オーランドのテーマパーク♪♪ | アメリカの旅行記

支店
渋谷
新宿
横浜
名古屋
大阪
福岡
札幌
広島

オーランドのテーマパーク♪♪

エリア
オーランド
/アメリカ
テーマ
現地情報
時期
2014/12/03~2014/12/09
投稿日
2014/12/27
投稿者
石川綾奈

”と言われてどれを想像されるでしょうか?
おそらくほとんどの方が、大人気のディズニー・ワールドや、ハリーポッターで大盛り上がり!!のユニバーサル・スタジオ想像されるのではないでしょうか。
でも、オーランドはテーマパークの宝庫♪アトラクションも100以上あり、その全てを回るには1日8時間を費やしても67日かかるといわれています。
そんなオーランドの魅力あるテーマパークから、今回は「シーワールド」と「ケネディ・スペース・センター」をご紹介します!!

  • ≪シーワールド・オーランド≫

    シーワールド・オーランドは「シーワールド」、「ディスカバリーコーブ」、
    「アクアティカ」の3つのパークから構成されています。
    今回はその本家となるシーワールドに行ってきました!

    ここは海の生き物による様々なショーもあれば、ぐるんぐるんと回転する絶叫ライドなど、
    お子さま連れのファミリーも、友達同士の学生さんも、みんなが楽しめるマリンパークです。

    その中でもオススメの3つを紹介させて頂きます↓↓


    写真左:シーワールド入り口前。日曜日ってこともあり子どもがいっぱい☆
    写真真ん中:”ブルーホライズンズ”。人間のアクロバティックな技と動物たちの芸が一体となるショー
    写真右:色鮮やかなフラミンゴ。こんな感じで園内のあちこちに動物たちが。


  • オススメショー ”ワン・オーシャン”

    ”シャムー”の愛称で呼ばれるシャチのショー。

    数頭のシャチが映像と音楽に合わせて、様々な芸を披露してくれます。
    トレーナーの合図に合わせてダイナミックなジャンプは圧巻です!!

    ちなみに前方の席は、シャチにざぶざぶと水をかけられてしまうので要注意!
    今回も子どもの楽しそうな声(悲鳴?)が聞こえていました♪

  • 最新アトラクション ”アンターティカ”

    南極大陸でのペンの世界を体験する「アンターティカ」。
    両親に見守られて生まれてきたペンギン赤ちゃんの、
    厳しい南極での成長をライドに乗りながら体験。

    そして、南極でのペンギンの成長を見届けた後は、
    ついに本物のペンギンと対面!!
    いろいろな種類のペンギンがいるので、全部覚えたらあなたもペンギン博士になれるかも?

    なお、アトラクション内はかなり低めの温度設定。
    散歩したり泳いだりするペンギンを見ることができる飼育エリアは0度の設定なので、
    上着を持って行かれることをオススメします。
    (ユニクロのウルトラライトダウンが調度良かったです♪)

  • ”ドルフィンコーブ&ドルフィンフィーディング”

    普段はなかなか触ることのできないイルカの餌やりツアー。

    イルカに餌をあげると同時にイルカの顎にタッチ!
    (目のあたりや頭を触るのは禁止されているので注意してくださいね。)
    ゴムのような弾力のある皮膚はなかなかクセになります。
    イルカのつぶらなやさしい眼は見ていて癒されます♪

    でも餌を高く持ち上げ過ぎたりすると、イルカに水しぶきで催促されたり、
    上から鳥に餌を持っていかれることもあるので気を付けてください~。

  • ≪ケネディ・スペース・センター≫

    そしてそして、もうひとつのおすすめテーマパークが「ケネディ・スペース・センター」!!

    子供から大人まで、ありとあらゆる人を引きつける魅力がここには詰まっています☆

    てことで、最終日は、宇宙の玄関口である”ケネディ・スペース・センター”に行ってまいりました♪

    ディズニーやユニバーサルからは車で約1時間、国立野生動物保護区域にも指定されている海岸沿いにあります。
    ここは公共交通機関が通っていないため、見学したい場合はレンタカーで自分で行くか、
    オプショナルツアーに参加しましょう♪♪

    今回はアクトアメリカさんに案内して頂きました~。(写真左:ガイドさん)
    現地集合のため、施設内で説明を受けたので、ツアー中は見たり聞いたりと少し忙しなかったですが、
    実際のオプショナルツアーではホテル~施設までの1時間の移動時間の間にいろいろと概要を説明してくれます。
    さらに今回のガイドのジョイさんは宇宙、施設、スペースシャトルに関しての知識がはんぱない!
    分からないこと、不思議に思ったことはどしどし質問しましょう♪♪

    てことでまずは入場です。
    ちなみに12月なので、通常は円形のNASAのトレードマークも、クリスマスオーナメント風にアレンジされております。笑(写真真ん中)

    ここでは入場の際にセキュリティチェックがあります。(写真右)
    空港ほど厳しいものではないですが、バックパッカーのような大きな荷物や、
    刃物などの危険物は持ち込めないのでご注意くださいね。

  •  

    セキュリティをすぎると、まず入場してすぐに目に飛び込んでくるのが等身大のロケットの数々!!
    何本もならんでいる等身大のロケットに圧倒されます。

    敷地の奥へ進んでいくと見えてくるのがオレンジ色のATLANTISの燃油タンクの模型。
    かなり離れないと、写真に収まらない大きさです。

    そして博物館の中へ・・・


    ついにスペースシャトル”アトランティス”と対面!!!


    アトランティスは宇宙から地球に戻ってきたままの姿で展示されており、
    大気圏突入時の焦げ目や傷などもはっきり間近で見ることができます。
    スペースシャトルの白い部分はフェルトというから驚きです。宇宙技術ってすごいですね!
    ちなみに背中部分のアームを出したままのスペースシャトルを見ることができるのはここだけとのこと。

    展示物の他にも、スペースシャトルの着陸角度が体験できるすべり台があったり、操縦のシュミレーションができたりと
    体験アトラクションも充実!何時間でも費やしてしまいそうです。

    写真左:ロケットが立ち並ぶロケットガーデン。
    写真真ん中:スペースシャトル「アトランティス」
    写真右:アトランティスの操縦席の模型。宇宙飛行士になった気分で撮影しちゃいましょう♪


  •  

    でもでもでも!ケネディ・スペース・センターの見どころはここだけじゃないんです!!
    ここは今も稼働中の施設。ちょうどオーランド滞在中にも、無人ロケットの打ち上げがあったばかり。。。
    そんな敷地内を見学できるのが無料のバスツアー(入場料に含まれています)!!
    15分ごとに出発するバスに乗れば、バスの中からシャトル発射台やシャトル組み立て工場を眺めることができちゃいます♪♪

    写真左:いざ出発!
    写真真ん中:シャトル組み立て工場。側面にはそのままシャトルが出せるように、シャトル型のシャッターがついています。
    写真右:シャトルを運ぶ運搬車が道の途中に・・・。戦車の様なキャピタルが4台も付いており、シャトルの大きさを想像させてくれます。

  •  


    そしてこのツアーの一番のメインが「サターンⅤセンター」!!
    ここではあの有名な月面着陸したアポロ11号の展示がされています。
    施設いっぱいいっぱいに展示されているサターンⅤ。その迫力に圧倒されます。
    また別の部屋には宇宙服や本物の月の石も。。。じつはこの月の石がさわれちゃうんです♪♪
    ぜひみなさんも、現地で体験してみてください!!

    あと別オプションですが、本物の宇宙飛行士との講演会や昼食会など、直接お話しできちゃう企画もあります。


    写真左:サターンV。お尻を移すと頭が見えず、、、
    写真真ん中:あこがれの宇宙服!いろいろな技術が詰め込まれています。
    写真右:月の石に触ってみましょう♪すでにつるつるですが・・・。


  •  

    この施設だけで朝から夕方まで、子供から大人まで、めいいっぱい楽しめちゃいます!!!

    でも今回は体験したことを順に紹介させて頂きましたが、実は時間がなく、
    後ろ髪ひかれながら、次に進んだ展示やアトラクションがたくさん。。。
    次はもっと時間にじっくり見て回る!と誓って、テーマパークを後にしました。。。涙

    みなさんも、オーランド旅行の際は、ゆーっくり、ゆーっくりと時間にかけて納得
    行くまで楽しんでくださいね♪♪

    ちなみに、ケネディ・スペース・センターにご旅行される場合は、事前に某兄弟がテーマの漫画を読まれることをオススメします!
    展示物がもっと身近に感じられますよ。笑

スタッフおすすめ!お得ツアー

≪ANAマイル貯まるエアカナダ利用≫航空券+ホテルの料金重視プラン!ピエロの看板が目印のサーカス・サーカスホテル滞在♪ラスベガス5日間

成田発

≪ANAマイル貯まるエアカナダ利用≫航空券+ホテルの料金重視プラン!ピエロの看板が目印のサーカス・サーカスホテル滞在♪ラスベガス5日間

日数:5日間  
旅行代金:48,800円~136,800ツアーはこちら