海外旅行の専門店 エス・ティー・ワールド

カナダ オーロラ比較

あなたならどっち!?

ホワイトホース orイエローナイフ

ホワイトホースは○○○... イエローナイフは○○○...
STW流のオーロラ観賞地の
比較ポイントをご紹介します!

ホワイトホース Whitehorse

イエローナイフ Yellowknife

オーロラで比較してみた!

観賞率90%(3泊滞在時)
オーロラベルトの南側に位置

観賞率95%(3泊滞在時)
オーロラベルトの真ん中に位置

オーロラ施設はどこか違うの?

ホワイトホースカレイドロッジ ユーコン

市内から車で20分。
オーロラ観賞時間は、なんと好きなだけ可!!その秘密は下で・・・

施設

カレイドロッジ ユーコン

宿泊しながらオーロラ観賞ができます。
そのため時間を気にすることなく好きなだけ観賞できる夢の施設。
ロッジ内は、半袖でも過ごせるぐらい暖かくなっておりますのでオーロラが出るまでゆっくりお過ごしください。

最新の現地の様子はこちら

特徴

オーロラ観賞時間無制限
室のロッジなのでプライベート感あり!ゆっくり撮影できます。日本人駐在のため安心。観賞終了後は、お部屋ですぐにお休み頂けます。

宿泊頂いたお客様の声

  • 最終日のホテル出発前の約2時間前にオーロラ観賞が出来ました。滞在型で観賞できた賜物だと思います。(50代男性)
  • いつでもオーロラを見ることができ最高であった。周りに何もなさすぎるが、だからこそ最高のオーロラがみれたと思う。(母娘旅)
  • お部屋が可愛くて、綺麗で凄く満足でした!食事は量もちょうど良く、美味しかったです。 ( 'ω' )
  • 館内設備も新しく、不自由したところはありませんでした。(30代女性)
  • 外気温マイナス30度にもなる日がありましたが、館内はTシャツで過ごせるほどに温かいです。 (20代女性 一人旅)

お食事

3食付+夜食(有料)あります。
ソフトドリンクの飲み放題プランやアルコールなどもご用意しております。

その他サービス

野外でバーベキュー(夏季限定)
ロッジの外で焚火(マシュマロ焼きやバッファローソーセージ焼きなど)
カナディアンスナックやお土産も購入できます。

イエローナイフオーロラビレッジ

市内から車で片道45分。往復90分。オーロラ観賞時間は、3時間ほど。

お手洗い施設

レストラン内または野外に施設がございます。

その他サービス

極寒実験

バナナの釘打ち、シャボン玉飛ばし、tシャツを回して凍らすなど

  • *天候次第では行われない場合がございます。
  • *日本語説明有り
  • オーロラビレッジ内にはギフトショップもあります。
    メープルシロップやポストカードなどの他、前日のオーロラの写真が購入できます。

施設

ティーピー

カナダ先住民の伝統を感じられるテント。
中には温かい飲み物がありオーロラが出るまで待機できます。
1つのティーピーには、最大20人ぐらいで待機となります。

お食事施設

レストランあり(0時前後まで営業)

特徴

湖があるため湖に映る”逆さオーロラ”のチャンスあり。
(冬季は凍ってしまうため夏季限定)
オーロラこたつ(こたつの中に入りオーロラを観賞できます。冬季限定)
三脚レンタルは、1台10$(1晩)。

オプショナルツアーは何があるの?

STWのオプショナルツアーは最低価格保障あり!

オススメオプショナルツアー

ホワイトホース

犬ぞり体験

  • 料金:お1人様C$282
  • 所要時間:約15~20分(そりに乗っている時間)
                   12:30~17:00(全体の所要時間)

特徴

  • 1人乗りか2人乗りのそりで3~6頭を操縦します。開けた湖の上や、川の上を走るので爽快感は抜群!ブレーキもアクセルも自分次第なので、犬との距離もぐっと縮まります。
  • 犬との写真も撮る事ができ、極寒のホワイトホースでのオーロラ以外の一生の思い出を作ることが出来ます。

野生動物とタキーニ温泉ツアー

  • 料金:お1人様C$244
  • 所要時間:4.5~5時間

特徴

  • まずは日本語ガイドと一緒にユーコン野生動物保護区を巡ります。日本ではまず見ることの出来ないホワイトフォックス、トナカイ、ウッドバイソン、オオヤマネコなどの野生の姿を見ることが出来ます。広大な敷地の中で動物たちがのびのびと暮らす姿は圧巻です!
  • 冬は-10℃超え当たり前の極寒、夏でも平均気温が15℃を超えないホワイトホースの温泉でのんびり♪冬には凍った髪型の奇抜さを競うコンテストも行われているので、是非冬のホワイトホースに訪れる際には挑戦してみては?※3
    ※3 開催時期は決まっておらず、当日ランダムに開催されています。
イエローナイフ

夏季限定
キャメロン滝ハイキング

  • 料金:C$110
  • 所要時間:4時間

特徴

  • 大自然の中の散歩道(トレール)を片道約30分かけて歩きます。途中で動物や植物の話を聞きながら美しい風景をお楽しみいただけます。
  • 森を抜けるとイエローナイフのナイアガラの滝!?キャメロン滝が突然現れます。滝は様々な角度から眺めることができます。
  • 古代の岩の上を歩く場所もあり氷河の跡なども見ることができる場所もあり、雄大な自然をお楽しみいただけます。

市内観光

  • 料金:8000円(夏冬シーズン中)
  • 所要時間:(14:00~16:00)

特徴

  • 市内観光ツアーでは、町の中心部ダウンタウンからイエローナイフ発祥の地オールドタウンを車窓でご案内する途中で、ノースウエスト準州州議事堂、プリンスオブウェールズ博物館、グレースレーブ湖へ立ち寄ります。日本語ガイドがイエローナイフの見所をていねいに説明しながらご案内しますので、英語が不慣れな方にも十分にイエローナイフを知っていただけます。
  • 市内観光は夏季シーズン、冬季シーズンでルートが変わります。それぞれ、季節に合わせたイエローナイフをご紹介します。
  • イエローナイフのお土産店や、観光案内所への立ち寄りもあります。

ホワイトホースとイエローナイフを比較してみた!

ホワイトホース
  • 駅へと続くメインストリートには、
    可愛らしいお店が並びます◎

○レストラン○

Antoinette's
…地元で大人気のインターナショナルレストラン♪
Asahiya
…日本食の多いお店の中でも、
現地スタッフ(日本人)オススメの日本料理です!

○スポット○

The MacBride Museum
…野生動物の剥製や、戦争にまつわる展示、また機関車やバスの展示も
行われており、訪れるだけでホワイトホースの全てを知ることが出来ます
SS Klondike
…ユーコン川沿いにある大きな船で、夏期には中に入ることも!
金鉱時代の名残とあって、その雄大さは必見です♪
イエローナイフ
  • 小さな町ですが、見所はたくさん♪

○レストラン○

Coyote's Bistro on Franklin
…バイソンの肉や、北極イワナなど、
イエローナイフならではの食事が楽しめます♪
Traders Grill
…エクスプローラーホテル内にある、地元でも人気のステーキレストランです!

○スポット○

ビジターセンター
…3カナダドルで、北緯60度到達記念の証明書を購入できます!
一生の思い出に是非訪れてみては?
PRINCE OF WALES
NORTHERN HERITAGE CENTRE
…イエローナイフの歴史や自然を展示する博物館です
今にも動き出しそうなシロクマやトナカイの展示は必見!!

航空便(日本からのアクセス)比較

ホワイトホース

エアカナダまたはANAで、バンクーバー経由1回乗継
※ANAの場合、国内線はエアノース利用となります。

エアノース
機内食にはマフィンやフルーツプレートが出る珍しい路線です♪
イエローナイフ

エアカナダで、1回または2回乗継

エアカナダ
日本や、北中南米に広く展開する航空会社

オーロラで
比較してみた!

ホワイトホース

観賞率90%(3泊滞在時)
オーロラベルトの南側に位置

イエローナイフは?

  • 観賞率95%(3泊滞在時)
    オーロラベルトの真ん中に位置

閉じる ×

オーロラ施設は
どこか違うの?

ホワイトホース

カレイドロッジ ユーコン

市内から車で20分。
オーロラ観賞時間は、なんと好きなだけ可!!その秘密は下で・・・

施設

カレイドロッジ ユーコン

宿泊しながらオーロラ観賞ができます。
そのため時間を気にすることなく好きなだけ観賞できる夢の施設。
ロッジ内は、半袖でも過ごせるぐらい暖かくなっておりますのでオーロラが出るまでゆっくりお過ごしください。

最新の現地の様子はこちら

特徴

オーロラ観賞時間無制限
室のロッジなのでプライベート感あり!ゆっくり撮影できます。日本人駐在のため安心。観賞終了後は、お部屋ですぐにお休み頂けます。

宿泊頂いたお客様の声

  • 最終日のホテル出発前の約2時間前にオーロラ観賞が出来ました。滞在型で観賞できた賜物だと思います。(50代男性)
  • いつでもオーロラを見ることができ最高であった。周りに何もなさすぎるが、だからこそ最高のオーロラがみれたと思う。(母娘旅)
  • お部屋が可愛くて、綺麗で凄く満足でした!食事は量もちょうど良く、美味しかったです。 ( 'ω' )
  • 館内設備も新しく、不自由したところはありませんでした。(30代女性)
  • 外気温マイナス30度にもなる日がありましたが、館内はTシャツで過ごせるほどに温かいです。 (20代女性 一人旅)

お食事

3食付+夜食(有料)あります。
ソフトドリンクの飲み放題プランやアルコールなどもご用意しております。

その他サービス

野外でバーベキュー(夏季限定)
ロッジの外で焚火(マシュマロ焼きやバッファローソーセージ焼きなど)
カナディアンスナックやお土産も購入できます。

イエローナイフは?

  • オーロラビレッジ

    市内から車で片道45分。往復90分。オーロラ観賞時間は、3時間ほど。

    施設

    ティーピー

    カナダ先住民の伝統を感じられるテント。
    中には温かい飲み物がありオーロラが出るまで待機できます。
    1つのティーピーには、最大20人ぐらいで待機となります。

    お食事施設

    レストランあり(0時前後まで営業)

    特徴

    湖があるため湖に映る”逆さオーロラ”のチャンスあり。
    (冬季は凍ってしまうため夏季限定)
    オーロラこたつ(こたつの中に入りオーロラを観賞できます。冬季限定)
    三脚レンタルは、1台10$(1晩)。

    お手洗い施設

    レストラン内または野外に施設がございます。

    その他サービス

    極寒実験

    バナナの釘打ち、シャボン玉飛ばし、tシャツを回して凍らすなど

    • *天候次第では行われない場合がございます。
    • *日本語説明有り
    • オーロラビレッジ内にはギフトショップもあります。
      メープルシロップやポストカードなどの他、前日のオーロラの写真が購入できます。

オプショナルツアーは
何があるの?

STWのオプショナルツアーは
最低価格保障あり!

オススメオプショナルツアー

ホワイトホース

犬ぞり体験

  • 料金:お1人様C$282
  • 所要時間:約15~20分(そりに乗っている時間)12:30~17:00(全体の所要時間)

特徴

  • 1人乗りか2人乗りのそりで3~6頭を操縦します。開けた湖の上や、川の上を走るので爽快感は抜群!ブレーキもアクセルも自分次第なので、犬との距離もぐっと縮まります。
  • 犬との写真も撮る事ができ、極寒のホワイトホースでのオーロラ以外の一生の思い出を作ることが出来ます。

野生動物とタキーニ温泉ツアー

  • 料金:お1人様C$244
  • 所要時間:4.5~5時間

特徴

  • まずは日本語ガイドと一緒にユーコン野生動物保護区を巡ります。日本ではまず見ることの出来ないホワイトフォックス、トナカイ、ウッドバイソン、オオヤマネコなどの野生の姿を見ることが出来ます。広大な敷地の中で動物たちがのびのびと暮らす姿は圧巻です!
  • 冬は-10℃超え当たり前の極寒、夏でも平均気温が15℃を超えないホワイトホースの温泉でのんびり♪冬には凍った髪型の奇抜さを競うコンテストも行われているので、是非冬のホワイトホースに訪れる際には挑戦してみては?※3
    ※3 開催時期は決まっておらず、当日ランダムに開催されています。

イエローナイフは?

  • オススメオプショナルツアー

    夏季限定
    キャメロン滝ハイキング

    • 料金:C$110
    • 所要時間:4時間

    特徴

    • 大自然の中の散歩道(トレール)を片道約30分かけて歩きます。途中で動物や植物の話を聞きながら美しい風景をお楽しみいただけます。
    • 森を抜けるとイエローナイフのナイアガラの滝!?キャメロン滝が突然現れます。滝は様々な角度から眺めることができます。
    • 古代の岩の上を歩く場所もあり氷河の跡なども見ることができる場所もあり、雄大な自然をお楽しみいただけます。

    市内観光

    • 料金:8000円(夏冬シーズン中)
    • 所要時間:(14:00~16:00)

    特徴

    • 市内観光ツアーでは、町の中心部ダウンタウンからイエローナイフ発祥の地オールドタウンを車窓でご案内する途中で、ノースウエスト準州州議事堂、プリンスオブウェールズ博物館、グレースレーブ湖へ立ち寄ります。日本語ガイドがイエローナイフの見所をていねいに説明しながらご案内しますので、英語が不慣れな方にも十分にイエローナイフを知っていただけます。
    • 市内観光は夏季シーズン、冬季シーズンでルートが変わります。それぞれ、季節に合わせたイエローナイフをご紹介します。
    • イエローナイフのお土産店や、観光案内所への立ち寄りもあります。

ホワイトホースと
イエローナイフを
比較してみた!

ホワイトホース
  • 駅へと続くメインストリートには、
    可愛らしいお店が並びます◎

○レストラン○

Antoinette's
…地元で大人気のインターナショナルレストラン♪
Asahiya
…日本食の多いお店の中でも、
現地スタッフ(日本人)オススメの日本料理です!

○スポット○

The MacBride Museum
…野生動物の剥製や、戦争にまつわる展示、また機関車やバスの展示も
行われており、訪れるだけでホワイトホースの全てを知ることが出来ます
SS Klondike
…ユーコン川沿いにある大きな船で、夏期には中に入ることも!
金鉱時代の名残とあって、その雄大さは必見です♪

イエローナイフは?

    • 小さな町ですが、見所はたくさん♪

    ○レストラン○

    Coyote's Bistro on Franklin
    …バイソンの肉や、北極イワナなど、
    イエローナイフならではの食事が楽しめます♪
    Traders Grill
    …エクスプローラーホテル内にある、地元でも人気のステーキレストランです!

    ○スポット○

    ビジターセンター
    …3カナダドルで、北緯60度到達記念の証明書を購入できます!
    一生の思い出に是非訪れてみては?
    PRINCE OF WALES
    NORTHERN HERITAGE CENTRE
    …イエローナイフの歴史や自然を展示する博物館です
    今にも動き出しそうなシロクマやトナカイの展示は必見!!

航空便(日本からのアクセス)
比較

ホワイトホース

エアカナダまたはANAで、
バンクーバー経由1回乗継
※ANAの場合、国内線はエアノース利用となります。

エアノース
機内食にはマフィンやフルーツプレートが出る珍しい路線です♪

イエローナイフは?

  • エアカナダで、1回または2回乗継

    エアカナダ
    日本や、北中南米に広く展開する航空会社
閉じる ×

いかがでしたでしょうか?あなたにピッタリなオーロラエリアは決まりましたか?
上記ではご紹介できなかったオーロラ情報も実際に体験済みのスタッフがお答えしますので

是非お問い合わせ・
ご来店ください!

pagetop

カナダの海外旅行・ツアーTOP海外旅行の専門店 エス・ティー・ワールド

電話でお問い合わせ電話でお問い合わせ

目的地別海外ツアー情報

STWスタッフは「Travel + Emotion」を合言葉に、お客様のご期待を上まわる旅のプロデュースし、海外ツアーのプロフェッショナルとして、幅広く、豊富な知識を身につけるために努力いたします。
海外旅行の専門知識を習得した各種スペシャリスト資格保持者や豊富な渡航経験を持つスタッフが、お客様に感動して頂ける旅のご案内をさせていただきます!

ヨーロッパ
フランス旅行 イタリア旅行 スペイン旅行 イギリス旅行 アイルランド旅行 ドイツ旅行 マルタ旅行 ポルトガル旅行 ギリシャ旅行 北欧旅行 フィンランド旅行 スウェーデン旅行 ノルウェー旅行 中欧旅行 チェコ旅行 オーストリア旅行 ハンガリー旅行 ポーランド旅行 クロアチア旅行 オランダ旅行 ベルギー旅行 スロヴァキア旅行 スロヴェニア旅行 ボスニア・ヘルツェゴビナ旅行 ブルガリア旅行 ルーマニア旅行 マケドニア旅行 アイスランド旅行 スイス旅行 デンマーク旅行 ロシア旅行 バルト三国旅行 ヨーロッパ旅行
中近東&アフリカ
ドバイ他UAE旅行 トルコ旅行 モロッコ旅行 エジプト旅行
ケニア旅行 チュニジア旅行 マダガスカル旅行
南部アフリカ旅行 ヨルダン旅行 イスラエル旅行
アジア
タイシティ旅行 タイビーチ旅行 マレーシア旅行 バリ島他インドネシア旅行 フィリピン旅行 アンコール遺跡カンボジア旅行 ベトナム旅行 ラオス旅行 香港旅行 シンガポール旅行 インド旅行 スリランカ旅行 ネパール旅行 ブータン旅行 台湾旅行 韓国旅行 中国旅行 九寨溝旅行 ハイナン島旅行 マカオ旅行 ミャンマー旅行 モンゴル旅行
アジア旅行特集 沖縄旅行 日本国内旅行
インド洋&南太平洋
モルディブ旅行 タヒチ旅行 フィジー旅行
ニューカレドニア旅行 オーストラリア旅行
ニュージーランド旅行 バヌアツ旅行 モーリシャス旅行
セイシェル旅行 パプアニューギニア旅行 クック諸島旅行
太平洋
ハワイ旅行 グアム旅行 サイパン旅行 パラオ旅行
ミクロネシア旅行
北米・中南米
アメリカ合衆国旅行 アラスカ旅行 カナダ旅行
メキシコ旅行 カンクン旅行 キューバ旅行
バハマ旅行 ジャマイカ旅行 ペルー旅行 ボリビア旅行
ブラジル旅行 アルゼンチン旅行 チリ・イースター島旅行
グアテマラ旅行 ベネズエラ旅行 コスタリカ旅行
ガラパゴス諸島旅行 コロンビア旅行 ベリーズ旅行
セントマーチン(オランダ領アンティル)旅行
ページのトップへ