国旗

モルディブ

現地ネットワーク
モルディブ

モルディブホテル一覧Hotel List

アドゥ環礁

  
    
             
     
スタンダード
     

イクエイター ヴィレッジはモルディブ空港から南へ赤道を越えた最南端の環礁、アッドゥ環礁のガン島にあります。
イクエイター ヴィレッジは他の1島1リゾートとは違いローカル島の一部にあるリゾートなので、モルディブの生活を垣間見ることができます。ガン島にはかつてイギリス軍の基地があり、イクエイター ヴィレッジはその保養地として建てられました。
イクエイター ヴィレッジの客室はシャワーのみのシンプルな作りですが、白を基調としており籐の家具がかわいらしいコロニアルスタイル。リゾート内もイングリッシュガーデンのような雰囲気です。
イクエイター ヴィレッジはオールインクルーシブとなっており、滞在中のお食事はもちろん、一部のお飲物や、レンタルサイクルなどが含まれます。イクエイター ヴィレッジがあるガン島は周辺のローカルアイランドと橋でつながっており、サイクリングをしながら気軽に近隣の町まで遊びに行くことが出来ます。特筆すべきはダイビング。生きた珊瑚とダイナミックな海を楽しむことが出来ます。

  
    
             
     
ラグジュアリー
     

2009年にオープンしたシャングリラ ヴィリンギリ リゾート&スパ モルディブはマーレ国際空港から赤道を越えたアッドゥ環礁にあるモルディブ第二の国際空港、ガン空港からボートで8分の場所に位置します。 17000本のヤシの木、6キロ以上も続く美しい海岸線と約2キロ続く真っ白のビーチに囲まれたシャングリラ ヴィリンギリはフォトジェニックな風景がそこかしこに広がっています。

シャングリラ ヴィリンギリの客室は、中東とインドの要素を取り入れたモダンアジアンなデザイン。外洋に面して建てられたプールヴィラ、ビーチに面して建てられたビーチヴィラ、一番人気の水上ヴィラ、 そしてシャングリラ ヴィリンギリの中でも注目すべきはモルディブ初となるツリーハウスヴィラ。インド洋を一望できる地上3メートルの高さのヴィラからは眼下に広がる海の絶景を楽しむことが出来ます。

お食事の評価が高いシャングリラ ヴィリンギリでお勧めしたいのは、豪華なヨットにのって、赤道直下でランチを楽しむアクティビティ。 赤道に近いシャングリラならではの楽しみ方です。シャングリラならではのアクティビティのもうひとつにアッドゥ環礁自転車ツアーがあります。 ガン島から5つの島が17キロの道でつながっており、サイクリングしながら島々を巡るとモルディブのビレッジライフや民族文化、村人との交流を楽しむことが出来るでしょう。

シャングリラのビーチにはハウスリーフが広がり気軽にシュノーケルをすることが出来ますが、泳ぎが苦手の方やお子様には海岸沿いにあるシュノーケルガーデンがあります。 また、シャングリラ ヴィリンギリでは地上の楽園「シャングリラ」にインスピレーションを得た究極の癒し空間、CHI「氣」スパがありアーユルベーダも楽しむことが出来ます。

ページのトップへ

タァ環礁

  
    
             
     
ラグジュアリー
     

今までリゾートの無かった手付かずの海、タァ環礁にココア・アイランドを運営するコモホテルズが2013年末に新リゾートをオープンしました。

ページのトップへ

ヌーヌ環礁

  
    
             
     
デラックス
     

イルフシは島1周70分と比較的大きな島に緑豊かな木々とクリスタルブルーの海に囲まれています。ヒルトン イルフシの客室は全てジャグジー付のバスタブがありとてもスタイリッシュで天井が高く開放的。
レストランもインターナショナルからアジア料理までバラエティ豊かなのはさすがヒルトンならでは。
ヒルトン イルフシの特筆すべきはとても広いキッズクラブ。子供用のプールや遊び心満載のかわいらしいお部屋がありお子様連れのゲストに大好評です。水上コテージ、ビーチビラともにお子様も宿泊できる、ファミリーにもおすすめのリゾートです。

  
    
             
     
デラックス
     

ヌーヌ環礁にあるジタリ・クダフナファルはフィリティヨやメドゥフシの姉妹リゾートとして2008年にオープンしました。
ジタリ・クダフナファルは1周40分ほどの比較的大きな島に客室数は50室とおさえられており、一番小さなお部屋でも175㎡ととてもゆったりした造りになっています。
客室の種類はビーチヴィラ、水上ヴィラにそれぞれプライベートプールの有無がある4つのタイプになっており、客室内はほぼ同じ造りです。ベッドルームのほかにとても広いバスルームがあり、大きなバスタブにはジャグジーがついています。プール付きの水上ヴィラは美しいハウスリーフに面しているので気軽にシュノーケリングを楽しむことが出来ます。
インテリアはいずれもアジアを彷彿とさせるスタイリッシュなデザインになっています。
ジタリ・クダフナファルにはレストランやバーは5箇所あり、オープンエアのレストランやプールサイドのレストランなどが揃っています。また、パブリックプールはライトが埋め込まれていて、夜になるとロマンティックにライトアップされます。

  
    
             
     
ページのトップへ

ハア・アリフ環礁

  
    
             
     
デラックス
     

ビーチハウス・アット・イルヴェリは真っ白なパウダーサンドに囲まれたまんまるの島で、モルディブらしさと洗練された気品をあわせもつ最高級リゾートです。
83室のヴィラは全室プライベートプール付き。島の北側に位置する水上ヴィラと新設された南側に位置するオーシャンヴィラの2タイプ。オーシャンヴィラにはスチームサウナが備え付けられています。また、木々に囲まれたビーチヴィラにはデッキにカバナ(あずま屋)がついています。
設備・施設も充実しており、水上レストランやオープンエアのキッチンがあるレストラン、ワインセラーにアマゾン風のプールやゴルフシュミレーションもあります。お子様向けにはキッズクラブはもちろんのこと、ウミガメ観察やバンジートランポリンのアクティビティもあります。ハネムーナーはもちろん、モルディブでの休日を家族で楽しみたいファミリーにもお勧めのリゾートです。

  
    
             
     

フカフカのきめ細かいパウダーサンドと極上のハウスリーフに囲まれたまんまるい島、Jリゾート・アリドゥ。
スリランカ資本のリゾートでスリランカの別荘をイメージして作られたJリゾート・アリドゥのヴィラはどことなくノストラジックな雰囲気が漂います。
Jリゾート・アリドゥの客室は大きく分けて2種類あり、島の東側半分に建つビーチヴィラはモルディブ式の草葺屋根と茶色をベースとした落ち着いたシックなインテリア。逆側に建つ水上ヴィラは島に沿うようにして並んでおり、2階建てのデュープレックスタイプです。2階部分は寝室になっており、インテリアは青と白を基調にしたマリンテイスト溢れる爽やかな印象で、窓からは広大な海を臨むことが出来ます。
周囲にはリゾートも少なく開拓されて間もないため、ハウスリーフだけでなくダイナミックな海が広がりダイバーを魅了しています。マンタやジンベイ、イルカ、カメなどに出会うことも。
もちろんダイビングだけでなくウィンドサーフィンやカヤック、バナナボートや水上スキーなどのマリンスポーツ、無人島ピクニックやローカルアイランドへのツアーも楽しむことが出来ます。
スパは「マンダラ・スパ」で島の中央にハスに囲まれて建てられており各種スパ体験を受けることが出来ます。また、専用のスパガーデンには地元の薬草や美容薬局も備えられています。

ページのトップへ

バア環礁

  
    
             
     
ラグジュアリー
     

タイをベースに世界中にホテルを展開するアナンタラがお届けする、モルディブ4軒目のラグジュアリーリゾートです。258㎡以上のヴィラは使い勝手の良い広々としたスイート仕様。水上ヴィラはシャワールーム・バスタブ、それぞれの床がガラス使いとなっており、海を見ながらのんびりバスタイムを過ごすことができます。
コンラッドに続く水中レストランも待望のオープン。色とりどりの魚たちに囲まれながら、お食事を楽しむことができます。バアァ環礁はダイビングスポットとしても有名です。マンタ(オニイトマキエイ)のシーズンにはダイバーからの人気も集めています。

  
    
             
     
ラグジュアリー
     
  
    
             
     
デラックス
     

ココパーム・ドゥニコルは北マーレ環礁にある 「ココパーム・ボドゥヒティ」と同じココ・コレクションブランド。
ココパーム・ドゥニコルは真っ白いビーチに縁取られ南国の植物が豊富に生い茂るティアドロップ形の美しい島です。ココパーム・ドゥニコルのオープンにあたりオーナーが描いたのは「贅沢で快適で、それでいて自然を丸ごと満喫できるリゾート」というリゾートの理想形でした。
水上コテージは葉っぱ型の弧を描く桟橋に建てられ、また水上コテージのバルコニーにはプライベートプールを据えました。
ココパーム・ドゥニコルのビーチの客室はヤシの木の間にちりばめられ、いずれも人気の半屋外バスルーム。ビーチヴィラはラグーンに近く、デラックスはハウスリーフが近い位置にあります。
プール付の水上ヴィラと共に、いずれの客室も大きなガラス窓、ホワイトカラーで統一したファブリック、自然素材をふんだんに使った調度品やインテリア小物など、細部まで巧妙に計算されています。
スパはココパーム・ボドゥヒティと同じく本場のバリやタイの技術を取り入れた「ココ・スパ」です。
近くに所有の無人島もあり、また島内にはウミガメが産卵に訪れるという昔ながらのモルディブの良さをそのまま残した自然派志向のリゾートです。本当のモルディブらしいナチュラルさと5つ星のクオリティに触れたいカップルや旅慣れたご年配のご夫婦にお勧めのリゾートです。

  
    
             
     
デラックス
     

ソネバフシはオーナーのソヌさんが妻のエバさんのために贈った島で、その後彼らが経営する「Soneva」ブランドの基礎となった伝説的リゾートです。 2人の名前にモルディブ語で「島」という意味のフシをくっつけてソネバフシとなりました。ソネバフシに到着すると渡される「NO NEWS, NO SHOES」とかかれた袋に靴を入れ素足で歩きだせば、日頃のストレスから解放されることでしょう。
長さ1.4キロ、幅400メートルというモルディブにしては大きな島に客室数はわずかに65室という贅沢さを実現したソネバフシ。 群を抜くセンスが評判の室内の演出は、ここを模したリゾートもあるほど。小物から家具まで人工的なものは一切排除したこだわりぶりで、しっくいの壁に竹の間接照明が美しい陰影を映し出します。 そしてソネバフシにはリラクゼーションのためのメニューが豊富なジャングルに包まれたスパ、美食を極めた自慢のレストランなど、施設も充実しています。
リピーターにも絶大な人気を誇るソネバフシは、モルディブの究極の隠れ家といえるのではないでしょうか。

  
    
             
     
ラグジュアリー
     

2012年2月にOPEN!タイで人気のホテルグループがモルディブに初めて進出しました。
島一周をぐるっと囲む、シュノーケリングに最適な抜群のハウスリーフとターコイズブルーの海。さらにユネスコの海洋保護区にも認定されたハニファルベイも近く、シュノーケルではマンタ、ラグーン沖ではイルカに出会えるチャンスも。豊かな自然に恵まれたリゾートです。
デュシタニは1周徒歩約40分程度の島で、その敷地の中には100室の客室があります。特筆すべきは2種類の水上ヴィラ。プール付ウォーターヴィラ(30室、約138㎡)は白砂のビーチから海にせり出した半水上。ビーチとラグーン両方を楽しめる造りとなっています。プール付オーシャンヴィラ(20室、約178㎡)は島に沿って広がる桟橋にあるラグーンに浮かぶ水上ヴィラ。広々としたテラスのデイベッドでゆったりと過ごせます。
またタイ特有のホスピタリティあふれるデュシタニでは、水上に佇むタイレストランで最高級タイ料理を堪能。タイが発祥で「天国の庭園」という意味を持つテラワンスパは数々の賞を受賞しています。
デュシタニはモルディブの極上の大自然とおもてなしの心がこもった楽園での滞在を求めるお客様にぜひともお勧めしたいリゾートです。

  
    
             
     
ラグジュアリー
     

世界を代表するアマンリゾーツの設計に影響を与えたとされる偉大なスリランカ人建築家故ジェフリー・バワの弟子が設計をしたフォーシーズンズ・ランダーギラーヴァル。個性的なデザインとフォーシーズンズならではの上質さはさすがです。リゾートに到着し、まず目に入るエントランスまで続くヤシの木は圧巻。一気にリゾート気分を盛り上げてくれます。自然豊かなフォーシーズンズ・ランダーギラーヴァルは島内のコテージも茂みに囲まれプライバシーが確保されています。
お部屋はモルディブの伝統建築を意識したデザインになっており、政府の許可を得て再利用したサンゴのかけらで作った塀やブルーの観音開きの扉など、まるでモルディブのローカルアイランドに足を踏み入れたよう。ビーチの客室は全室にプライベートプールが付いており、お勧めはビーチヴィラ。ビーチバンガローと比べて客室はより広く、屋外のプライベートプールの隣には砂が敷き詰められたリビングスペースがあります。フォーシーズンズ・ランダーギラーヴァルの水上ヴィラはサンセット側とサンライズ側、プライベートプールの有無に分けられていて、いずれの客室も内装はシックな雰囲気になっています。
フォーシーズンズ・ランダーギラーヴァルの島内は南側にサンゴが群生しておりシュノーケルを楽しむことが出来ます。また、島の西側にあるイタリアレストラン「ブルー」のインテリアはマリンテイスト溢れ、またそこから50mほど伸びる砂洲はとても幻想的。
賞を受けたこともあるスパではアーユルヴェーダが人気。フォーシーズンズ・ランダーギラーバルは「モルディブの1島1リゾートをしっかり満喫したい」そんなカップルや新婚旅行にお勧めのリゾートです。

  
    
             
     
スタンダード
     

真っ白のビーチと透き通った海に囲まれ、多くのリピーターを持つリーティ ビーチ。 長さ600m幅200mの1周10分という小さな島は上質のハウスリーフに囲まれているので気軽にシュノーケルを楽しむことが出来ます。
しかしリーティといえばやはりダイビング。ビーチはハウスリーフダイブも盛んで、バディダイブも行っています。 リーティではその他にカイトサーフィンやウェイクボードなどのマリンスポーツも楽しむことが出来ます。
また、リーティではエクスカーションも盛んです。近くの無人島や地元の島を訪れたり、催行人数限定のロビンソンピクニックやサンドバンクツアーなど モルディブでの滞在を楽しませてくれます。

  
    
             
     
スタンダード
     

全長約800m、幅約200mのロイヤル・アイランドは島1周30分ほどの卵形のリゾートです。
ロイヤル・アイランドはダイバーだけでなくドロップオフまでは一番近いところで約30m程度というハウスリーフの良さが自慢の1つで、シュノーケリングにも最適です。特にロイヤルのダイビングサービス近くの桟橋付近は見ごたえ十分。そのハウスリーフを守るためロイヤルの客室は全室ビーチヴィラとなっています。島内の豊かな木々と調和したロッジ風の建物は客室内も木目調でナチュラルなどこかホッとする雰囲気で半屋外のバスルームも快適です。
また、ロイヤルではほかのリゾートではありそうでなかなかないウェイクボードや水上スキーなどエンジンを使うマリンスポーツも楽しむことが出来ます。ロイヤルのスパ「アラムスパ」は緑に囲まれた心地よいガーデンスパでトリートメントの種類も豊富です。

ページのトップへ

ファーフ環礁

  
    
             
     
スーペリア
     

フィリティヨ アイランド リゾートは真っ白でやわらかいビーチと青い海に囲まれた島。やさしい海風にゆれる青々とした植物と南国の花々が、フィリティヨをモルディブで最もフォトジェニックなリゾートのひとつにしています。
ダイバーに人気のフィリティヨですが、ハウスリーフも良く8つのパッセージがあるため気軽にシュノーケルを楽しむことが出来ます。
フィリティヨの客室は藁葺き屋根のバンガローで木目調のシンプルかつナチュラルな雰囲気ですが温かみがあって落ち着いた雰囲気です。
ハネムーナーにも人気の水上ヴィラにはバルコニーにオンドーリ(ブランコ)が付いています。ただ、水上ヴィラの前の海は流れが速いので泳ぎに自信がない方はビーチヴィラがお勧めです。
フィリティヨはお食事にも定評があります。レストランはビュッフェスタイルのメインレストランが1箇所ですが、目の前で調理をしてくれるなど美味しい食事を楽しむことが出来ます。またフィリティヨは近くにハムザ島という無人島を所有しており、バーベキューランチを楽しんだり二人きりで貸しきるロビンソンクルーソー体験が出来ます(有料)

ページのトップへ

ミーム環礁

  
    
             
     
スーペリア
     

ミーム環礁の美しいサンドバンクとラグーンに囲まれたチャーヤ・ラグーン・ハクラ・フラ。
ハクラ・フラはオールインクルーシブの先駆け的リゾートで、滞在中のお食事だけでなく、お飲物(一部除く)や夕方の軽食、夜のナイトスナック、シュノーケルセットのレンタルやウィンドサーフィンも含まれています。
チャーヤ・ラグーン・ハクラ・フラの客室はビーチバンガロー10室、水上バンガロー70室とほとんどが水上バンガローとなっています。
ハクラ・フラの客室は木目調で爽やかな印象。水上バンガローの客室にはガラス張りの床があり海を臨むことができます。

  
    
             
     
スーペリア
     

メドゥフシ アイランドは長さ1km、幅200mの細長い島で、遠浅のラグーンに包まれたビーチはとても白く細かい砂。
メドゥフシの客室は元々ナチュラルな造りでしたが、改装を終えてモダンさも加わり、よりロマンティックな印象になりました。 特に水上コテージはベッドに寝転びながら海が見れるように設計されていて、バルコニーにはオンドーリ(ブランコ)があります。 のんびり風に揺られながら美しいラグーンをいつまでも眺めていたい気分にさせてくれます。
またメドゥフシでお勧めしたいのはパブリックプールからの眺め。プールと空と海の青が交わり美しい緑のヤシの木が影を作る、そんなフォトジェニックな風景に出会うことが出来ます。
メドゥフシのレストランはビュッフェスタイルのメインレストランとアラカルトスタイルの水上レストランがあり、どちらもおいしいと評判。 また、水上にあるスパではアジアントリートメントを受けることが出来ます。マリンスポーツや多種多様なエクスカーションも用意されているので、メドゥフシは肩肘張らないナチュラルなカップルにお勧めしたいリゾートです。

ページのトップへ

ラア環礁

  
    
             
     
スタンダード
     

バア環礁の北に位置するラア環礁にあるメドゥーパルはイタリア人ゲストに人気の島で、3つのコンセプトが違うリゾートからなります。ビーチコテージで構成される「アダーラン・セレクト・メドゥーパル」、ハウスリーフに隣接した水上ヴィラのエリア「アダーラン・プレステージ・ウォーターヴィラズ」、本格的なアーユルヴェーダを数日間にわたって受ける「アダーラン・アーユルヴェーダ・ヴィレッジ・メドゥーパル」。
水上エリアのウォーターヴィラズに宿泊のお客様はビーチエリアのミードゥパルの施設が利用可能ですが、ミードゥパルにご宿泊のお客様はほかのエリアに立ち入ることは出来ません。
アダーラン・プレステージ・ウォーターヴィラズには水上の客室の他に専用のレセプション、レストラン、バー、スパ、専用ビーチがあります。
各部屋には専用のバトラーがつき、客室は広く快適でバルコニーにはガラス張りの床とジャグジーがあります。水上コテージには珍しく目の前がドロップオフになっているので気軽にシュノーケルを楽しむ事が出来ます。
メインであるミードゥパルの島内はパウダーサンドの白砂が取り囲み、周りにリゾートがないので海も荒らされていません。
ダイビングスポットも多数開発されており、手付かずの自然が残るラア環礁を堪能できます。ミードゥパルは食事もおいしくモルディブ料理から西洋・東洋料理、創作料理まで種類は豊富。エクスカーションも充実しています。

  
    
             
     
5***** Luxury Boutiq
     

マーレ空港から北へ水上飛行機で約40分ラア環礁唯一のリゾート。ひとつの島が3つのコンセプトのリゾートに別れているユニークな作り。 ファミリーやダイバーに人気のカジュアルなリゾート「アダーラン・セレクト・ミードゥパル」を中心にハネムーナーやカップルにオススメのラグジュアリーな「アダーラン・プレステージ・ウォーターヴィラズ」、本格的なアーユルヴェーダを受けられる「アダーラン・アーユルヴェーダ・ヴィレッジ・ミードゥパル」と滞在にあわせてチョイスできる。 島の周辺は透明度が高く水上ヴィラの周辺にはサンゴがありシュノーケルも楽しめる。 日本人がほとんどいないので穴場リゾートをお探しの方にオススメ!

ページのトップへ

ラスドゥ環礁

  
    
             
     
スーペリア
     

ハネムーンからファミリー・リピーターの方まで幅広い客層のニーズにあわせてお部屋・施設をご用意。 長さ1.5キロもある大きな島で飽きることなくアクティビティ・お食事を楽しめます。 サンドバンク、スパやライトアップされたプールなど、おすすめのポイントがぎっしり詰まったリゾートです。

ページのトップへ

ラヴィヤニ環礁

  
    
             
     
デラックス
     

絶品のパウダーサンドに囲まれた「カヌフラ」では、島1周途切れることなくその美しいビーチを歩くことが出来ます。 その美しいビーチには毎年海亀が産卵に訪れ、5~6月のシーズンには運がよければ産卵シーンに出会えるかもしれません。
カヌフラでは品のいいナチュラルさを目指し、コンセプトは「メイド・イン・カヌフラ」。 島内でアクセサリーやカバン、服をも作っています。モルディブにはバリ島やタイを思わせるスタイリッシュなデザインが増えている中、 カヌフラは「モルディブに来たんだ」と感じさせる雰囲気を作り出しています。また、自然を最大限に活かしたいという配慮から施設は島の8%にとどめられています。ターコイズブルーの海とホワイトサンドビーチに囲まれたカヌフラの島内は手入れが行き届き、どこでカメラを構えても絵になる、まさにフォトジェニックな島です。
カヌフラに隣接する無人島「ジェヌフラ島」では、ピクニックランチが楽しめるほか、無料の送迎船が定期的に出ているので気軽に遊びに行くことも可能です。
夜は1日1組限定のプライベートディナーも行っていて、まさにロマンティックな雰囲気に浸れる最高のリゾートです。
カヌフラの客室はビーチヴィラと水上ヴィラの2タイプ。どちらも天然素材を使った客室で半屋外のバスルームはとても爽快です。 分かりやすい絢爛豪華さはないですが、知る人ぞ知る通好みのリゾートです。

  
    
             
     

クレドゥはラヴィヤニ環礁にある1周徒歩約60分、真っ白なビーチの長さは3km以上ととても大きな島です。
クレドゥにはモルディブ初となる本格的なゴルフコースがあり、自然の樹木に囲まれて波の音に包まれたコースはとっても穏やかな雰囲気です。
クレドゥの客室はヤシ葺き屋根に木材を使用したナチュラルな雰囲気で、とても温かみに溢れています。ビーチヴィラや水上ヴィラ、プール付きのヴィラなどクレドゥの客室タイプは豊富なのであらゆるゲストに対応可能。また、クレドゥではダイビングも盛んで、リゾートの隣には「クレドゥ エクスプレス」というラヴィヤニ環礁1のダイビングスポットがあります。

  
    
             
     
スタンダード
     

コマンドゥは真っ白なパウダーサンドのビーチとターコイズブルーのラグーン、極上のハウスリーフに囲まれたのどかで小さなリゾートです。
コマンドゥはラヴィヤニ環礁の中で最もシュノーケルに適したリゾートで、カメやマンタ、サメ、エイなどに出会えることも。
コマンドゥのレストランやレセプション、バーにはモルディブらしくサンドカーペットが敷き詰められていて、風情あるモルディブスタイル。夕日も眺められるバーのテラスからはイルカの群れが見れることもあります。
コマンドゥの客室は木をふんだんに使ったロッジのような素朴な造りで、かわいらしい1棟独立型。ビーチヴィラは砂浜の上に建ち、海が目の前に広がって見える客室もあります。またジャグジー付きの水上コテージは海に下りる階段が付いており、シュノーケラーにも人気。島で気軽にシュノーケルが楽しめるコマンドゥですが、無料送迎ボートが出ている目の前の無人島、クダドゥもハウスリーフが良く発達したサンゴを楽しむことが出来ます。
コマンドゥのレストランは3食ともにヴュッフェスタイルが基本で、モルディビアン、アジアン、メキシカンなど趣向を凝らした内容で楽しませてくれます。コマンドゥはモルディブリピーターやリゾーターにお勧めしたい通好みのリゾートです。

  
    
             
     
スタンダード
     

パームビーチは長さ2km、幅400mのモルディブの中でも大きな島にあり、4kmにも渡る真っ白なビーチが島を取り囲み島内は青々とした草木や花で溢れています。
また、広大なラグーンがパームビーチを囲み、ウィンドサーフィンやカタマラン、カヌーなどマリンスポーツが盛んです。シュノーケルは無料のシュノーケルトリップが開催されています。
パームビーチの客室は全室ビーチカテゴリーで水上コテージは無いですが、客室はバリ風インテリアで落ち着いています。
パームビーチのスパはモルディブでもポピュラーな「ココナッツスパ」。インドネシア式をベースに各種トリートメントを受けることが出来ます。
パームビーチのお勧めスポットは南北に長く延びた美しい砂洲。ビーチバーでのんびり過ごす時間はとても贅沢。
パームビーチのゲストはイタリア人が多くとても明るい雰囲気です。かといって騒がしいのではなく、敷地が広いからかのんびりとしたほどよいカジュアルさをもつリゾートです。

ページのトップへ

ラーム環礁

  
    
             
     
デラックス
     

★シックスセンシズ・ラームに宿泊するツアーはこちら★
☆もっと詳しく!特集ページはこちら☆
世界のセレブに人気のシックスセンシズリゾートが運営するシックスセンシズ・ラームは、環境に配慮された自然と調和したデザインとなっています。
各ヴィラは自然素材を用いながらもエレガントに設計されており、やわらかいけれどスタイリッシュな空間です。 ラームのメイン施設はほとんど水上に建てられており、レストランだけでなくワインセラーも水上にあります。また、リゾートのオーガニックガーデンの上に作られたオーガニックレストランではサンセットを眺めながら畑で取れた新鮮な食材を使ったアラカルト料理を楽しむことが出来ます。その他アイスクリームショップや200種類以上のスピリットが楽しめるバーも揃っています。
スパは鳥の巣のような形をしたトリートメントルームが点在しておりとってもユニークなデザインが人気です。

ページのトップへ

北アリ環礁

  
    
             
     
ラグジュアリー
     

オシャレでスタイリッシュなホテルグループ「Wホテルズ」の新しいプレミアリゾートが、モルディブのアリ環礁にWリトリート&スパ モルディブとしてオープンしました。 Wリトリートは伝統的なモルディブ式の建物の中に現代的な内装が施され、部屋からはきらめく真っ白なビーチとターコイズブルーの穏やかな海が見渡せます。 ゲストの欲しいものは何でも、いつでも、が世界中のWホテルズの方針で、そこにモルディブのホスピタリティが融合しているのがWリトリートのサービスです。

Wリトリートは極上のハウスリーフと白砂に囲まれた1周10分の小さな島で、斬新なデザインとシンプルな美しさをパーフェクトに融合させています。客室はビーチヴィラと水上ヴィラからなっていて、全室プライベートプール付き。 ビーチオアシスは使い勝手のいい部屋でカジュアルな雰囲気。2階のガゼボからはビーチが見渡せます。オーシャンオアシスはテラスが大きく、ラグジュアリーな雰囲気です。

Wリトリートでの施設の呼び名がレセプションを「ウェルカム」、ダイビングショップを「ダウンアンダー」、ジムは「スウェット」ととってもユニーク。 レストランでは、木の下で砂を感じながらカジュアルにお食事をしたければ「ファイヤー」へ、モダンなビストロ料理は「キッチン」、 海辺の「フィッシュ」ではシーフード料理が楽しむことができます。
Wリトリートはサービスの質は一流ながら、遊び心ある大人のためのカジュアルな雰囲気を作り出しているので、オシャレなカップルにお勧めです。

  
    
             
     
スタンダード
     

チャーヤ・リーフ・エライドゥはスリランカのホテルグループが経営するリゾートで、他にもチャーヤ・ラグーン・ハクラフラとシナモン・ドンヴェリと同系列です。
長さ300m、幅280mの比較的小さな島エライドゥは豪快なドロップオフに囲まれたダイバーズパラダイス。エライドゥのハウスリーフには色とりどりのソフトコーラルや沈船があり、24時間無制限ダイブも楽しめます。エライドゥのゲストのほとんどがダイバーさんというのもうなずけます。
エライドゥの客室はビーチカテゴリーと水上カテゴリーに分かれ、ビーチカテゴリーは1棟2室タイプのスタンダード、より広い1棟4室のスーペリア、1棟独立型のビーチバンガローになっています。水上バンガローはとても天井が高く、窓から光が差し込む造りに。いずれの客室もノスタルジックな雰囲気です。
エライドゥのレストランはビュッフェスタイルで、メインレストランのほかシフードレストランもあります。島の中央にはスパ施設もあり、マッサージを楽しむことができます。エライドゥはダイビングだけでなく、シュノーケルなどのエクスカーションの他、島内ではライブ演奏やディスコ、カニレース、カラオケなどエンターテイメントも楽しめます。

  
    
             
     
デラックス
     

元々ヨーロッパからの宿泊客向けに営業していたカンドゥルが大幅な改装を経て、2014年1月に再オープン。いよいよ日本人宿泊客向けにも販売を開始しました。
1周徒歩で約10分程の小さな島は素晴らしいハウスリーフに囲まれていて、シュノーケル派のお客様にも好評です。
改装されたばかりの30室の客室はビーチから水上まで5つのタイプに分かれていて、いずれも白と木目を基調としたモダンなデザイン。特にプール付きの水上ヴィラ、「オーシャンプールヴィラ」にはガラス張りのバスルームもあります。

  
    
             
     
スーペリア
     

今までイタリア人ゲストのみしか宿泊できなかったガンゲヒアイランドがいよいよ日本人ゲストの受け入れも開始しました。
1週徒歩約10分ほどの小さな島にあるガンゲヒアイランドは、決して豪華ではありませんが、モルディブらしさを味わいながらのんびり滞在することのできるリゾートです。
南インドの古い建物を移築したというスパでは、アーユルヴェーダトリートメントを受けることもできます。

  
    
             
     
ラグジュアリー
     

モルディブ伝統の船「ドーニ」のようにカーブした形の島に5つ星リゾート、コンスタンス ハラヴェリがオープンしました。 ヨーロッパ人に絶大な人気を誇るモーリシャスやセイシェルでリゾート展開をしているホテルグループです。ヨーロピアンに愛され支持され続けたコンスタンスが持つクオリティの高さはハラヴェリにもきちんと現れており、ホスピタリティ溢れるサービスを堪能することが出来ます。ハラヴェリはターコイズブルーの美しいラグーンに囲まれた遠浅な島ですが、ハラヴェリレックやフィッシュヘッド、バタラティラなど、モルディブでも有数のダイビングスポットに囲まれています。
客室は全室プール付。850mとモルディブでも最も長い桟橋にある水上コテージが一番人気ですが、木々に囲まれたビーチヴィラもお勧め。 日本食にも力を入れている評判の食事や、海を望む水上スパなど施設も充実しており、心身をリフレッシュしてくれる極上のリゾートです。

  
    
             
     
デラックス
     

コンスタンスムーフシは、姉妹リゾートであるコンスタンスハラヴェリと同様のサービスをカジュアルに受けられるというコンセプトが人気の、オールインクルーシブリゾートです。
お食事に定評のあるコンスタンスリゾートだけに、ミニバーまでご利用頂けるオールインクルーシブは嬉しいサービスです。
モルディブでは法律上、同じ環礁内に同系列・同ホテルランク(5つ星)のリゾートを建設してはならないという決まりがあるため、コンスタンス・ムーフシはコンスタンスグループでありながらあえて4つ星リゾートとして営業。つまり、サービス面・施設面は5つ星クラスと言えるでしょう。

  
    
             
     
スーペリア
     

もともとドーニミギリのあった島に2013年にオープンしたばかりのサファリ・アイランド。
決して豪華なリゾートではありませんが、シュノーケルポイントもあり、気軽にモルディブでの滞在を楽しみたい方にはぴったりのリゾートです。
お部屋のタイプは陸上のビーチバンガロー、半水上のセミウォーターバンガロー、水上のウォーターバンガローの3タイプ。お部屋の大きさ、内装などには差がありませんが、ロケーションだけが異なります。
基本のお食事プランはハーフボード(朝・夕食付き)ですが、追加料金でオールインクルーシブプランへの変更も可能です。

  
    
             
     
スーペリア
     

ニカ アイランドリゾートは素晴らしいハウスリーフと豊かな緑に囲まれた小さな島に客室数わずか37室という隠れ家リゾートです。
ニカ アイランドはモルディブの言葉ディベヒ語で「ニカ」と呼ばれる樹齢350年(推定)の菩提樹(バニヤンツリー)から名づけられました。
ニカは元々イタリア人が多いリゾートで、お食事もおいしいと評判。
無人島を訪れるアクティビティやアーユルベーダが中心のスパ、ダイビングのベストポイントに囲まれている立地など知る人ぞ知る穴場リゾートです。

  
    
             
     

美しいハウスリーフを真っ白なビーチで縁取ったとても小さな島にバンヤン(バニヤン)ツリー・マディバルはある。
たった6室!というバンヤン(バニヤン)ツリー・マディバルの客室はモルディブでは珍しいテントスタイルで広さはなんと264㎡。
リビングのテント、寝室のテント、バスルームのテントからなり、広いウッドデッキには全室プライベートプールが付いている。お部屋は豪華なシルクで覆われた天井、無人島にインスパイヤされたインテリアとさながらトムソーヤになったような気分に。
もちろん24時間バトラーサービスをうけることができる。
お食事に定評があるバンヤン(バニヤン)ツリーだが、ここマディバルでも存分に楽しむことが出来る。ヴィラ内や24時間空いているレストラン、バーラウンジから食事の場所を選ぶことが出来る。
バンヤン(バニヤン)ツリー・マディバルでお勧めのお食事スタイルはもちろん広々としたヴィラでのお食事。朝食はベッドの上で、ランチはプールのそばで、ディバーは満点の星空のもとデッキで、という贅沢も可能にしてくれる。
そしてバンヤン(バニヤン)ツリーの代名詞といえばスパだが、マディバルにも十分に訓練を受けたスタッフが揃う。マディバルにはスパ施設はなく全て自身のヴィラで受けるプライベートトリートメントとなる。
バンヤン(バニヤン)ツリー・マディバルは沢山のリゾートを経験したリゾーターに無人島のような究極の隠れ家を楽しんでもらうリゾートだ。

  
    
             
     
スタンダード
     

北アリ環礁に浮かぶ1周15分ほどの超穴場リゾート、マドゥーガリ・アイランド。マドゥーガリの島内はうっそうと緑が生い茂り、自然を色濃く残しています。
マドゥーガリの珊瑚を積み上げた客室は全て1棟独立型のビーチヴィラで、シンプルながらもトランクを2つ広げても十分なスペースがあります。
マドゥーガリのビーチはハウスリーフが良いので気軽にシュノーケルを楽しむことが出来ます。砂まみれになった足を洗える水道が外についているもの嬉しいサービス。そのマドゥーガリの豊かな海を生かして桟橋の近くではエイの餌付けも行われています。
マドゥーガリのゲストはほぼイタリア人でお食事がおいしいのも特徴です。マドゥーガリはモルディブらしさを求めるリピーターやダイバー、シュノーケラーにお勧めの超穴場リゾートです。

  
    
             
     
スーペリア
     

ディベヒ語で「大きな砂洲」を意味するヴェリガンドゥはその名の通り美しいラグーンと真っ白なビーチが印象的な島。
細長い島ですが、南側に延び広がる砂洲はいつまでも波打ち際で過ごしていたいと思わせてくれます。
また、ヴェリガンドゥでは美しいラグーンだけでなくシュノーケルも楽しめます。そのハウスリーフには4本のパッセージがありドロップオフも近くなっています。
客室はビーチヴィラと水上ヴィラ。ビーチヴィラにはジャグジーが付いている。水上ヴィラは2種類でジャグジー付水上ヴィラは水上ヴィラよりも客室が広く、いずれの客室も藁葺き屋根と木目調の落ち着いたロッジのような雰囲気です。
お食事はメインレストランのほかにシーフードなどを頂けるアラカルトレストランもあります。もちろんヴェリガンドゥにはスパもあり各種トリートメントやアーユルヴェーダを受けることが出来る。
ヴェリガンドゥはアットホームな雰囲気で日本人がほとんどいないので、隠れ家で過ごしたいカップルにお勧めのリゾートです。

  
    
             
     
スーペリア
     

ハウスリーフに恵まれた海ときめ細かいふわふわのビーチを持つヴェリドゥ アイランドリゾート。豪華絢爛なリゾートが増えるなか、ヴェリドゥはアットホームな雰囲気に包まれたリゾートです。
ヴェリドゥの客室はビーチヴィラと水上ヴィラ。ビーチヴィラはモルディブの伝統建築であるサンゴを積み上げて作られた壁がなんともノスタルジック。水上ヴィラはメゾネットタイプで、リビングスペースと寝室スペースに分かれており、モルディブでは珍しくなったガラス張りの床があります。ヴェリドゥの水上ヴィラにはコテージから直接海に下りる階段は付いていませんが、水上コテージの桟橋の先端に海に直接下りることが出来る階段がついています。
シュノーケルはレセプション前が魚影が濃いので楽しめます。シュノーケル三昧をしたい方にはヴェリドゥではビーチヴィラのほうがアクセスしやすいのでお勧めです。
ヴェリドゥのお食事はメインレストランで3食ビュッフェが基本ですが、オープンキッチンで調理した出来立てのものを頂くことができ、味にも定評があります。
ダイビングは老舗のユーロダイバーズが入っており乾季のマンタスポットにも近いです。ヴェリドゥは夜もヤドカリレースなどのイベントが用意されており、アクティブに楽しみたいダイバーやシュノーケラー、グループにお勧めのリゾートです。

ページのトップへ

北マーレ環礁

  
    
             
     
スーペリア
     

緑と花に囲まれた牧歌的な雰囲気のフドゥランフシは、1つの島にコンセプトが違う2つのリゾートからなります。
ビーチヴィラのエリアは「アダーラン セレクト フドゥランフシ」、水上コテージのエリアはハイクラスのカテゴリー「アラーダン プレステージ オーシャンヴィラズ」となります。
フドゥランフシにお泊りのお客様はオーシャンヴィラズのエリアに立ち入ることは出来ませんが、オーシャンヴィラズにお泊りのお客様はフドゥランフシの施設も全て利用可能です。 ビーチヴィラであるフドゥランフシのお部屋は黄色を基調としたカジュアルで明るい雰囲気。 水上ヴィラのエリアであるオーシャンヴィラズのお部屋は赤を基調としたモダンでスタイリッシュなデザインで、もちろん海に直接降りる階段もついています。
フドゥランフシは以前は「ロヒフシ」という名前のリゾートで親しまれていた島で、島の南東はサーフポイントになっておりサーファーたちに愛されています。サーフィンだけでなくフドゥランフシは魚影の濃いハウスリーフを持つのでダイバーにも人気です。
モルディブの言葉でホワイトゴールドの島、という意味を持つフドゥランフシは老若男女問わず、アクティブな方、のんびりしたい方、ロマンティックに過ごしたい方、様々なスタイルに答えてくれるでしょう。

  
    
             
     

【ハネムーン特典】
<2012年11月1日チェックイン~2013年10月31日チェックアウトのお客様が対象となります>
◎ワイン1本
◎フルーツバスケット
*ツアーご予約時にお申し出ください。
*ホテルからのサービスにつき、内容は予告なく変更となる場合もございます。

  
    
             
     
スーペリア
     

美しい自然に囲まれた「アンサナ・イフル」はモルディブの中でもフォトジェニックな島として知られています。
イフルの魅力はビーチを囲む椰子の木にカラフルな珊瑚とたくさんの魚、透きとおった海。
1周徒歩10分の小さな島はシュノーケルをしながら島の回りを泳ぎきれるほどで、ハウスリーフはモルディブでもトップクラス。
イフルの客室は全室ビーチヴィラで黒を基調にライムグリーン、オレンジ、イエローを取り入れたビビッドでスタイリッシュかつモダンなデザイン。一部ジャグジー付の客室はバスルームスペースが半屋外となっており開放感に溢れています。
また、アンサナ・イフルのもうひとつの魅力は「アンサナ・スパ」。島の中央部に緑に囲まれた静かなエリアにあり、セラピストはタイやバリで研修を受けているためそのテクニックの高さには定評があります。
アンサナ・イフルの隣には姉妹リゾートであるバンヤンツリーがあり、無料の定期船が行き来しています。お互いの施設を利用することが出来るのも魅力のひとつです。

  
    
             
     
スタンダード
     

エリヤドゥ・アイランドリゾートは極上のハウスリーフと真っ白な砂浜を持つダイバー&シュノーケラーパラダイス。
エリヤドゥは北マーレ環礁の最北西部に位置するため手つかずのダイビングスポットが満載です。
ハウスリーフダイビングも盛んというエリヤドゥは、島全体がシュノーケリングに適しています。
リーフの先はドロップオフになっており、ダイビングではどこを潜ってもハズレはなく、モルディブでもトップクラスと言われています。
エリヤドゥから近隣へのシュノーケリングトリップもお勧めで、乾季にはマンタ狙いや無人島へのトリップが開催されることも。
客室はシンプルで、真っ白な砂浜に白い壁のバンガローが並ぶ姿がとても可愛らしいです。
エリヤドゥ・アイランドリゾートはダイビング旅行だけでなく、シンプルに海を楽しみたい人にお勧めのリゾートです。

  
    
             
     
デラックス
     

北マーレ環礁の最北端にあるヘレンゲリは島1周10分の細長くて小さな島です。北マーレ環礁にありながらヘレンゲリの周辺にはリゾートがほとんどないため、とても静かな環境に包まれています。
ヘレンゲリは環礁の外側にあるため極上のハウスリーフがビーチのすぐそばに広がっています。リーフだけでなく干潮時には真っ白な砂洲が浮かび上がり、幻想的な風景が広がります。ヘレンゲリのラグーンプールヴィラは、シンプルでかわいらしい室内で、全室サンセット確約です。
リゾート施設もプールはあるものの必要最小限です。豪華なリゾートが乱立しているモルディブでは少なくなった「モルディブらしさ」がヘレンゲリには残されています。ヘレンゲリの周辺にはほかのリゾートからもわざわざ訪れるほど大人気の「ヘレンゲリ・ティラ」という大物遭遇率が高いスポットがありダイバーに大人気。
ヘレンゲリはモルディブらしさを求めるリピーターやダイバー、シュノーケラー人気の穴場リゾートです。

  
    
             
     
ラグジュアリー
     

★ギリ・ランカンフシに宿泊するツアーはこちら★ ☆もっと詳しく!特集ページはこちら☆ 全室スイート仕様の水上ヴィラを持つギリ・ランカンフシは、ハネムーナーや世界中のセレブカップルに絶大な人気を誇っているモルディブを代表するリゾート。
ギリ・ランカンフシの水上ヴィラはプライバシーを重視した広々とした造りでお部屋のどこにいても海が見渡せるように工夫されています。 また、人工的なものをできるだけ排除したインテリアは、流木やバンブーなど自然素材でセンス抜群に心地良い空間を演出しています。
ギリ・ランカンフシ内にある「ミーラ・スパ」は客室と同じく水上に建てられ、きめ細やかな白砂がスクラブ効果をあげてくれるトリートメントが人気です。

  
    
             
     
スタンダード
     

モルディブで最初にオープンしたリゾート「クルンバ・モルディブ」は、オープン以来改装を重ね、現在はモダンでアジアンチックな雰囲気になっています。
クルンバは首都マーレからボートで10分という立地にあり、客室も水上コテージはないもののバンガローからプール付きのヴィラまで多彩です。そのためハネムーナーだけでなくファミリーにも人気です。
クルンバの客室数は180室ととても多く、いずれもナチュラルかつモダンなインテリアでまとめられています。
クルンバでは客室数に合わせてレストランも7件と充実しており、イタリアン、中華はもちろんのことアラビアンなどモルディブでは珍しい料理を味わうことが出来ます。
ちなみに日本食もあって、マーレ在住の日本人がわざわざクルンバまで遊びにいくというほどお食事には定評があります。
クルンバのスパはドーニミギリやフヴァフェンフシを手がける<パーアクアム>がプロデュースするアクアム・スパ。光り輝く自然と調和した古代モルディブのインスピレーションを感じる建物で、滞在中に一度は是非体験したいもの。クルンバはあらゆる層を満足させてくれるオールマイティなリゾートです。

  
    
             
     
ラグジュアリー
     

ココ ボドゥヒティはバアア環礁にある 「ココパーム ドゥニコル」と同じココ・コレクションブランドで、抜群のハウスリーフとトロピカルな植物とヤシの木の美しい自然を生かしたスタイリッシュで豪華なリゾートです。
ココ ボドゥヒティの特徴でもある全室プライベートプール付の客室は全部で4種類。 人気が高いのはハウスリーフへのアクセスもいい水上ヴィラです。しかしながらボドゥヒティの中でも目を引くのはビーチに建てられたアイランドヴィラ。 広々とした室内には部屋の中央に配したバスタブが斬新かつ開放感も抜群です。プライバシーを重視した造りはハネムーン旅行にもおすすめ! また、プライベートプールだけでなくボドゥヒティで特徴的なのはパブリックプール。青いタイルを床に配してLEDライトを埋め込み、夜になると7色に光り輝くとてもロマンティックな雰囲気に。

ボドゥヒティではお食事も評判で、世界中から集まったシェフが織り成すフュージョン料理は毎日の楽しみ。 ボドゥヒティのスパ「ココ スパ」は水上に作られておりアーユルベーダも含めたアジアの施術が人気です。ココ ボドゥヒティはシュノーケルも楽しみたいハネムーンにお勧めのリゾートです。

  
    
             
     
スーペリア
     

モルディブらしい素朴さを残したサマーアイランドは、長さ500m、幅120mの気取らないカジュアルな島です。
サマーアイランドではソフトコーラルやマンタなどのダイビングスポットが満載。
そのほかサマーアイランドでは各種マリンスポーツを楽しむことが出来ます。
サマーアイランドの客室はシンプルながらも水上コテージは床の一部がガラス張りになっています。サマーアイランドの宿泊スタイルは全食事付ですがオールインクルーシブもお手頃に楽しめます。
サマーアイランドのスパは「セレナスパ」で多種多様なマッサージを受けることが出来ます。
サマーアイランドは日本人ゲストも少なく穴場リゾート。モルディブリピーターにお勧めのリゾートです。

  
    
             
     
デラックス
     

2008年にスターウッドグループになったシェラトン フルムーン。空港から15分という立地の良さとシェラトンならではのサービス、充実した施設で老若男女問わず対応出来るリゾートです。
遠浅の美しいラグーンに囲まれたシェラトン フルムーンはラグーンでのマリンスポーツが盛んなだけでなく、周辺には古くからのダイビングスポットが45箇所以上あり、 北マーレ環礁で抜群の人気を誇るダイビングスポット「バナナリーフ」と「マンタポイント」も目と鼻の先に位置しているのでダイバーにも人気が高い島です。
また、シェラトン フルムーンが人気のある理由のもうひとつはなんと言っても施設が充実していること。4つのレストラン、スパ、ジム、テニスコート、プール、インターネットカフェ、卓球と幅広いお客様層に対応した設備を持っています。プールは子供用のプールもあるのでファミリーにもおすすめです。
シェラトン フルムーンの部屋タイプは4種類で中でも人気の水上バンガローは部屋数が多くハネムーンに人気です。 シェラトン フルムーン内にあるスパ施設は桟橋でつながった小島にあり、内容も充実しています。

  
    
             
     
スーペリア
     

チャーヤ・アイランド・ドンヴェリはスリランカのホテルグループが経営するリゾートで、他にもチャーヤ・ラグーン・ハクラフラとチャーヤ・リーフ・エライドゥと同系列です。
ドンヴェリの南端にある「パスタ・ポイント」は波が高くサーファーに人気で、島の近くにもいくつかのサーフポイントがあります。しかしながらドンヴェリでのサーフィンはオーストラリアの会社がポイントに立ち入る独占権を持っているため、リゾーター向けのツアーではサーフィンをすることが出来ません。サーフィンをする場合はサーフィン用のツアーに参加する必要があります。
ドンヴェリの客室は様々な客層に対応しています。一番人気は水上コテージで水上バンガローのほか、リビングスペースが別になった水上スイートがお勧めです。
また、ドンヴェリではスパ施設も充実しており、女性ゲストに喜ばれているのはもちろんのこと、カップルで楽しめるスパルームもあります。
さらに曲線を描いた大きなプールやキッズクラブもあるので、家族旅行にもお勧め。ドンヴェリの食事は、朝、昼、夜と基本的に気軽に楽しめるビュッフェスタイルで、種類も豊富なところは日本人に限らず欧米系のゲストにも定評があります。

  
    
             
     
スーペリア
     

マーレ国際空港からスピードボードでわずか15分、美しい北マーレ環礁に位置するセンターラ・ラスフシ・リゾート&スパ モルジブは、心身ともにリラックスして素晴らしい休日をお過ごしいただけるリゾートです。
客室数140室のリゾートでは多数の水上ヴィラを有し、カップルにもぴったりのリゾートです。(12歳未満のお子様はご宿泊いただけません。)
また近郊には有数のダイビングスポットもあり、ギラーヴァルケーブ、クダ・ハア、ライオンヘッド、キキ・リーフにはボートで10分の距離です。サメのダイビングスポットも約20分で到達する事ができます。ダイビングはリゾート内PADIダイビングセンターにて、またその他の水上アクティビティも幅広く楽しむ事ができるリゾートです。
食事については人気のオールインクルーシブプランをご用意。お客様がお気軽に楽しめるリゾート、それがセンターラ・ラスフシ・リゾート&スパ モルジブです。

  
    
             
     
スーペリア
     

トラギリ アイランドリゾートは1周歩いて10分ほどの小さな島。放し飼いのインコのさえずりに包まれた素朴&ナチュラルさがトラギリの魅力で、レストランやバーの床にも純白の砂が敷き詰められています。高級リゾートが増え続けるなかでトラギリの変わらない素朴さはリピーターを含めて依然人気を集めています。
トラギリの客室はヤシ葺き屋根に白い壁がかわいらしい素朴な雰囲気の「ビーチバンガロー」とヤシ葺き屋根に八角形の形をした「水上バンガロー」の2種類です。 ビーチバンガローは古きよきモルディブといった雰囲気でバンブーの家具が置かれシンプルな造り。水上バンガローは窓も広くモルディブでは珍しいガラステーブルがありロマンティックな雰囲気を演出してくれます。
またトラギリはハウスリーフも抜群でスノーケルでも十分楽しむことが出来ますが、魚影の濃さではモルディブのトップクラスに入るダイビングスポット「オコベティラ」も近いのでダイバーにも支持されています。 バーやレストランなどどこかレトロな雰囲気が漂うトラギリですが、フカフカの真っ白いビーチは変わらない美しさを保ち続けています。

【お部屋改修工事のお知らせ】
デラックスバンガローの改修工事を2015年6月01日~10月31日にて予定しております。
期間中は周りの配慮しながら営業は行われます。
※改装工事は予告なく内容の延期が予想されます。
ご滞在直前に改装延長のお知らせが入る場合がございますが
それに伴うホテルや弊社からのご返金などはございませんので予めご了承ください。

  
    
             
     
デラックス
     

ラグーンのきらめく海の真ん中に青々と浮かぶ南国の島、バロス モルディブ。ラグーンは生き生きした海洋生物がいっぱいのリーフに囲まれて、ビーチにはヤシの木の影が落ちているエレガントで上質なリゾートです。 バロス モルディブの客室は、半屋外のバスルームを持った「デラックスルーム」、インドアバスながらより広いテラスを持った「バロス ヴィラ」、 バロス ヴィラと同じ内装でバスルームからは海が臨める「水上コテージ」のいずれもナチュラルな雰囲気の内装。 もちろん水上コテージのテラスからは直接海にエントリーすることが出来ます。
バロスが人気の理由のひとつにお食事があり、レストランは種類が豊富でゲストを飽きさせません。バロス モルディブはリゾートの方針として8歳未満のお子様のご宿泊を推奨しておらず、静かな雰囲気を楽しみたいハネムーナーにもぴったりのリゾートです。
バロスはスモールラグジュアリーリゾートにも選ばれており、数あるモルディブリゾートの中でも人気ランキングの上位に選ばれています。

⇒バロスモルディブ特集ページはこちら

  
    
             
     
スタンダード
     

モルディブで2番目にできた老舗リゾートのバンドスですが、施設は改装や新設をしており古さは感じさせません。 むしろ老舗ならではのアットホームさとまんまるの島を取り囲むハウスリーフで愛され続けています。バンドスのビーチからは泳いですぐの場所に絶品のハウスリーフが広がり、また目の前にある無人島の「クダ・バンドス」まで送迎ボートが出ているので、両方の島を楽しむことが出来ます。
バンドスには老舗ならではの充実した設備が揃い、キッズルームはもちろんのこと24時間のメディカルセンターや潜水病を治すチャンバーも備わっているので お子様連れのダイバーファミリーや年配の方も安心です。
バンドスは客室の種類も豊富で、ダイバーや若者に人気の「スタンダード」や広めのつくりでファミリーに人気の「デラックス」、敷地の真ん中に位置する「ガーデンヴィラ」やモルディブでは珍しい2階建ての「ジャクジービーチヴィラ」があります。ジャクジービーチヴィラはドングリのような外観がかわいらしく、1階はリビング、2階は寝室という造りになっています。リビングを通り抜けると半屋外の木々に囲まれたバスルームがあり、ジャグジーが付いています。ハネムーナーやカップルにお勧めしたいお部屋です。
バンドスはその他のウォーターアクティビティーも豊富で、プールやスパも備わっています。初めてのモルディブ旅行にも最適なおすすめリゾートです。

  
    
             
     
デラックス
     

バンヤンツリー・モルディブ・ヴァビンファルは、世界各国のハネムーナーやカップルに人気のあるラグジュアリーリゾートです。
バンヤンツリーの室内は世界の高級隠れ家リゾートを手掛けるグループがプロデュースしているだけあり、巻き貝がモチーフの茅葺き屋根や優雅な天蓋付のキングサイズベッド、壁に影絵を映し出す竹の照明など、伝統様式と現代感覚が見事にマッチしています。
バンヤンツリーの一棟独立型のヴィラは、100㎡以上という十分なスペースが確保され、180度窓が開くためエアコン無しでも風通しが良く快適に過ごすことができます。客室は海に近いビーチフロントヴィラと奥まったオーシャンビューヴィラに分かれています。
そしてバンヤンツリーが誇る20種類以上のトリートメントを体験できるスパは、お香が立ち込める至福の空間で最高のリラックスを味わうことができ、滞在中に是非一度は体験したいもの。セラピストは全員タイで訓練を受けているのでテクニックはお墨付きです。
さらにバンヤンツリーで是非行っていただきたいのは「サンドバンクダイニング」。インド洋に囲まれたサンドバンクで食べるプライベート感たっぷりのお食事スタイル。モルディブ旅行ならではの贅沢なひとときとなるでしょう。
バンヤンツリーは自然保護にも力をいれており、海亀の保護や珊瑚の養殖などにも力を入れています。その素晴らしい海でのシュノーケルはまた格別です。
お隣の姉妹リゾート、アンサナ・イフルをつなぐ無料の送迎ボートを利用して、アンサナ・イフルの施設も使うことが出来ます。
バンヤンツリーは自然を愛し、のんびりとした休日を満喫したいハネムーナーやご夫婦にお勧めしたいリゾートです。

  
    
             
     
スタンダード
     

モルディブ国際空港からほど近いパラダイスは、1つの島にコンセプトが異なる2つのリゾートからなっています。
ビーチヴィラのエリアは「パラダイス・アイランドリゾート&スパ」、水上コテージのエリアはハイクラスのカテゴリー「ザ・ヘブン・モルディブ」。
パラダイスにお泊りのお客様はヘブン・モルディブのエリアに立ち入ることは出来ませんが、ヘブン・モルディブにお泊りのお客様はパラダイスの施設も全て利用可能です。
ビーチエリアの客室、スーパーデラックスはタイル敷きのシンプルなお部屋ですが機能的。お勧めはヘブン・モルディブの水上コテージ。アジアンテイストにまとまった客室はセンスよくスタイリッシュで、ラグジュアリーに生まれ変わりました。
パラダイス(ヘブン)はレストランの数も多くメインレストランのほかに日本食やシーフードレストランもあります。
パラダイス(ヘブン)のスパはアラーム・スパ。木々に囲まれたスパエリアでのトリートメントはお勧めです。また、パラダイス(ヘブン)のビーチは遠浅でシュノーケルには向きませんが、島のすぐそばにマンタスポットがあり、ダイバーに人気です。

  
    
             
     
ラグジュアリー
     

フォーシーズンズ クダフラはブーゲンビリアやプルメリア、極楽鳥花であふれるカラフルなガーデンアイランドです。 フォーシーズンズ クダフラの建物は、細部まで地元の職人が現地の素材を材料に何世紀も昔から伝わる技術で築き上げたもので、 藁葺き屋根のバンガローや白い石垣を眺めながら歩いているとさながらモルディブの村に迷い込んだようなそんな雰囲気が漂っています。
フォーシーズンズ・クダフラの客室はビーチと水上の2タイプ。ビーチのお部屋は全室プール付きで直接ビーチに出られるロケーション。 水上のお部屋はプライバシーに配慮した設計でベッドが高いので寝ながら海を眺めることが出来ます。どちらのタイプも漆喰の壁と藁葺き屋根のバンガローで室内は天然素材を使った明るく爽やかな雰囲気になっています。
フォーシーズンズ クダフラにあるスパはリゾートの沖合いに浮かぶ小さな島にあります。 船で数分の距離ですが、その船もとっても小さく可愛らしいので、小島に渡る前からワクワクとさせてくれます。 フォーシーズンズ・クダフラの近くにはサーフポイントがありリゾートにはモルディブ唯一の専門のサーフスクールがあります。
1島1リゾートであるモルディブのリゾートライフをしっかり満喫したい、そんなハネムーナーやカップルにお勧めのリゾートです。

  
    
             
     
ラグジュアリー
     

オープンから変わらない人気を誇るフヴァフェンフシ。フヴァフェンフシは近年デラックスリゾートとして改装/新築されているモルディブリゾートの先駆者といっても過言ではない存在です。それまでのモルディブの高級リゾートはインテリアも施設もよりナチュラルにモルディブらしさを意識していましたが、フヴァフェンフシは全室にプライベートプールを備え付け、世界初となる水中スパトリートメントルームを持ち、パブリックプールはLEDライトでライトアップされたインフィニティプールなど、スタイリッシュかつモダンなデザインで登場しました。
そんなフヴァフェンフシの客室は大きく分けて2種類。小さな島のため、ビーチバンガローの客室は合計16室とかなり少なめ。デラックスのお部屋はビーチバンガローと比べてリビングなどが広めのゆったりとした造りになっています。フヴァフェンフシの西側、砂洲の先に延びる水上コテージは遠浅のラグーンに面したラグーンバンガローとハウスリーフに面したオーシャンバンガローに分かれます。オーシャンバンガローは床の一部がガラス張りになっていてとってもロマンティック。いずれの客室もナチュラルな素材を使いつつモダンなデザインに仕上げています。バルコニーにはフヴァフェンフシならではの丸くて大きいソファが置かれていて、ソファに埋もれながら見るリゾートの風景は最高!
フヴァフェンフシはお食事にも定評があり、サンドカーペットが心地よいメインレストランやシーフードが楽しめる水上レストランがあります。

  
    
             
     
★★★★
     

モルディブ国際空港からほど近いパラダイスは1つの島にコンセプトが違う2つのリゾートからなっている。
ビーチヴィラのエリアは「パラダイス・アイランドリゾート&スパ」、水上コテージのエリアはハイクラスのカテゴリー「ザ・ヘブン・モルディブ」。
パラダイスにお泊りのお客様はヘブン・モルディブのエリアに立ち入ることは出来ないがヘブン・モルディブにお泊りのお客様はパラダイスの施設も全て利用可能。パラダイスとなるビーチエリアの客室、スーパーデラックスはタイル敷きのシンプルなお部屋だが機能的。お勧めはヘブン・モルディブの水上コテージ。アジアンテイストにまとまった客室はセンスよくスタイリッシュでラグジュアリーに生まれ変わった。
パラダイス(ヘブン)はレストランの数も多くメインレストランのほかに日本食やシーフードレストランもある。また、モルディブでは珍しい24時間営業のコーヒーショップもある。
パラダイス(ヘブン)のスパはアラーム・スパ。木々に囲まれたスパエリアでのトリートメントはお勧め。また、パラダイス(ヘブン)のビーチは遠浅でシュノーケルには向かないが島のすぐそばにマンタスポットがありダイバーさんに大人気。パラダイス(ヘブン)はダイバーだけでなくファミリーやカップルなどあらゆる層に対応できるオールマイティリゾートだ。

  
    
             
     
スタンダード
     

1周10分の小さな島、マクヌドゥはフカフカのビーチと緑豊かな木々に囲まれています。
マクヌドゥのバンガローは伝統的なスタイルでデザインされたモルディブらしさとともに、自然環境に配慮されて建てられており、なるべく島内の木を切らないように作られたため一部のバンガローではリビングやデッキにヤシの木が突き抜けて生えています。
そんなマクヌドゥの客室は円形の1棟2室タイプのビーチバンガロー。シンプルながらも木をふんだんに使ったインテリアは別荘に来たような、どこかほっとするようなインテリアです。
マクヌドゥは豪華なリゾートが多くなったモルディブの中で、モルディブらしい素朴さとナチュラルさをあわせもったリゾートです。
マクヌドゥはお食事にも定評があり、サンドカーペットのレストランが人気。
また、マクヌドゥは滞在中シュノーケルセットを無料で借りることができ、シュノーケルトリップやナイトフィッシング、お試しダイビングが1回ずつ無料で楽しむことが出来ます。
マクヌドゥは「何もしない贅沢」を十分に堪能したい、リゾート上級者にお勧めのリゾートです。

  
    
             
     
スーペリア
     

緑豊かなミール・アイランドは大きなラグーンと美しいビーチに囲まれています。ミール・アイランドではその豊かなラグーンを生かしたマリンスポーツも盛んで子供用のウィンドサーフィンまで用意されています。その他ミール・アイランドでは陸地でのアクティビティ、ゴルフ、卓球、テニスなども盛んなのでアクティブに過ごすことが出来ます。
ミール・アイランドの客室はふんだんに木材が使用され、さながら森の中のログハウスのような雰囲気でとてもかわいらしいです。
ビーチヴィラにジャグジーがついたヴィラや、入口は陸地で建物は水上という半水上コテージ、通常の水上コテージのほかに桟橋でもつながっていない完全独立型のハネムーン水上ヴィラなど、ミール・アイランドの客室はタイプも豊富でとてもユニークです。
ミール・アイランドはファミリーからカップルまで対応が出来るオールマイティなリゾート。モルディブの滞在をアクティブに過ごしたい方にお勧めのリゾートです。

  
    
             
     
ラグジュアリー
     

★ワン&オンリー アット リーティラに宿泊するツアーはこちら★
☆もっと詳しく!特集ページはこちら☆
数あるリゾートと比べても非常にお部屋が広く、洗練されたアジアンテイストのデザインが素敵。美しいスパ施設や、最新設備がそろったジム等、お部屋以外の部分も充実です。また、空港-リゾート間の移動は、他のリゾートとは一線を画した高級スピードボートでの移動であり、リゾート到着前からセレブ気分を味わえる、特にハネムーナーにお勧めのリゾートです。

  
    
             
     
デラックス
     

ハート形の島として以前から親しまれていたタージ コーラルが改装を経て「ヴィヴァンタ バイ タージ コーラル リーフ」としてラグジュアリーに生まれ変わりました。
水上コテージの立地はタージ コーラルのときと変わっていませんが、お部屋の内装がよりシックになり、またバスルームからも海を眺めることが出来るようになりました。改装後に大きく変わったのはビーチヴィラを取り巻く立地。タージ コーラルのときはビーチとコテージの間に道路がありましたが、ヴィヴァンタに変わり道路はコテージの後ろ側に移動、よりプライベート感が高まりました。ヴィヴァンタ バイ タージ コーラル リーフで一番のお勧めはインフィニティプール。タージ コーラルのときは島の中ほどに作られていましたが、ヴィヴァンタになってビーチ沿いに移動。ここでのんびりと海を眺めながら過ごす時は格別です。 そしてタージ コーラルのときから定評があったお食事も姉妹リゾートであるタージ エキゾティカ同様、ヴィヴァンタに変わり3食共にアラカルトになりました。メインレストランのほかにお寿司も味わえる鉄板焼きのレストランや本格釜でピザを食べられるレストランも登場。
ヴィヴァンタ バイ タージ コーラル リーフは超豪華高級リゾートはちょっと肩がこる、そんなハネムーナーやカップルが居心地良く過ごすのにぴったりのリゾートといえるでしょう。

ページのトップへ

南アリ環礁

  
    
             
     
スーペリア
     

***2014年6月1日~9月30日の期間、改装工事がございます。***
・新たに水上20室を建設いたします。
・一部のビーチバンガローの室内を改装いたします。
宿泊客への工事の影響は最大限おさえ、従来通り営業するとのことです。

モルディブらしい素朴さを残した「アンガガ・アイランドリゾート&スパ」は1周15分ほどの小さな島です。
高級リゾートがますます増える中で、アンガガのほっとするような昔ながらの雰囲気はモルディブリピーターにも大人気です。
アンガガの代名詞とも言えるビーチはさらさらの真っ白な砂とシュノーケリングやダイビングに適した透き通ったハウスリーフに囲まれています。モルディブの海を存分に堪能したい方にアンガガはぴったりのリゾートです。
客室は藁葺き屋根に白い壁のスーペリアルームと八角形の水上バンガローの2タイプ。
人気の水上コテージは木目調のコテージ風インテリアで、モルディブでは少なくなった海を見ることが出来るガラステーブルが付いています。
アンガガのスパはバリ風のココナッツ・スパ。カップルルームもありアーユルベーダやチョコレートを使ったマッサージなども人気です。

  
    
             
     
ラグジュアリー
     

洗練されたラグジュアリーリゾート「コンラッド モルディブ ランガリアイランド」はヒルトングループの最上級ブランドであり、 国際的な賞を数々受賞しているモルディブを代表するリゾートです。

コンラッド ランガリは「1つのリゾートに2つの島、3つの体験」をコンセプトとしており、水上コテージの島とビーチヴィラの島が長い桟橋でつながれています。

そしてコンラッド ランガリの代名詞といえば水中レストラン「イター」。幻想的な雰囲気の中でとる食事は是非一度は体験してみたいもの。 もちろん水中レストランだけでなくコンラッド・ランガリには8つの専用キッチンで各国の料理を調理するアトールマーケットや屋外の鉄板焼きレストラン、ココグリルなど趣向を凝らしたレストランが計7つあります。

食事だけでなくコンラッド ランガリでは多様なスパセラピーを楽しむことも出来ます。ガラスフロアの水上スパだけでなく、ビーチヴィラの島の先にはモルディブ初となるディスティネーションスパ「スパヴィレッジ」があります。 客室内には専用のトリートメントルームがあり、本格的なトリートメントを受けることが出来ます。

  
    
             
     
スタンダード
     

ジンベイザメが高確率で見れるスポットに近いサンアイランド。長さ約1.6km、幅400mのモルディブでは大きいサイズのサンアイランドには350室もの客室があります。
レストランも5箇所、バーも5箇所、パブリックプールもとても広く子供用プールやスライダー、ジャグジーなどもあり、レンタルサイクルを利用しているゲストもいてサンアイランドはさながらひとつの村のような雰囲気です。
サンアイランドの客室はデラックスのお部屋とバスタブが付いたスーパーデラックス、水上コテージの3種類。いずれの客室もシンプルな造りになっています。サンアイランドはマリンスポーツやエクスカーションも盛んで、カタマランやカヌーだけでなくファンチューブや水上スキーなどエンジンを使うスポーツ、シュノーケリングトリップやローカルアイランドへ行くエクスカーションも人気です。もちろんジンベイポイントが近くにあるようにサンアイランドはダイビングも盛んです。
サンアイランドのお食事はヴュッフェスタイルのメインレストランのほかにイタリアン、中華なども楽しむことが出来ます。
遠浅のビーチでは子供を遊ばせることも出来るため、サンアイランドはアクティブに過ごしたいファミリーやダイビング三昧のダイバーにお勧めしたいリゾートです。

  
    
             
     
デラックス
     

タイを中心にリゾート展開をしているセンターラが2009年にオープンしたセンターラ・グランド・アイランド・リゾート&スパ・モルディブ。
オールインクルーシブプランを採用し、滞在中のお食事はもちろん一部のお飲物、アフタヌーンティやエンジンを使用しないウォーターアクティビティなどが含まれています。
センターラの客室はビーチヴィラと水上ヴィラタイプに分かれていますが、中でもファミリー水上ヴィラはお子様用の二段ベッドが備わっていたり、バルコニーや桟橋に危険防止の柵が取り付けてあったりと安全への配慮が感じられます。
また、センターラのレストランはメインレストランのほか、タイ料理やイタリアン料理があり、いずれもおいしいと評判です。
スパはタイを中心にアジアで展開するスパ・センバリー。タイマッサージを中心に上質のサービスを受けることが出来ます。
センターラにはアイランドクラブがあり、アイランドクラブに申込んだ方は専用スペースの利用など、特別サービスを受けることが出来ます。
センターラはモルディブ有数の素晴らしいハウスリーフにも恵まれており、シュノーケルを気軽に楽しむことが出来ます。近くには沈船もあり、ダイビングスポットも多いのでファミリーやハネムーナーだけでなくダイバーにも楽しめるリゾートです。

【お部屋改修工事のお知らせ】
2015年4月19日~8月22日を予定しております。期間中は周りの配慮しながら営業は行われます。
第1段:ラグジュアリー水上ヴィラの一部(4/19-7/17)
第2段:ラグジュアリー水上ヴィラの一部(5/1-9/19)
第3段:ビーチスイートの一部、デラックスファミリー水上、
1&2ベッドルームプールヴィラ(6/20-8/22)
※改装工事は予告なく内容の延期が予想されます。
ご滞在直前に改装延長のお知らせが入る場合がございますが
それに伴うホテルや弊社からのご返金などはございませんので予めご了承ください。

  
    
             
     
スタンダード
     

アリ環礁の最南端にあるホリデイアイランドは、島1周30分のモルディブらしさを残した素朴なリゾートです。
遠浅のラグーンと美しい白砂のビーチに囲まれたホリデイは目の前にモルディブ屈指のジンベイザメのスポットがあり、マンタスポットもボートで30分ほど。その為ホリデイのゲストはダイバーさんがほとんどです。
ホリデイの客室はコネクティングルームを除いて1棟独立型。シンプルな造りながらバスタブ付きの半屋外ルームもあり使い勝手は良好です。モルディブでは近年高級ホテルが乱立していて、このホリデイのような素朴さを残したモルディブらしいリゾートは貴重になってきました。

  
    
             
     
★★★★
     
  
    
             
     
スーペリア
     

***2014年5月~12月1日までの期間、改装工事のためホテルクローズとなります。***

ヤシの木とパウダーのようにさらさらのビーチに囲まれたミリヒ アイランドは長さ350m、幅50mしかないとても小さな島。 ミリヒに滞在する間は靴を履かず素足でぜひその美しい白砂を感じて頂きたいほど。そしてビーチからほんの数メートル海に入れば、素晴らしいハウスリーフが広がっています。
ミリヒの客室は全36室でそのうち30室が水上コテージ。客室は全て同じデザインになっており、1棟2室タイプで木目調の落ち着いたインテリアが上品な雰囲気を醸し出しています。 ミリヒのスパは「ドゥエニ・スパ」でスウェーデン式からタイマッサージまで幅広い種類のマッサージを受けることが出来ます。
ミリヒにはパブリックプールやテニスコートなどの設備も無く、最近の新しいリゾート建設ラッシュによって施設面では見劣りする部分もありますが、それでもなおヨーロピアンやモルディブ通のリピーターから絶大な人気を集めています。

  
    
             
     
デラックス
     

元々は美しいサンドバンクが有名だった「ホワイトサンズ」がモーリシャス資本の「ナイアデリゾート」の手によって全面改装工事を終え2008年に「ディーバ モルディブ」としてオープン、ラグジュアリーリゾートして生まれ変わりました。その後2011年12月からはブランド名、ホテル名を再度リニューアル。LUX(ラックス)にはラテン語で”光”の意味があり、訪れるお客様の人生を祝い・滞在をより明るいものにすることに焦点をおき、Island Light (アイランド ライト)という独自のコンセプトを元にお客様へサービスを提供しています。 ラックス・モルディブはジンベイザメの通り道であるアリ環礁南部に面した絶好のロケーションにあるため、スノーケルやダイビングでのジンベイ遭遇率が高いのも人気のひとつ。
1500mもの幅をもつラックス・モルディブはラグーンに囲まれているため、ハウスリーフで気軽にシュノーケルというわけには行きませんが、ボートで10分程行けば絶好のポイントがあります。
また干潮時に水上ヴィラの目の前に姿を現す、砂州の美しさは見事です。
ラックス・モルディブの客室はビーチヴィラと水上ヴィラ。どの客室も木目調の落ち着いた雰囲気でゆったりと過ごすことが出来ます。 また豊富な6つのレストラン。アラビック、イタリアン、和食などのバリエーションも豊富なので毎日のお食事が楽しみ。追加料金でのオールインクルーシブプランが人気です。

  
    
             
     
スタンダード
     

モルディブの言語、ディベヒ語で「黄金の砂洲」を意味するランヴェリはその名の通り美しい砂洲がが特徴的です。
干潮時にはさらに長く延びるその幻想的な風景、サンセットバーでビールを飲みながら眺める砂洲の先に沈みゆく夕日、月明かりに照らされて光る美しい砂洲、どれもランヴェリならではで、一見の価値があります。
ランヴェリは1周10分ほどの東西に広がる細長い島。客室前のメインの道を歩きながら左右にビーチを見ることが出来る数少ない島でもあります。
ランヴェリの客室は1棟2階建て4室のアパートメントタイプ。部屋はとても広く3人でトランクを広げても十分スペースが残る広さです。木目調の内装はシンプルですが使いやすく、バルコニーには洗濯紐がかけられており使い勝手が良好です。ランヴェリの島内も木々だけでなく色とりどりの花がセンスよく植えられており南国ムードも満点。
遠浅のイメージがあるランヴェリですがドロップオフは見事でシュノーケルを楽しむことが出来ます。
ランヴェリは施設も揃っており海が一望できるプールやかわいらしいスパもあります。また、レストランやバーが水上に建てられているので波の音を聞きながらお食事が楽しむことが出来ます。

  
    
             
     
デラックス
     

「オールインクルーシブ」のプラチナ・プランを打ち出して人気を集めるリリィ・ビーチリゾート。
リリィの客室は現代的なデザインとモルディブ式の建築が融合したラグジュアリーな雰囲気です。お部屋は大きく分けて3種類。白砂のビーチに建つビーチヴィラと、半水上タイプのラグーンヴィラ、極上のハウスリーフの上に建つ水上ヴィラとなっています。リリィの水上ヴィラにはプライベートプールがデッキに備わっています。
そしてリリィの特徴でもあるオールインクルーシブプランの「プラチナ・プラン」はお食事やお食事中のお飲物だけでなく、リゾート内のバーやお部屋のミニバーでのお飲物、シュノーケルセットやウォータースポーツ、インターネットなどの利用が含まれていて、リリィのプラチナプランをきっかけにモルディブにオールインクルーシブ・ブームが来たといっても過言ではないでしょう。
リリィのビーチは白砂のビーチと珊瑚をあわせもち、水上ヴィラの周辺に広がるハウスリーフは魚影も濃くシュノーケルを気軽に楽しむことが出来ます。
リリィはお財布を気にすることなく過ごしたいカップルにお勧めのリゾートです。

  
    
             
     
★★★★
     

白砂のビーチに囲まれたヴァカルファリは、素朴なモルディブらしさを残したナチュラルリゾート。まだまだ日本人宿泊客は少なく、ヨーロッパ系のゲストが主流です。
島の周りにはリーフが発達しており、シュノーケリングではエイやベビーシャーク、色とりどりの小魚などを見ることができます。
レストランは1軒のみですが、食事の質には定評がありリピーターも多いリゾートです。

  
    
             
     
スーペリア
     

長さ900m、幅300mの楕円形をしたヴィラメンドゥ。
両端が水路に面しているためハウスリーフでマンタやジンベイといった大物目撃例が後を絶たないため、ダイバーに絶大な人気を誇ります。特に5月~11月の雨季のシーズンが狙い目。
ヴィラメンドゥはもちろんハウスリーフでのシュノーケルも楽しめます。島の周囲にパッセージが10本あり、サンゴやウミガメ、ギンガメアジなどを見ることが出来ます。
ヴィラメンドゥはモルディブの中では比較的大きな島で緑が豊か。島の南北はビーチが狭いですがドロップオフが広がり、東西には美しい砂洲があります。

ページのトップへ

南マーレ環礁

  
    
             
     
スーペリア
     

アダーラン クラブ ランナリは美しいビーチと海洋生物が集まるハウスリーフに囲まれ自然環境に恵まれた, 長さ200m、幅90mの小さなカジュアルリゾートです。
ランナリはビーチからドロップオフまでの距離が短いので気軽にシュノーケルを楽しむことができ、周辺は外洋から潮が流れ込むチャネルが目の前にあり、大物を期待できるスポットが集中しているのでダイビングも楽しめます。アダーラン クラブ ランナリの客室は2階建のアパートメントタイプのスタンダードと1棟2室の水上コテージがあります。 客室は取り立てて豪華というわけではないですが、清潔に保たれており一部の水上コテージには床がガラスになっていて海を眺めることが出来ます。
アダーラン クラブ ランナリのメインレストランは3食共にビュッフェスタイル。週に数回テーマナイトが催され世界各国の料理を試すことが出来ます。 ランナリにはマッサージセンターもあり、アーユルヴェーダを中心としたトリートメントを受けることも出来ます。
ランナリのゲストはイタリア人が多く、ビーチバレーやアクアビクス、カラオケナイトやダンスナイトなど様々なレクリエーションで滞在を盛り上げます。 アダーラン・クラブ・ランナリは静かに過ごしたいカップルには向きませんが、昼も夜もアクティブに楽しみたい方にはお勧めです。

  
    
             
     
デラックス
     

ハウスリーフの良さで古くから多くのダイバーやスノーケラーに愛されてきたヴァドゥが「アダーラン プレステージ ヴァドゥ」として全室プール&ジャグジー付の水上コテージに生まれ変わりました。50室の客室にはそれぞれ専属のバトラー、DVDプレーヤー、ホームシアター、エスプレッソマシーンなどが用意されており、日本人に愛されてきたヴァドゥならではの居心地の良さが演出されています。
ヴァドゥの客室は広々としており木目調のスタイリッシュな造り。またヴァドゥならではなのが、客室のうち6部屋は畳が敷かれた日本旅館式で、浴衣も用意されています。
敷地内は緑が豊かで大きなプールも新設、ビーチに並べられたチェアから運が良ければイルカが見れることも。
素晴らしいハウスリーフを誇り、初心者から経験豊富なダイバーまで楽しめる真のダイバーズパラダイス。ヴァドゥの変わらない海を是非体験してください。

  
    
             
     
デラックス
     

タイを拠点に展開するホテルグループ、アナンタラの運営するリゾート。ディグフィノール島の「アナンタラ ディグ」とボドゥフラ島の「アナンタラ ヴェリ」、ナラドゥ島の「ナラドゥ」と3つのリゾートで構成されています。 「アナンタラ ディグ」と「アナンタラ ヴェリ」に宿泊のお客様は2島の間を行き来している無料ボートを利用してお互いの施設を利用可能です。(「ナラドゥ」への立ち入りはできません。)
「アナンタラ ディグ」は3島の中で一番大きく中心的存在で施設も充実しています。
客室はアジアンテイスト溢れるモダンなインテリア。水上コテージは全室ベッドルームだけでなくトイレからも海を臨む事が出来ます。水上コテージにはお子様の宿泊は出来ないので、カップルやハネムーナーにお勧め。島自体はシュノーケリングには向きませんが、遠浅のラグーンが広がりキッズクラブもあるので、ファミリーにはビーチヴィラがお勧めです。
島内にある「アナンタラ スパ」は水上にあり波を感じながらトリートメントを受けることが出来ます。

  
    
             
     
デラックス
     

タイを拠点に展開するホテルグループ、アナンタラの運営するリゾート。ディグフィノール島の「アナンタラ ディグ」とボドゥフラ島の「アナンタラ ヴェリ」、ナラドゥ島の「ナラドゥ」と3つのリゾートで構成されています。
「アナンタラ ディグ」と「アナンタラ ヴェリ」に宿泊のお客様は2島の間を行き来している無料ボートを利用してお互いの施設を利用可能です。(「ナラドゥ」への立ち入りはできません。)
「アナンタラ ヴェリ」は全室水上コテージで客室は爽やかでカジュアルな雰囲気。
また、遠浅なイメージが強いアナンタラですが、ヴェリの水上コテージのすぐそばには大きなサンゴがありシュノーケルをすることも出来ます。
「アナンタラ スパ」では緑に囲まれた牧歌的な雰囲気を楽しむことが出来ます。

  
    
             
     
スタンダード
     

エンブドゥは、飾らないのんびりとしたムードと迫力満点のハウスリーフを持つ、ヨーロピアンダイバーに絶大な人気を誇るナチュラルでシンプルなリゾートです。
エンブドゥのハウスリーフは外洋に面しており、大型回遊魚が頻繁に見られます。ベテランダイバーも「エンブドゥのシュノーケリングには満足」と評判ですが、潮の流れが速いときがあるので注意が必要です。
エンブドゥの客室は大きく2種類。エアコン付きのスーペリアルームはヨーロピアンに人気のため予約は困難ですが、日本人には水上コテージが人気です。
エンブドゥの水上コテージはシンプルで1棟4室、直接海に下りる階段は付いていませんが、シュノーケルが一番楽しめる立地に建っています。
客室はモルディブでは珍しい床の一部がガラス張りになっていて、お部屋から海を覗くことも。
エンブドゥのレストランはサンドカーペットになっており、3食ともビュッフェスタイル。
その他のアクティビティはあまり盛んではなく、また施設やサービスが5つ星リゾートのように充実しているとは言えませんが、シンプルにモルディブの海を満喫したい、そんな方にお勧めのリゾートです。

  
    
             
     
デラックス
     

干潮時になると島の南側に幾重にもサンドバンク=砂洲が浮かび上がり青い海と白い砂の絶妙なコントラストが広がり、その幻想的な雰囲気はオルベリの代名詞でもあります。
オルベリでお勧めのカテゴリーはジャグジー付きの水上コテージとハネムーン水上コテージ。砂洲に近くベッドルームやバスルームからは目の前に広がる海を眺める事ができ、またバルコニーにはジャグジーがついているのでジャグジーに浸かりながら至福の時間を過ごす事が出来ます。
オルベリのビーチカテゴリーでは1棟2階建4室のデラックスと1棟独立型のビーチヴィラがあります。ビーチヴィラは8室しかなく半屋外のバスルームが特徴。
オルベリではマリンスポーツも盛んです。ウィンドサーフィンやカタマランなど定番のものからカイトサーフィンやウェイクボードまで揃っています。

  
    
             
     
デラックス
     

ココア・アイランドはバリ島のウマ・ウブドやコモシャンバラ、バンコクのメトロポリタンを手がけるコモ・ホテルズ&リゾーツが作ったモルディブの隠れ家リゾートです。ココアは1周15分ほどの小さな島で、全室1棟独立型の水上コテージからなっています。「ドーニ」がつくカテゴリーの外見は伝統的なモルディブの船をイメージした独創的なデザインです。
ココアの客室はとっても広く天井が高いため開放感に溢れています。床やバリ風家具はダークブラウン、天井や壁、カーテンやファブリックは全てホワイト、ラグやクッションに挿し色を持ってくるなどとってもハイセンス。オーナーの奥様がデザイナーというだけあって、そのセンスの良さは折り紙つきです。お部屋は1階部分に寝室があるドーニスイートのほかに、2階部分が寝室のロフトドーニも人気です。
また、アジアン創作料理を中心としたココアの食事はとっても美味しいと定評があります。その他モルディブに唯一の大きなハイドロセラピープールを備えたスパや、干潮時にパブリックプールの先に続く美しい砂洲は言葉に表せない美しさ。最高級のサービスを提供するためにスタッフはゲストの3倍以上と、温かいおもてなしを体感することが出来ます。美しい砂洲と遠浅なラグーンのイメージがあるココアですが、水上コテージの先にはドロップオフがあるのでシュノーケルを楽しむことも出来ます。

  
    
             
     
ラグジュアリー
     

世界最高峰7つ星ホテルを有するジュメイラグループのモルディブ2軒目のホテルが2011年12月にオープン!
ジュメイラが誇る最新設備とモルディブらしいナチュラルな雰囲気が見事に調和しています。
ジュメイラ・ヴィッタヴェリはおよそ20分程度の小さな島。その敷地の中には100室のヴィラがあり、一番小さなお部屋でも184㎡、全室プール付と贅沢な造り。まさにラグジュアリーと呼ぶにふさわしいリゾートです。
ビーチヴィラのお部屋はL字型にお部屋を囲んだプールと高い塀でプライベート空間を演出。高い塀とおしゃれな調度品をながめているとまるでどこかアラブの国にいるような雰囲気を感じます。
ラグーンヴィラはデッキにあるプール、室内のガラス床、洗面所、バスタブとお部屋のどこにいても海を感じられる造りとなっています。
ジュメイラ・ヴィッタヴェリは、元々は極上のハウスリーフと魚影の濃さでシュノーケラー、ダイバーに人気の「ボリフシ」という名で親しまれていた島を、ハウスリーフの素晴らしさはそのままに全面的に改築したリゾートです。
洗練された大人の雰囲気を醸し出し、デザイン性豊かなBARやレストラン、さらにお食事の内容も最高級。
ラグジュアリーと癒しを求めるお客様にぜひともお勧めしたい、大人のための上質なリゾートです。

  
    
             
     
ラグジュアリー
     

タージ エキゾティカ リゾート&スパは透き通った広大なラグーンに囲まれており、ナチュラルさとエキゾチックさが融合したラグジュアリーリゾートです。 島は1周徒歩約20分で、島の真ん中に立つと両サイドに海が見える細長い形をしています。
タージ エキゾティカの客室は水上コテージがメイン。島に沿って建てられた1棟2室のラグーンヴィラの他に、まるでラグーンに落ちた木の葉のように伸びた桟橋につながったプール付の1棟独立型のデラックスラグーンヴィラがあります。 どのヴィラもヤシ葺き屋根で魅力溢れる伝統的なモルディブスタイルのヴィラ。室内は木とランプが醸し出す温かみのあるやわらかい雰囲気です。バスルームからも海が一望出来るようになっていますが、外からは見えないマジックミラーのようになっているので安心です。

客室のプールでのんびりラグーンを眺めるのもいいですが、タージ エキゾティカでお勧めしたいのがパブリックプール。 水上レストランの近くにあるプールは海に続いているように見えるインフィニティプールで、ここに浸かりながら飲むカクテルは絶品です。
さらにエキゾティカの代名詞といえば評判の食事とスパでしょう。エキゾティカのお食事は朝食からアラカルトスタイルというこだわりよう。 水上レストランは地中海料理が人気です。そしてエキゾティカのスパ、「ジヴァスパ」では本格的なインド式トリートメントを受けることが出来ます。 高級リゾートでありながら堅苦しさはなく、初めての海外旅行でもくつろいだ雰囲気にさせてくれる、タージ エキゾティカはそんな温かみのあるリゾートです。

  
    
             
     
ラグジュアリー
     

タイ発祥のホテルグループ、アナンタラが運営するリゾート。ディグフィノール島の「アナンタラ ディグ」とボドゥフラ島の「アナンタラ ヴェリ」、ナラドゥ島の「ナラドゥ」と3つのリゾートで構成されています。
ナラドゥにご宿泊のお客様は「アナンタラ ディグ」「アナンタラ ヴェリ」含めた全ての施設を利用可能ですが、「アナンタラ ディグ」と「アナンタラ ヴェリ」に宿泊のお客様は、2島間を行き来している無料ボートを利用してお互いの施設を利用可能ですが、「ナラドゥ」へ入ることは出来ません。
「ナラドゥ」は全室スイートタイプで1周5分の小さい島に客室数はわずか19室。ビーチに面したビーチハウス、海に面したオーシャンハウスからなり、ガゼボやプライベートプールも含めると300㎡の広さがあります。客室はいずれもスリランカの別荘のようなコロニアル調の建築で、どこかほっとする雰囲気に。ナラドゥの客室にはバスルームとプールを隔てる壁がなくプールとバスタブもガラスで仕切られているだけという遊び心を感じるデザインです。バスタブに浸かりながらプールを眺めるとまるで一体になったような目の錯覚が!ナラドゥ滞在中は1棟に1名バトラーがつくのも贅沢なサービスです。
もちろんナラドゥの敷地内にはパブリックプールや「リビングルーム」という名のレストランなど施設も充実していますが、ゲストは快適な部屋からほとんど出ないのでパブリックエリアはとても静かだそう。
ナラドゥはおこもりしたい旅慣れたカップルにお勧めしたいリゾートです。

  
    
             
     
スタンダード
     

ビヤドゥはモルディブ屈指のハウスリーフを持つ、ダイバーやシュノーケラーに大人気のリゾートです。ビヤドゥの代名詞ともいえるハウスリーフは7つのパッセージがあり、それぞれが大物や地形、マクロに魚群と違っているので色んな風景を楽しむことが出来ます。ビヤドゥのダイビングは抜群のハウスリーフだけでなく南マーレ環礁屈指のスポットにも近いです。
ビヤドゥの島内はシンプルかつカジュアルでのんびりした雰囲気。ダイビングを終えたダイバーたちがバーで集うのもビヤドゥならではの光景です。ビヤドゥの客室は今の高級リゾートが乱立するモルディブでは少なくなった1棟2階建のアパートメントタイプ。部屋はいたってシンプルですがエアコンや冷蔵庫、 ポットなどの最低限の設備は用意されています。
ビヤドゥはリゾートでのんびりゆっくり過ごすよりも、アクティブにシュノーケルやダイビングを満喫したい方にオススメのリゾートです。

  
    
             
     
スタンダード
     

アットホームな雰囲気に包まれたファン・アイランドは1周20分ほどの細長い島。
長い閉鎖期間を経て2009年に改装、再オープンとなりました。高級リゾートが乱立する中、ファン・アイランドはまるで昔の姿のまま変わらない雰囲気でオープンしました。
ファン・アイランドの客室は1階建ての長屋タイプ。シンプルですがビーチに沿って建てられており、ロケーションが良いです。
ファン・アイランドにはプールなどの施設はありませんが、美しいラグーンを生かしたマリンスポーツが盛んです。気軽にウィンドサーフィンやカタマランなどを楽しむことが出来ます。
ファン・アイランドのビーチは遠浅なためハウスリーフダイブはできませんが、周辺には南マーレ環礁を代表する迫力のダイブスポットがあります。
ファン・アイランドは古くから島でのんびり過ごしたいモルディブリピーターやダイバー、ファミリーに人気の島です。

  
    
             
     

昔ながらのモルディブらしさを残した貴重なリゾートのフィハロヒ。周囲にはリゾートの数も少なく南西部に位置するので真っ白な砂浜と美しいハウスリーフに囲まれている。客室は、クラシックルーム、コンフォートルーム、水上バンガローの3種類。いづれのお部屋もリーズナブルな価格で長期滞在のお客様におすすめです!

  
    
             
     
スーペリア
     

2009年に世界的ホテルチェーンのホリデイ・インに加わり、「ホリデイ・イン・リゾート・カンドゥマ」となりました。
カンドゥマの島内は明るい雰囲気でラジオ局「ラジオ・カンドゥマ」が3番組あるなどユニークなサービスを提供しています。
また、レストランの種類も豊富でバーベキューのセルフサービスやテイクアウトが出来るカフェがあります。
キュートなキッズスペースには個性的なデザインのプールなどユニークで遊び心溢れるカンドゥマ。
ゥマの客室は白を基調に青の挿し色がとっても爽やか。いずれもスタイリッシュにデザインされていますが木材が温かみを感じさせてくれます。
カンドゥマは遠浅でラグーンに囲まれているのでシュノーケルには不向きですが、近くに大物スポットがあるのでダイビングを楽しむことができます。カンドゥマはカップルだけでなく、お子様のための設備が揃っているのでファミリーにもお勧めのリゾートです。

  
    
             
     
スーペリア
     

ヴェラッサル モルディブは以前はラグーナ・ビーチというリゾートで、その名が示すように美しいターコイズブルーの海に浮かんでいます。
ハネムーナー向けに改装を施し、とてもロマンティックに。特にプールは夜になると水中がライトアップされ雰囲気抜群です。
ヴェラッサルの客室もハネムーンコンセプトで、全室キングサイズベッドになっています。
ヴェラッサルの水上カテゴリーは2種類、水上バンガローは80平方メートルでモルディビアンスタイルです。 お勧めは島の西側にある水上ヴィラで、広さは112平方メートル、モダンなインテリアのお部屋はベッドルーム前のガラス窓が広くとても明るく開放的です。
また、ヴェラッサルのスパは水上にあり波を音を聞きながら施術を受けることが出来ます。
そして以前からお食事に定評があったヴェラッサルはレストランが4箇所と充実。特に日本食もあるのもうれしいですね。

ページのトップへ

ガーフアリフ環礁

  
    
             
     
ラグジュアリー
     

モルディブに2軒のリゾートを有するジュメイラグループがオープンしたジュメイラ・デヴァナフシは、手付かずの珊瑚礁が広がるガーフ・アリフ環礁に位置します。リゾートはビーチヴィラのある島の部分と、水上ヴィラのあるエリアとは桟橋でつながっておらず、ボートでの移動となります。 客室は一番小さなお部屋でも200平方メートルもある全室スイートルームタイプで、24時間のバトラーサービスもあります。 各国からのセレブも訪れるジュメイラ・デヴァナフシは、ハネムーンなどでラグジュアリーな休日を過ごしたい方にぴったりのリゾートです。

  
    
             
     
ラグジュアリー
     

2009年にオープンした、人気のラグジュアリーリゾート、アリラ・ヴィラズ・ハダハアが世界的ホテルグループ、パークハイアットとして再オープン!
パークハイアットモルディブハダハァは世界でも有数の広さと深さを誇る環礁であるガーフ・アリフ環礁に浮かぶ静寂に包まれた熱帯の島、ハダハァ島にあり、自然と共存するリゾートを目指した究極のエコ・ラグジュアリー・リゾートです。
スタイリッシュでありながらも自然に溶け込む居心地のよいパークハイアット・モルディブ・ハダハアでは、抜群のハウスリーフを持つ極上リゾートでゆったりと流れる時間に身をゆだね、心ゆくまでモルディブの自然を満喫することができます。

  
    
             
     
ラグジュアリー
     

ザ・レジデンス・モルディブは、世界最大かつ最も深い環礁、ガーフアリフ環礁にあるファルフマーフジ島オープンしたラグジュアリーリゾートです。
マーレからは国内線で55分、その後ボートに乗り換えて約7分で到着します。(2012年に新空港がオープンし、国内線空港からリゾートまでの距離が大変近くなりました。)
客室は全てヴィラタイプ。どのお部屋でもバトラーサービスがあります。レストランは2軒あり、モルディブならではのシーフードなどを楽しむことが出来ます。

  
    
             
     
デラックス
     

モルディブの南、ガーフアリフ環礁の白い砂浜とラグーンに囲まれた島にロビンソン・クラブ・モルディブが2009年にオープンしました。
ロビンソン・クラブ・モルディブはドイツのクラブリゾート「ロビンソン・クラブ」が始めてアジアに進出したリゾートで、クラブリゾートならではの明るい雰囲気とフレンドリーなサービスを提供しています。
美しい珊瑚礁とエキゾティックな海の生物に囲まれたロビンソン・クラブは、オールインクルーシブリゾート。滞在中のお食事と一部飲物、グループアクティビティが含まれています。
ロビンソン・クラブの客室はガーデンヴィラやビーチヴィラ、ラグーンヴィラなどからなっていますが、いずれも白と茶色を基調にしたナチュラルな造りとなっています。
ロビンソン・クラブのお食事は場所と内容が豊富でロケーションを変えて楽しむことが出来ます。メインレストランのテーブルは8人用になっておりゲストとスタッフが一緒に食事が出来るフレンドリーな環境を生み出しています。もちろん恋人と2人で食べたい方や家族とリラックスして過ごしたい方用に2~4名の席もあります。
ロビンソン・クラブはクラブリゾートならではでアクティビティも豊富。ライブイベントやゲームや映画上映などのエンターテイメント、ヨガやアクアビクス、全て透明で出来たカヌーなどを楽しむことが出来ます。
ロビンソン・クラブはクラブリゾート好きやグループ、アクティブに過ごしたい方にお勧めのリゾートです。

ページのトップへ

ダール環礁

  
    
             
     
デラックス
     

バンヤンツリーグループの手がけるアンサナ ヴェラーヴァル。
ヴェラーヴァルとはモルディブの現地語でカメの島という意味です。モルディブらしさの中にアンサナの得意とするビビッドな色使いを取り入れたスタイリッシュなリゾートです。
ヴェラーヴァルはアンサナブランドとしては初となる水上ヴィラを持ちます。水上ヴィラは完全独立型で、ビーチヴィラがある島から1kmほど離れて建てられています。 ギリ・ランカンフシやメドゥフシなどにも完全独立型の水上ヴィラはありますが、これは1棟が島から少し離れた場所に建てられている形。ヴェラーヴァルの場合は30室もの水上ヴィラが桟橋でつながり、 レセプションやスパ、レストランなどもある「インオーシャンヴィラ」となっているのが大きな特徴で、そこはさながら別のリゾートのような雰囲気です。水上ヴィラの客室は全室2階建てのプールとハンモック付き。 スタンダードなものでも客室の広さは175㎡あり、プールは21㎡とかなりの大きさ。2階部分はオープンエアのデッキとサラ(野外パビリオン)が付いています。ビーチヴィラは巻貝のような形で白い壁に藁葺き屋根のコテージでとってもかわいらしく、ジャグジーやプライベートプールが付いた客室もあります。
そしてヴェラーヴァルといえばもちろんスパ。「アンサナ スパ」の技術は申し分なく、インオーシャンヴィラに宿泊の場合は各部屋のサラで受けることが出来ます。

  
    
             
     
デラックス
     

サファイヤブルーの海に囲まれ透明感が高いと評判の「ヴィルリーフ ビーチ&スパ」。南マーレ環礁にあるオルベリと姉妹リゾートですが、オルベリは砂洲に囲まれた美しいラグーンが有名なのに対し、ヴィルリーフは魚影の濃いハウスリーフが自慢です。白くフカフカの砂と緑豊かな椰子の木に囲まれた島はナチュラルでほっとした雰囲気に包まれています。
サンゴを積み上げた白い壁のビーチヴィラは、巻き貝をかたどったスパイラルな屋根が印象的。 またシャワーは半屋外にあり、バスタブはオープンエアで星を眺めながらのバスタイムも楽しみです。ヴィルリーフで1番人気の高いお部屋はジャグジー付き水上コテージ。1棟独立型でバルコニーにはジャグジーが付き、室内はアジアン調でまとめられおしゃれな雰囲気です。またハネムーン水上コテージは部屋も広くサンセット側に建てられており、とてもロマンティック。
ヴィルリーフのスパは「サン スパ」でアーユルヴェーダも体験できます。また、ヴィルリーフにはメインレストランとサンセットレストランの2箇所があり、モルディブ料理やアジア料理、タイ料理などが楽しめます。

  
    
             
     
デラックス
     

2012年3月にダール環礁にオープンした「ニヤマ・モルディブ」は水中スパで知られる ”フヴァフェンフシ”の姉妹リゾート。
進化し続けるモルディブの最新リゾートにはユニークな施設がたくさん。
海の中を眺めながら世界的なDJの音楽が楽しめる、世界発の水中クラブや、 24時間オープンでいつでも好きな時に利用できる、スパとジム。
ボートで行く水上レストランや、モルディブでは珍しいアフリカ料理が楽しめるレストラン、 そして、ニューヨークのデリをイメージした「The Deli」では、サンドイッチやサラダ、ホームメイドのアイスクリームなどがテイクアウトが可能。お部屋やビーチなど、お気に入りの場所で、気軽にお食事が楽しめます。
全86部屋の客室は、緑に囲まれながらもビーチまですぐのビーチストゥディオと、美しいインド洋の眺めが広がるプール付きの水上ストゥディオ。いづれもスタイリッシュでラグジュアリー感溢れる部屋です。
各部屋にはipadが用意されていたり、ブレスレット型のルームキーなど遊び心あふれる要素がたくさん。 フヴァフェンフシ同様「タクル」とよばれるバトラーサービスなど、リゾートでの滞在をより楽しめる最先端の施設&サービスが満載です。
島全体にWifiが行き届いているため、インターネットの接続には困ることもありません。 「ニヤマ・モルディブ」はナチュラルさと都会的な雰囲気を兼ね備えた新感覚のリゾートです。

ページのトップへ

目的地別海外ツアー情報

STWスタッフは「Travel + Emotion」を合言葉に、お客様のご期待を上まわる旅のプロデュースし、海外ツアーのプロフェッショナルとして、幅広く、豊富な知識を身につけるために努力いたします。
海外旅行の専門知識を習得した各種スペシャリスト資格保持者や豊富な渡航経験を持つスタッフが、お客様に感動して頂ける旅のご案内をさせていただきます!

ヨーロッパ
フランス旅行 イタリア旅行 スペイン旅行 イギリス旅行 ドイツ旅行 マルタ旅行 ポルトガル旅行 ギリシャ旅行 北欧旅行 フィンランド旅行 スウェーデン旅行 ノルウェー旅行 中欧旅行 チェコ旅行 オーストリア旅行 ハンガリー旅行 ポーランド旅行 クロアチア旅行 オランダ旅行 ベルギー旅行 スロヴァキア旅行 スロヴェニア旅行 ボスニア・ヘルツェゴビナ旅行 ブルガリア旅行 ルーマニア旅行 マケドニア旅行 アイスランド旅行 スイス旅行 デンマーク旅行 ロシア旅行 バルト三国旅行 ヨーロッパ旅行
中近東&アフリカ
ドバイ他UAE旅行 トルコ旅行 モロッコ旅行 エジプト旅行
ケニア旅行 チュニジア旅行 マダガスカル旅行
南部アフリカ旅行 ヨルダン旅行 イスラエル旅行
アジア
タイシティ旅行 タイビーチ旅行 マレーシア旅行 バリ島他インドネシア旅行 フィリピン旅行 アンコール遺跡カンボジア旅行 ベトナム旅行 ラオス旅行 香港旅行 シンガポール旅行 インド旅行 スリランカ旅行 ネパール旅行 ブータン旅行 台湾旅行 韓国旅行 中国旅行 九寨溝旅行 ハイナン島旅行 マカオ旅行 ミャンマー旅行 モンゴル旅行
アジア旅行特集 沖縄旅行 日本国内旅行
インド洋&南太平洋
モルディブ旅行 タヒチ旅行 フィジー旅行
ニューカレドニア旅行 オーストラリア旅行
ニュージーランド旅行 バヌアツ旅行 モーリシャス旅行
セイシェル旅行 パプアニューギニア旅行 クック諸島旅行
太平洋
ハワイ旅行 グアム旅行 サイパン旅行 パラオ旅行
ミクロネシア旅行
北米・中南米
アメリカ合衆国旅行 アラスカ旅行 カナダ旅行
メキシコ旅行 カンクン旅行 キューバ旅行
バハマ・ジャマイカ・アンギラ他カリブ旅行
ペルー旅行 ボリビア旅行 ブラジル旅行
アルゼンチン旅行 チリ・イースター島旅行
グアテマラ旅行 ベネズエラ旅行 コスタリカ旅行
ガラパゴス諸島旅行 コロンビア旅行 ベリーズ旅行
ページのトップへ