコート、ゴルフ場などを建設中です。
市の中心からは離れるものの、1日3回ある無料のシャトルバスを利用出来ますし、レセプションでタクシーを呼んでもらえれば、中心部にも気軽にアクセス可能です。
ホテル内の設備が充実しており客室も機能的で使いやすいので日本人観光客も多く利用するホテルで安心出来ます。

  
    
             
     

フランスの有名ホテルチェーンがマネジメントする「ノボテル」。
町の中心から少し離れてはいるものの、市内へ行く無料のシャトルバスサービス(10:00,11:00)も用意されています。
黄色を基調とした明るく、かわいらしい雰囲気のロビー、廊下に飾られたセンスの良いオブジェなど特に女性のお客様に好まれる、こぎれいなホテルです。 スタッフのサービスの水準も高く、快適な滞在が楽しめることでしょう。

  
    
             
     

1997年にオープンしたデラックスホテル。町のど真ん中に位置するので、どこへ行くのにも便利です。
宴会場やビジネスセンター、屋外スイミングプールやフィットネスセンターも完備しています。 日本人の宿泊利用が多いだけあって、日本人セールスマネージャーが常勤しており、種類豊富なビュッフェの朝食では、味噌汁他、日本食も数種類準備されているのが嬉しい心遣いです。

ページのトップへ

ルアンパバーン

  
    
             
     

本館と、1本通りを挟んだ向い側にある新館をあわせた総客室がわずか15部屋という秘密にしておきたいような、珠玉の隠れ家ホテルです。
磨きぬかれた美しい木造りの建物や床、家具には重厚感を感じ、シックなインテリアとシルクのファブリックが高級感を与えています。
立地が抜群で、且つラオスらしさを満喫できる他には無いデラックスクラスのホテルです。

  
    
             
     
スーパーデラ
     

アマンタカの名称は、アマン(平和)とセラバダ仏教の教本にある仏陀の教えを意味するティピタカのタカに由来します。ユネスコ世界遺産、ルアンパバンの街中、広大な敷地の中に、優雅なフランスコロニアル様式の建物が点在しています。 プーシーの丘の南に佇むアマンタカからは、ブティック、ベーカリー、レストランが軒を連ねる街の中心へ簡単にお出かけいただけます。伝説にもなっているナイトマーケット、絵画のようなメコン川、旧王宮も目と鼻の先です。

  
    
             
     

ベッドとバスルームを隔てる壁がないなど、斬新な造りのデザイナーズ風ホテル。全室にDVDデッキや液晶テレビを設定するなど、客室設備も充実。ナイトマーケットも目の前で行われ、立地も抜群です。客室は干支の12支の名前を付けるなど、遊び心も忘れません。

  
    
             
     

 ルアンパバンで唯一メコン河沿いに建てられたデラックスクラスのホテルです。第二次世界大戦中にルアンパバン総督であったペットサラート王子の私邸だったところで、ゆったりとした滞在を堪能できることでしょう。  市内からは多少離れているものの、無料のシャトルバスが運行していますので、その点はさほど気になりません。  レストランから眺める夕暮れ時のメコン川は特にお薦めです!

  
    
             
     
デラックスク
     

ラオスの旧王都の遺産の上に構築されたアリラ・ルアンパバーンは、エレガントでデザイン性のあるスイートルームを基調とし、ゲストの方に優雅な滞在を体験できるよう設計されています。各スイートルームはプライベート空間と贅沢な心地よさを体験できるよう工夫されており、パブリックエリアではラオスの山岳の美しさを背景に食事やスパを楽しむことができます。アリラ・ルアンパバーンは、今までにないラオス滞在を可能にさせ、思い出に残る滞在をゲストに与えるでしょう。

  
    
             
     

街の中心に位置する老舗のホテルですが、2005年には改装も入り居心地もよくなっています。庭園にはオープンレストランもあります

  
    
             
     

元王族のスパヌウォン殿下の邸宅を改装し、2004年にあのバニヤンツリー・グループの一員としてリニューアルオープンしました。
歴史のある建物ながら館内は明るくスタイリッシュにまとめられ、まるで美術館のようです。
客室のインテリアは白を基調にレッドとライムグリーンがアクセントカラーとなり、モダンで高いデザイン性を持って完成されています。 ガラス越しには落ち着いた佇まいの美しい庭とプールが見られます。
アンサナ・スパも入っており、オープンエアで風を感じながら気持ちの良いマッサージが受けられることでしょう

  
    
             
     

各国に洗練された隠れ家ホテルを展開する「パンシーオリエントグループ」が2002年にプーワーオホテルを改装して再オープンさせました。建築にあたっては、フランス人デザイナーを迎えてラオスの伝統建築様式を尊重しつつ仕上げました。 ローズウッドのフローリング、ラオスのテキシタイルなどが飾られるなど、各所にこだわりを見せた美しいホテルです。中心から離れた丘の上にありますが、無料のシャトルバスもあります。

  
    
             
     
Superior
     

19世紀に初期のフランス人の移住者のひとりによって建設された木造家屋で、後にルアンプラバンの職員会議所として使用されていた歴史のある建物を改築して造られたのが、このホテルです。又、その歴史的価値もさることながら、ラオスの目抜き通りのシーサワンウォン通りにも程近く、まさに街の中心という、便利な立地を誇るホテルの1つとなっています。

  
    
             
     
スーペリア
     

かつてのラオスのカムパー王女の住居を改造したルアンパバーンを代表する老舗ホテル。
フレンチコロニアルな建物で客室の内装も伝統的なテキスタイルを飾ったりと、こだわりが見られます。 本館はフレンチコロニアル風で客室は14部屋、通りの向かいにある別館は2階建ての寺院風で11部屋あります。
市内から車で10分ほどの郊外にあるヴィラ・サンティ・リゾートまでは無料のシャトルバスが運行しています。

  
    
             
     

 市内にあるヴィラサンティホテルの姉妹ホテル。10ヘクタールもの敷地にに佇むホテルからは緑の深い山並みが迫って見え、非常に静かな滞在ができると人気を集めています。市内にあるヴィラサンティホテルまでは無料のシャトルバスが約1時間おきに運行しているので非常に便利です。 52部屋ある客室は全てバスタブ付きで、ラオスの伝統的な雰囲気を取り入れつつシンプルなデザインでまとめられています。

  
    
             
     

市内中心部から徒歩圏内、大通りから少し奥まった静かな環境に位置するブティックホテル。シックなアールデコスタイルの建物で、もともとは1930年代に王室の一族が住んでいたものという。ロビーは邸宅のラウンジのような雰囲気。客室は明るい色合いを用いながら、上品でチャーミングな雰囲気にまとめられている。

ページのトップへ

目的地別海外ツアー情報

STWスタッフは「Travel + Emotion」を合言葉に、お客様のご期待を上まわる旅のプロデュースし、海外ツアーのプロフェッショナルとして、幅広く、豊富な知識を身につけるために努力いたします。
海外旅行の専門知識を習得した各種スペシャリスト資格保持者や豊富な渡航経験を持つスタッフが、お客様に感動して頂ける旅のご案内をさせていただきます!

ヨーロッパ
フランス旅行 イタリア旅行 スペイン旅行 イギリス旅行 ドイツ旅行 マルタ旅行 ポルトガル旅行 ギリシャ旅行 北欧旅行 フィンランド旅行 スウェーデン旅行 ノルウェー旅行 中欧旅行 チェコ旅行 オーストリア旅行 ハンガリー旅行 ポーランド旅行 クロアチア旅行 オランダ旅行 ベルギー旅行 スロヴァキア旅行 スロヴェニア旅行 ボスニア・ヘルツェゴビナ旅行 ブルガリア旅行 ルーマニア旅行 マケドニア旅行 アイスランド旅行 スイス旅行 デンマーク旅行 ロシア旅行 バルト三国旅行 ヨーロッパ旅行
中近東&アフリカ
ドバイ他UAE旅行 トルコ旅行 モロッコ旅行 エジプト旅行
ケニア旅行 チュニジア旅行 マダガスカル旅行
南部アフリカ旅行 ヨルダン旅行 イスラエル旅行
アジア
タイシティ旅行 タイビーチ旅行 マレーシア旅行 バリ島他インドネシア旅行 フィリピン旅行 アンコール遺跡カンボジア旅行 ベトナム旅行 ラオス旅行 香港旅行 シンガポール旅行 インド旅行 スリランカ旅行 ネパール旅行 ブータン旅行 台湾旅行 韓国旅行 中国旅行 九寨溝旅行 ハイナン島旅行 マカオ旅行 ミャンマー旅行 モンゴル旅行
アジア旅行特集 沖縄旅行 日本国内旅行
インド洋&南太平洋
モルディブ旅行 タヒチ旅行 フィジー旅行
ニューカレドニア旅行 オーストラリア旅行
ニュージーランド旅行 バヌアツ旅行 モーリシャス旅行
セイシェル旅行 パプアニューギニア旅行 クック諸島旅行
太平洋
ハワイ旅行 グアム旅行 サイパン旅行 パラオ旅行
ミクロネシア旅行
北米・中南米
アメリカ合衆国旅行 アラスカ旅行 カナダ旅行
メキシコ旅行 カンクン旅行 キューバ旅行
バハマ・ジャマイカ・アンギラ他カリブ旅行
ペルー旅行 ボリビア旅行 ブラジル旅行
アルゼンチン旅行 チリ・イースター島旅行
グアテマラ旅行 ベネズエラ旅行 コスタリカ旅行
ガラパゴス諸島旅行 コロンビア旅行 ベリーズ旅行
ページのトップへ