寝台列車で行くタイのノスタルジックな旅

タイはバンコクから主要都市間を国鉄で結んでおり、北の古都・チェンマイまでは寝台列車が一日三便運行しています。
ただ日本のような新幹線や高速鉄道は走っていないため片道14時間という、かなり時間のかかるスロートラベルです。1ヶ月間旅するような時間はないけどバックパッカー気分で列車の旅をしてみたい!
そんな方に片道だけバンコク~チェンマイ間を寝台列車で行くツアーのご紹介です。
寝台列車内での滞在に際してセキュリティー面や寝心地などに不安な要素もあるかもしれませんが、タイは元来治安のいい国ですし貴重品の管理などを他の外国で守って頂く最低限のことをお守り頂けば問題ありません。
昨今、タイ国内もLCC(ローコストキャリア)の発達により安価に短時間で移動できるようになりました。そんな時代だからこそ、ゆっくりと時間を掛けてそこでしか見られない景色や人との出会いといったロマンがこの寝台列車にはあります。
日本でも乗る機会が少ない寝台列車ですが、ぜひ海外で体験してみてはいかがでしょうか?

こんな方におすすめ

不思議と列車で移動すると旅してるな~と感じる方も多いのでは?日本でも乗る機会の少ない寝台列車を海外で体験してみませんか。

飛行機移動では決して見ることのできない、タイの原風景や路線沿いに暮らす人々の生活を垣間見ることができます。

一部の便や車両ですが未だに愛されて止まない『ブルートレイン』がここタイでまだ乗ることができます。

寝台座席紹介

2等寝台

真ん中に通路、両側にボックス座席という日本の地方電車と同じ間取りです。夜はこの座席がスライドして、背もたれ部分を平らにして下段のベッドとなります。上段のベッドは日中は車内上部に畳まれ固定されています。
※2等寝台にはシャワーはありません。
※座席近くにスーツケースなどを置く場所はありますが、個室ではありません。離席の際は貴重品を肌身離さずお持ち下さい。
※上段・下段がありますが、下段がおすすめです。上段の場合、窓がないため外の景色が見えません。

  • 2等寝台 イメージ01
  • 2等寝台 イメージ02
  • 2等寝台 イメージ03

1等寝台のオススメポイント

1等寝台

1等個室寝台は専用車輌で、原則2等・3等のお客様は入れません。
部屋自体は2~3畳程度の広さで個室の半分がイス兼ベッドとなります。(2名様の場合は2段ベッドでの利用)
その他、折りたたみテーブル・鏡・水道・無料の飲料水2本が付いています。
2等→1等への変更は少し追加料金がかかりますが、内鍵もかけられますしプライベート感やセキュリティー面での安心感がかなり違います。また、夜行利用の場合、バンコク出発後の夕食や飲み物、翌朝の朝食を車内で注文することが可能です。 (食事・飲み物の料金は街なかの食堂・コンビニと比べると1.5倍~3倍ほど割高な感じです。)

※個室でも窓は開けられないため全室禁煙となります。
※トイレは個室内にはありません。1等専用車輌の端にタイ式及び洋式トイレが一箇所ずつあります。
※洋式トイレ内にはシャワーがありますが、温水ではありませんのでご了承下さい。
※1等を1名様で利用する場合、基本的に相部屋になります。追加代金を支払えば1名様で貸し切ることもできます。

  • 1等寝台 イメージ01
  • 1等寝台 イメージ02
  • 1等寝台 イメージ03

列車内紹介

ベッドメイキング

ベッドメイキング
出発後、乗務員が各部屋・席を回り、とても手際よくベッドメイキングをしてくれます。
※未だ必要ない場合はその場で乗務員に伝えれば時間を遅らせることも可能です。

セキュリティ

セキュリティ
車内には、車掌が複数名おりチケットのチェック及び見回りをしておりますがセイフティーボックスはありませんので、貴重品は肌身離さずお持ち下さい。
※2等車両は、椅子の下もしくは上の棚へ荷物を入れます。

食堂メニュー

食堂メニュー
寝台列車内には食堂車があり、am5:30~pm10:00まで営業しています。タイの一般的な価格と比較すると約2倍程度の料金です。バンコクのフアランポーン駅、チェンマイ駅どちらも駅構内にお店がありますのでそちらで軽食を買っておくことをおすすめします。
>食堂メニューはこちら

注意事項
※薄い掛け布団が配られますが、エアコンが効きすぎている場合があるので上着をご準備下さい。
※1等、2等ともにセーフティーボックスがないため、席を離れる際、貴重品は肌身離さずお持ち下さい。
 (1等も外から鍵をかけることはできないため、1名様利用で外出時はお気をつけ下さい。)
※お酒は車内販売及び持ち込みも禁止されております。

モデルプラン

モデルプランスケジュール

1日目 空路にて日本からチェンマイへ
チェンマイ到着後、送迎車にてホテルへ
【チェンマイ泊】
2日目 終日フリーor観光プラン
【チェンマイ泊】
3日目 3日目 列車、ご出発まで自由行動
夕方寝台列車にてバンコクへ
【列車泊】
4日目 4日目 朝、バンコク着
各自にてホテルへ
その後、自由行動
【バンコク泊】
5日目 ホテルチェックアウト後、各自にて空港へ
夕方~夜にかけて空路にて日本へ
【機中泊】
6日目 日本帰着

寝台列車 時刻表

バンコク→チェンマイ

  001便 013便 051便
バンコク発 18:10 19:35 22:00
 
チェンマイ着 07:15 09:45 12:10

チェンマイ→バンコク

  052便 014便 002便
チェンマイ発 15:30 17:00 18:00
 
バンコク着 05:25 06:15 06:50

※051、052便は一等寝台車の設定はありません。
※013、014便はブルートレイン車両となります。
(一部車両となりますので、確約は致しかねます)
※001、002便のみ女性専用車両があります。(2等の1車両のみ)
※チェンマイまでノンストップでの運行ではありません。
※各列車共に翌朝到着です。
※2016年4月現在の情報です。

エス・ティー・ワールド スタッフの 寝台列車体験記はこちら

フォトギャラリー

  • フアランポーン駅

    フアランポーン駅

  • フアランポーンチケットカウンター

    フアランポーンチケットカウンター

  • フアランポーン駅ホーム

    フアランポーン駅ホーム

  • チェンマイ行きホーム

    チェンマイ行きホーム

  • 女性・お子様専用車両1

    女性・お子様専用車両1

  • 女性・お子様専用車両2

    女性・お子様専用車両2

  • 洗面所

    洗面所

  • トイレ

    トイレ

  • 飲酒・喫煙禁止の案内

    飲酒・喫煙禁止の案内

  • 就寝中の様子

    就寝中の様子

  • 列車外観

    列車外観

  • チェンマイ駅

    チェンマイ駅

  • チェンマイ駅ツーリストインフォメーション

    チェンマイ駅
    ツーリストインフォメーション

  • チェンマイ駅 食堂

    チェンマイ駅 食堂

タイシティ海外旅行・ツアー TOPページ 海外旅行の専門店 エス・ティー・ワールド

目的地別海外ツアー情報

STWスタッフは「Travel + Emotion」を合言葉に、お客様のご期待を上まわる旅のプロデュースし、海外ツアーのプロフェッショナルとして、幅広く、豊富な知識を身につけるために努力いたします。
海外旅行の専門知識を習得した各種スペシャリスト資格保持者や豊富な渡航経験を持つスタッフが、お客様に感動して頂ける旅のご案内をさせていただきます!

ヨーロッパ
フランス旅行 イタリア旅行 スペイン旅行 イギリス旅行 ドイツ旅行 マルタ旅行 ポルトガル旅行 ギリシャ旅行 北欧旅行 フィンランド旅行 スウェーデン旅行 ノルウェー旅行 中欧旅行 チェコ旅行 オーストリア旅行 ハンガリー旅行 ポーランド旅行 クロアチア旅行 オランダ旅行 ベルギー旅行 スロヴァキア旅行 スロヴェニア旅行 ボスニア・ヘルツェゴビナ旅行 ブルガリア旅行 ルーマニア旅行 マケドニア旅行 アイスランド旅行 スイス旅行 デンマーク旅行 ロシア旅行 バルト三国旅行 ヨーロッパ旅行
中近東&アフリカ
ドバイ他UAE旅行 トルコ旅行 モロッコ旅行 エジプト旅行
ケニア旅行 チュニジア旅行 マダガスカル旅行
南部アフリカ旅行 ヨルダン旅行 イスラエル旅行
アジア
タイシティ旅行 タイビーチ旅行 マレーシア旅行 バリ島他インドネシア旅行 フィリピン旅行 アンコール遺跡カンボジア旅行 ベトナム旅行 ラオス旅行 香港旅行 シンガポール旅行 インド旅行 スリランカ旅行 ネパール旅行 ブータン旅行 台湾旅行 韓国旅行 中国旅行 九寨溝旅行 ハイナン島旅行 マカオ旅行 ミャンマー旅行 モンゴル旅行
アジア旅行特集 沖縄旅行 日本国内旅行
インド洋&南太平洋
モルディブ旅行 タヒチ旅行 フィジー旅行
ニューカレドニア旅行 オーストラリア旅行
ニュージーランド旅行 バヌアツ旅行 モーリシャス旅行
セイシェル旅行 パプアニューギニア旅行 クック諸島旅行
太平洋
ハワイ旅行 グアム旅行 サイパン旅行 パラオ旅行
ミクロネシア旅行
北米・中南米
アメリカ合衆国旅行 アラスカ旅行 カナダ旅行
メキシコ旅行 カンクン旅行 キューバ旅行
バハマ・ジャマイカ・アンギラ他カリブ旅行
ペルー旅行 ボリビア旅行 ブラジル旅行
アルゼンチン旅行 チリ・イースター島旅行
グアテマラ旅行 ベネズエラ旅行 コスタリカ旅行
ガラパゴス諸島旅行 コロンビア旅行 ベリーズ旅行
ページのトップへ