女子旅におすすめ**ポルトの楽しみ方 | の旅行記

支店
渋谷
新宿
横浜
銀座
名古屋
大阪
福岡
札幌
広島

女子旅におすすめ**ポルトの楽しみ方

エリア
ポルト
/
テーマ
街歩き
時期
2017/5/23~2017/5/23
投稿日
2017/5/26
投稿者
関谷 江利菜

ポルトガル北部に位置する港町、ポルト。

リスボンに次ぐ第二の都市ですが、まだまだ日本人観光客は少ない街です。
正直なところ、たいして何もないんじゃないかと思っていたのですが・・・いい意味で期待を大きく裏切られました!
至る所で思わず写真を撮りたくなる、そんな素敵な街ポルトの楽しみ方をご紹介いたします♪

  • ポルトへのアクセス

    ポルトへは、ターキッシュエアラインズやエールフランスを利用して、日本から1回乗り継ぎで入ることが可能です。

    今回は仕事後に成田夜発のターキッシュを利用しました。
    この場合、ポルトへの到着が午前中のためその日もしっかり観光することが出来るため、おすすめです!

    なお、ポルトガル国内周遊の場合は鉄道でリスボンから約3時間、コインブラからなら約1時間半でポルトへ到着します。

  • 観光スポット~市街地エリア編~

    • こんな景色がいたるところで見られます

    • これが駅の構内なのです!

    • マジェスティックカフェ

    • 市場で早速ショッピング

    大まかにいうとポルトは港エリアと、市街地エリアに分かれています。


    最初に観光したのは、市街地エリア。町を歩いていて気になるのが、美しいタイルの数々です。駅の構内や、教会の壁、住居の壁面など、、、街中が美術館になっているかのような、そんな景色が広がります。

    まず初めに向かったのは、老舗の「カフェ・マジェスティック」。様々なお店が立ち並ぶショッピングエリアである「サンタ・カタリーナ通り」にお店があり、クラシカルな店内は上品で落ち着きある大人な雰囲気となっています。ランチでがっつり食べるもよし、スイーツを食べにちょっと立ち寄るのもよしです。

    ここでハンバーガーを食べて力をつけたあとはそのまま街をうろうろ・・・次にたどり着いたのは小さな市場です。
    ここにはちょっとした飲食店や、食材店のほかに、いくつものお土産屋さんが軒を連ねています。10分もあれば一通りお店をみることが出来るくらいの規模ですが、ポルトのタイル装飾をかたどったマグネットや、ポルトガル名物幸せを呼ぶ「ガロ」というカラフルな鶏の置物、コルクで作られた雑貨などなど、かわいらしい土産品の数々に、まだ旅の序盤中の序盤だったものの、迷わず購入!!
    しかも5ユーロもあればそうしたお土産をいくつも買える物価で、思わずあれこれ買ってしまいました。

  • 観光スポット~市街地エリア編 part.2~

    • 天井が可愛い!本屋さん

    • たくさん並ぶ本たちは、もちろん購入できます

    • 上からの眺めは最高です

    • 可愛らしい印象の教会内

    続いては、世界一美しい本屋へ!
    小さな本屋さんですが観光地化されすぎた結果か、入場に4ユーロのチケットが必要でした。この日は運よくチケット購入にも入場にも並ぶことなくすぐに見ることが出来ました。2階建ての店内には、天井までずらりと並んだたくさんの本。魔法の本が本当に売られていそうな雰囲気でした。

    その後我々は坂道だらけの街中でもひときわ高いところに立つ「クレリゴス教会」へ。
    ここでのメインイベントは塔のてっぺんからポルトを一望すること!高いところがあると登りたくなるのです。何段登ったか定かではないですが、高さは76メートルで、少々息切れしてしまいますが、5分もあれば頂上に到着です。上からの眺めはやっぱり最高!実はここポルトでも、魔女の宅急便を彷彿させるようなオレンジ色屋根の景色が広がっており、必見です。
    またこの教会内はコーラルピンクがところどころに使われていて、可愛いさのある装飾になっていました。

  • 観光スポット~港エリア編~

    • リベイラ地区

    • 高い方の橋までも徒歩で登りますが、、、良い眺めです

    • この日、あまりの暑さに飛び込む地元の若者

    • ワインの飲み比べ

    ポルトの観光スポットはまだまだ続きます。
    長い長い坂を下るとたどり着くのが港エリア。さっきまでいた市街地よりももっとたくさんの人が集まっていてなんだか賑やか。地元の人たちも沢山いました。この辺りはリベイラ地区と呼ばれ、港沿いにカフェやレストラン、対岸側にはワイナリーが立ち並んでいます。
    対岸に行くには、観光名所の一つであるドンルイス1世橋を渡ります。この橋は、エッフェル塔を作った弟子の方が作ったそうで、どことなく同じ雰囲気・・・。二層になっており、車が通る下段が全長174メートル、トラムが通行する上段は395メートルあります。徒歩の場合はどちらも通る事ができます。

    橋を渡ってうろうろしていると雰囲気の良いワインのお店があったのでそこへ入り、ポートワインの飲み比べをしました!この辺りのお店はだいたいこの飲み比べをやっているようで、私たちは10ユーロほどで4つのワインをオリーブをおつまみに試飲。ちょっと甘めのワインで、それぞれまったく異なる味を楽しむことが出来ました!

  • 観光スポット~港エリア編 part.2~

    • おしゃれな雰囲気になるテラス席

    • 塩焼きをぱくり

    • エビやタコもおいしい~

    • 夜景も良い感じです

    最後の観光スポット、ポルト大聖堂へ行った後はドウロ川沿いのカフェで夜ご飯♪


    恥ずかしながら一体なにが名物料理なのかイマイチ分からなかったのですが、ポルトは港町ということあって、シーフードがおいしい様子!とりあえず周りの注文の様子を見つつ、いわしの塩焼き、タコ、エビなどを注文したところ・・・どれも絶品!!特にいわしは肉厚であっという間に食べ進めてしまいました。おなかがいっぱいにならなければ、もっと沢山食べたかった。。。
    ちなみに川沿いのテラス席は、だんだんと夜景に変わっていく景色を眺めながら食事を楽しめるので、おすすめです。

  •  

    • 路面観光電車

    • 夜の街並み

    • 坂道

    • 教会の外観

    坂道だらけの街は、路面電車で回ることもできますが、そこはぜひ徒歩で歩き回ってみてください。あまりに坂道が多すぎて少々疲れはするものの、それも含めて良き思い出!

    今回の滞在はたった1日でしたが、とっても充実した時間を過ごすことができました!
    ちょっと大人な、落ち着いた雰囲気の街ポルトへ皆さんもぜひ訪れてみてください*