国旗

タイビーチ

現地ネットワーク
タイビーチ

ホテル詳細Hotel Details

このページを印刷する
タイビーチのホテル情報を見る

アナンタラ リゾート&スパ コ サムイ(Anantara Bophut Resort & spa)

タイ国内、またモルディブなどにもリゾートを展開するアナンタラグループの運営するリゾートです。もともとこの地にあったホテルを、ビル・ベンスリー氏の手によるデザインでスタイリッシュなリゾートに生まれ変わらせました。また、マンダラスパのオーナーでもあるこのグループが運営するアナンタラスパの技術力と素材の質の高さは折り紙つきです。ご滞在中は是非一度ご体験ください。

  • HOTEL PHOTO
    プール
  • HOTEL PHOTO
    ロビー
基本情報 Hotel Information
ホテル名(JP) アナンタラ リゾート&スパ コ サムイ
ホテル名(EN) Anantara Bophut Resort & spa
説明 全室インターネット接続可(1日642バーツ、インターネットルームだと15分200バーツ)。フィットネスセンター、ジャグジー無料。日替わりのアクティビティーメニュー有り。釣り、ウィンドサーフィン、ダイビング、カヤック、スノーケリングなど。キッズクラブ有り。禁煙ルームあり。
客室数 106室
創業年 2005年
改築年 2005年
住所 99/9 Moo Bophut bay,Koh Samui, Suratthani 84320 Thailand
URL http://www.anantara.com
空港からの所要時間 車で約15分
チェックイン 14:00
チェックアウト 12:00
電圧 220V
クレジットカード V,M,A,D,J
備考 ※ホテル事情により上記内容は予告無く変更となる場合がございます。予めご了承下さいませ。
ページのトップへ
施設詳細 Property Details
レストラン
Full Moon イタリアン
High Tide インターナショナルビュッフェ、タイ料理
バー
Eclipse Bar 10:00-25:00
スパ
Anantara Spa 10:00-22:00
その他の施設
ビーチ
ビーチからの距離 0分
ビーチチェア
売店/おみやげ店
プール屋外
ページのトップへ
サービス設備 Service Equipment
ルームサービス
レセプション24時間
ツアーデスク

クリーニング

サウナ
キッズクラブ
英語スタッフ
セーフティーボックス
モーニングコール
マルチプラグの貸出 リクエスト
変圧器の貸出 リクエスト
ビジネスセンター
テニスコート
ビューティサロン・スパ
フリーシャトルバス ×
両替サービス
ページのトップへ
客室設備 Room Facilities
カテゴリー Deluxe Deluxe Terrace Anantara Suite Royal Anantara Suite
客室数 51 31 18 6
部屋のレイアウト
部屋の大きさ 32㎡ 32㎡ 30㎡
最大宿泊可能人数 3名 3名 2名 2名
天蓋
冷房
暖房
電話
テレビ
ケーブルテレビ/衛星放送
NHK(日本語チャンネル)
電子レンジ
CDプレーヤー
DVDまたはビデオ DVD DVD DVD DVD
インターネット/メールアクセス
ミニバー
冷蔵庫
キチネット
フルキッチン
湯沸しポット
タオル
ヘアドライヤー
セーフティボックス
アイロン・ズボンプレス
スリッパ
飲料水
歯ブラシ・歯磨き粉 × × × ×
バスルームアメニティーズ
バスローブ
シャワー
シャワーブース
石鹸/シャンプー
バスタブ
日本語案内(サービス・設備)
日本語新聞
コーヒーメーカー
バルコニー
電源コンセント形状
蚊取り線香
ガラステーブル床開閉可能
天井ファン
備考
ページのトップへ
口コミ Comments

> アイコンについて

  • 2012/07/05 札幌大通店 宮本
    おすすめ度 ★ ★ ★ ☆ ☆

    タイと言えばアナンタラです!!
    やはり女性好みのタイらしいインテリアがロビーに入った瞬間から感じられます。タイインテリア好きにはたまらないです♪
    女性やカップルにお勧めの雰囲気ではあるのですが、視察に行った際に意外とおおかったのが欧米人のファミリーでした。ご家族連れでも気兼ねなくお楽しみ頂けると思います。

  • 2007/09/09
    おすすめ度 ★ ★ ★ ★ ☆

    (2005年11月 大阪支店 森田 和美)
    次々と新リゾートがオープンする話題のボプットビーチ沿いにオープンした、世界中の女性から愛される大人なリゾートです(私が宿泊した際も、たくさんの女性のお客様が泊まっていらっしゃいました)。 まずリゾートを入ると、その落ち着いた雰囲気に思わずため息。夜はリゾート内の至る場所にランプによって火が焚かれ、ムードを一層盛り上げます。エントランスなどはタイを意識した造りとなっており、アジアっぽさと落ち着いた雰囲気が見事に調和されています。 でもリゾートの所々にリゾートのキャラクターとなっている「サル」の置物などがあり、かわいらしい!(フロント近くには見ザル、聞かザル、なんてのもいました) お部屋は2階と3階がデラックスルーム。眺めによってガーデンとオーシャンに分かれています。私はこのガーデン側のお部屋に泊まらせていただきました。お部屋自体はそんなに広くないのですが、黒を基調にシンプルにまとめられており、またファイティングフィッシュの鉢が置いてあるなどとってもオシャレ。 ベッドもタイ式の広いベッド(布団タイプのもの)が少し高く据えられた床の上に敷かれてありました。またバスルームとベッドルームの間が引き戸で仕切られているため、開放するとお部屋がとても広く感じられます。

  • 2007/09/09
    おすすめ度 ★ ★ ★ ★ ☆

    (2006年5月 大阪支店 石川 由香)
    2004年11月にタイで3軒目となるアナンタラ・リゾート&スパがオープン致しました。 重厚感のあるウッディなレセプションを抜けると、美しい中庭が出現します。中庭の池は夜になるとライトアップされて幻想的な雰囲気に包まれますので、ムーディーなひとときも楽しめます。 両脇には客室棟がお庭を囲むように建っており、その先にはオープンエアーのレストランとビーチ沿いのプールがあります。巧みに設計されたリゾート内には愛嬌のあるおサルさんのオブジェがところどころに配されており、遊び心も忘れていません。
    客室はビルディングタイプの全室バルコニー付きで、緑豊かな中庭やプールが眺められるのも魅力的。インテリアはタイのエッセンスを随所にちりばめたモダンなインテリアでまとめられています。 また、ベッドルームとの仕切りが開閉式になっているバスルームは広々としていて、開放感に溢れています。
    レストラン『フルムーン』ではプールと海を眺めながら、高級イタリアンに舌鼓を。リゾート自慢のアナンタラ・スパでは定番のタイ式マッサージから人気のアーユルヴェーダまで様々なメニューを取り揃えております。 スパを重視されるお客様に是非おすすめ致します。最後にホテル入り口からロビーに向かって、お庭のお手入れがあまり行き届いてなかった事だけが少し残念に思いました

  • 2007/09/09
    おすすめ度 ★ ★ ★ ★ ☆

    (2006年12月 新宿支店 岩永 飛鳥)
    オープンして2年足らずの新しいリゾートですが、さすがファイブスターのアナンタラグループ。 リゾートに一歩足を踏み入れると静寂につつまれ、格式の高さと伝統を感じさせます。
    モノトーンで統一されたお部屋はもちろんですが、ロータスの葉を浮かべた大きな池や、海とつながっているように見える大きなインフィニティプール、プールサイドにあるレストランフルムーンもリゾートを素敵に演出してくれます。
    また、世界的に有名なマンダラスパも是非体験していただきたいです。SPAはひとつひとつのお部屋に対して、タイのお寺をかたどった大きなエントランスがあり、一歩中に入ると異空間。 紫色を基調にしたオリエンタルな雰囲気。オリジナルマッサージオイルを使ったメニューは何十種類もあり、SPAだけで1日過ごせてしまいそうです。

ページのトップへ
フォトギャラリー Photo Galleries
  • フルムーンレストラン
  • ハイタイドレストラン
  • スパ
  • デラックス客室
  • ロイヤルスイート
  • ロイヤルスイート
  • ロビー
  • ライブラリー
  • ユニークなデザインの壁
  • エントランス
  • プール
ページのトップへ

ホテルの情報は、現地ホテルより提供された情報、弊社スタッフによる現地視察をもとに随時編集・作成しておりますが、完全ではない部分もございます。また画像(特に部屋)も実際にご利用される施設とは異なる場合もございますので、あくまでご宿泊の際の参考資料としてご利用下さい。
※情報相違に起因するお客様の損害につきましては責任を負いかねますので、予めご了承下さい。

ページのトップへ

目的地別海外ツアー情報

STWスタッフは「Travel + Emotion」を合言葉に、お客様のご期待を上まわる旅のプロデュースし、海外ツアーのプロフェッショナルとして、幅広く、豊富な知識を身につけるために努力いたします。
海外旅行の専門知識を習得した各種スペシャリスト資格保持者や豊富な渡航経験を持つスタッフが、お客様に感動して頂ける旅のご案内をさせていただきます!

ヨーロッパ
フランス旅行 イタリア旅行 スペイン旅行 イギリス旅行 ドイツ旅行 マルタ旅行 ポルトガル旅行 ギリシャ旅行 北欧旅行 フィンランド旅行 スウェーデン旅行 ノルウェー旅行 中欧旅行 チェコ旅行 オーストリア旅行 ハンガリー旅行 ポーランド旅行 クロアチア旅行 オランダ旅行 ベルギー旅行 スロヴァキア旅行 スロヴェニア旅行 ボスニア・ヘルツェゴビナ旅行 ブルガリア旅行 ルーマニア旅行 マケドニア旅行 アイスランド旅行 スイス旅行 デンマーク旅行 ロシア旅行 バルト三国旅行 ヨーロッパ旅行
中近東&アフリカ
ドバイ他UAE旅行 トルコ旅行 モロッコ旅行 エジプト旅行
ケニア旅行 チュニジア旅行 マダガスカル旅行
南部アフリカ旅行 ヨルダン旅行 イスラエル旅行
アジア
タイシティ旅行 タイビーチ旅行 マレーシア旅行 バリ島他インドネシア旅行 フィリピン旅行 アンコール遺跡カンボジア旅行 ベトナム旅行 ラオス旅行 香港旅行 シンガポール旅行 インド旅行 スリランカ旅行 ネパール旅行 ブータン旅行 台湾旅行 韓国旅行 中国旅行 九寨溝旅行 ハイナン島旅行 マカオ旅行 ミャンマー旅行 モンゴル旅行
アジア旅行特集 沖縄旅行 日本国内旅行
インド洋&南太平洋
モルディブ旅行 タヒチ旅行 フィジー旅行
ニューカレドニア旅行 オーストラリア旅行
ニュージーランド旅行 バヌアツ旅行 モーリシャス旅行
セイシェル旅行 パプアニューギニア旅行 クック諸島旅行
太平洋
ハワイ旅行 グアム旅行 サイパン旅行 パラオ旅行
ミクロネシア旅行
北米・中南米
アメリカ合衆国旅行 アラスカ旅行 カナダ旅行
メキシコ旅行 カンクン旅行 キューバ旅行
バハマ・ジャマイカ・アンギラ他カリブ旅行
ペルー旅行 ボリビア旅行 ブラジル旅行
アルゼンチン旅行 チリ・イースター島旅行
グアテマラ旅行 ベネズエラ旅行 コスタリカ旅行
ガラパゴス諸島旅行 コロンビア旅行 ベリーズ旅行
ページのトップへ