青の洞門へ | マルタの旅行記

支店
渋谷
新宿
横浜
銀座
名古屋
大阪
福岡
札幌
広島

青の洞門へ

エリア
マルタ
/マルタ
テーマ
街歩き
時期
2010/3/16~2010/3/16
投稿日
2010/3/27
投稿者
河野 幸子

カプリ島の青の洞窟は有名ですが、マルタ島にも青の洞窟ならぬ青の洞門があるのはご存知ですか?カプリ島の青の洞窟と違って海の上で待つこともなく、いくつかの洞門をめぐるのでいろいろな海の色を楽しめるおすすめスポットです。

  • 青の洞門への行き方

    ヴァレッタからは138番のバスで約40分(1.16ユーロ)。青の洞門近くのバス停でおりてから坂道を下って小船の出る場所まで行きます。道端には可愛らしいお花が咲いていたり・・・。

  • 小舟の出発地点も美しい青

    坂道を10分くらい下っていくと、小舟のチケット売り場にたどりつきます。チケット(7ユーロ)を買って小舟に乗り込みます。この小舟乗り場でもすでに神秘的な青です!

  • 小舟でめぐる洞門

    約20分間の青の洞門ツアーに出発!!

  • 神秘の青ギャラリー①

    エメラルドグリーンや淡いブルー、洞門に光が注がれて海がキラキラと光っています。感動的な神秘のブルー!

  • 神秘の青ギャラリー②


  • 神秘の青ギャラリー③


  • 神秘の青ギャラリー④


  • 断崖絶壁からの眺め

    天候や波の状態によっては小舟が出ないことがあります。それでも崖の上からのぞく青の色は美しく、小舟に乗れなくても訪れる価値ありです。

  • 青の洞門から近くの神殿へ

    青の洞門の近くにはハジャー・イム神殿とイムナードラ神殿があります。頑張れば歩いて移動できる距離ですが、上り坂なのでタクシーを利用しました(約3分/5ユーロ)。タクシーは交渉制で最初10ユーロといわれましたが5ユーロまで下がりました。地球の歩き方のクチコミには1ユーロまで下がったとありましたが5ユーロが限界でした。ハジャー・イム神殿とイムナードラ神殿は共通のチケットで9ユーロです。写真左はハジャー・イム神殿、イムナードラ神殿へは海の方へ草木の中をすすんでいきます(写真中央)。白いカバーは酸性雨から守るためのもの(写真右)。

  • バスでの移動は少し大変・・・

    ハジャー・イム神殿の前のバス停には1時間に1本ほどしかバスが来ません。この時はタイミングよくすぐにバスが来ましたが、すぐに来ないと長い時間待つことになります。青の洞門やハジャー・イム神殿の近くにはタクシーが止まっていることがあり、運がよければタクシーに乗ることができます。

    青の洞門やハジャー・イム神殿に行く日は、できればその後マルサシュロックにも訪れたいところ。バスはヴァレッタ経由となってしまいますので、効率よく短時間でめぐるにはオプショナルツアーの参加や専用車をオーダーしていただくのがおすすめです!

  • カプリ”青の洞窟” VS マルタ”青の洞門”

    カプリ島の”青の洞窟” とマルタ島”青の洞門”どちらがおすすめですか?ハネムーナーのお客様からご質問をいただき「うーん。。。」しばらく考えてしまいました。。。どちらも本当におすすめなのです!カプリ島の”青の洞窟”は1つの洞窟にしか入りません。しかもその洞窟の入り口は小さくて小舟の中で寝そべらねばなりません。そんな風にして入った洞窟の中で外からのわずかな光を受けて光っている海の色、これは本当に神秘的!一方で、マルタ島”青の洞門”はボートで数ヶ所の洞門をめぐります。洞門によって異なる青の色を楽しめます。「同じ海なのに、こんなに色が変わるものか」と感動しました。青の色が本当に美しくてじーんと心に残りました。小舟に乗っている時間は20分くらい。ディズニーランドのアトラクションに乗っているようで楽しいですよ!もし迷われた方・・・イタリアとマルタを周遊して一度の旅行で2つの青の洞門に訪れることもできます!!ぜひぜひご相談ください。※ご参考までにこの写真はカプリ島の”青の洞窟”です。

スタッフおすすめ!お得ツアー

【座席数限定】<弾丸旅>成田夜発マルタには翌日午前着で滞在時間もたっぷり!街歩きやショッピングに便利なスリーマ地区<プラザ>指定マルタ島5日間

成田発

【座席数限定】<弾丸旅>成田夜発マルタには翌日午前着で滞在時間もたっぷり!街歩きやショッピングに便利なスリーマ地区<プラザ>指定マルタ島5日間

日数:5日間  
旅行代金:61,300円~246,300ツアーはこちら