★地中海クルーズ★MSCクルーズ☆ファンタジア号に乗船してきました♪ | スペインの旅行記

支店
渋谷
新宿
横浜
名古屋
大阪
福岡
札幌
広島

★地中海クルーズ★MSCクルーズ☆ファンタジア号に乗船してきました♪

エリア
バルセロナ
/スペイン
テーマ
クルーズ
時期
2012/10/19~2012/10/22
投稿日
2012/11/10
投稿者
佐々木 佳苗

自分には手に届かないかと思っていた、クルーズ旅行を体験してきました!  
 
クルーズと言えば、私が想像してしまうのが、映画『タイタニック』!!  
豪華でドレスを着て、王室の人たちが乗るようなもの!と勝手にイメージをしてました。

 
興味はあっても勝手なイメージから、大きな壁を作ってしまっていました・・・。
視察とは言え、クルーズ初体験のルンルン♪気分で参加してきました。  
 
クルーズ初心者ならではの、出港から下船までをご紹介いたします!
今回、私が乗船したクルーズは・・・『MSCファンタジア』   

 
※航路※ バルセロナ乗船→マルセイユ→ジェノバ→ナポリ下船
(今回は、体験ということもあり、通常8日間のクルーズの4日間を乗船しました)

 
写真:『MSCファンタジア号
★客室数:1,637室
★乗客定員:4,363名
★乗組員数:1,370名
★総トン数:137,936トン
★初就航:2008年12月

  • ~バルセロナ市内から港ターミナルまで~

    バルセロナのクルーズターミナルには、
    ブルーバスを使って行く方法と、タクシーと2種類。
     
    ①ブルーバスを利用
    バルセロナの繁華街『ランブラス通り』から、
    海の方向へ行くと『コロンブスの塔』があります。

     
    ランブラス通りを背にして、コロンブスの塔の右側へ進んで行きます。
    2分ほど行くとまさに名前の通り、青色のバスが待っています。
     
    15分~20分に1本ほど運行しています。
     
    値段もお手ごろで片道:2.50ユーロ(往復:3.50ユーロ)。
    乗車時に運転手さんへ支払います。
     
    5分くらいすると、ターミナルへ到着。
    ターミナルの外にスーツケースなどの大きな荷物を預けるカウンターがあります。
     
    乗船日の朝からオープンしてるので、
    早めに預けておけば、チェックイン時まで市内観光も楽しめます。
     
    ②タクシーを利用
    大きな荷物があると、やっぱり楽なのはタクシーです。
    市内からでも10ユーロほどで行けるので、便利です。
     
    私はサグラダファミリア付近のホテルに宿泊していたので、
    そこから9ユーロでターミナルへ行けました。
    所要時間も15分ほどです。
     
    バルセロナのタクシーは、メーターが必ず付いているので安心です。
     
    ■写真左:コロンブスの塔
    ■写真中:ターミナルB。このターミナルから出発でした。
    ■写真右:ターミナル内は、とても広々。

  •  

    ■写真左:コロンブスの塔を背にして、右へ進んで行くと3分ほどで乗り場が見えてきます。
    ■写真中:ブルーバス。前から乗車してその場で支払います。
    ■写真右:タクシー。運転手さんの右手横にあるのがメーターです。

  • 時間に余裕を見てチェックインをしましょう!

    ターミナルに到着すると、入り口前に係員がいますので、
    そちらでスーツケースなど大きな荷物を預けます。
     
    ※ちなみに・・・11時くらいから預けることが出来るので、
    早めに港に到着したけど、市内観光したい方などは、
    大きな荷物だけ先に預けて、チェックインの時間に戻ってくるということも可能です。

    入り口を超えてすぐにセキュリティーを通過すると、チェックインカウンターがあります。

    チェックインの際は、パスポートとバウチャーを出します。
    セキュリティーのため、写真を撮られるので素敵な笑顔で写りましょう。
     
    船上で利用した追加の支払いをカード払いにする場合は、
    ここでクレジットカード登録をすることをお勧めいたします。

    カード登録をしない場合は、デポジットの支払いが必要です。
     
    パスポートもここで預けます。下船時に戻ってきますのでご安心を。
    カード登録、パスポート預けのレシートをもらうので、
    下船時まで大事に保管いたしましょう!!
     
    チェックインの手続きが終わると、
    今後、クルーズ中にお世話になるカードをもらいます。
    このカードが部屋キーになり、追加支払い時のクレジットカード役になります。
    寄港地での下船、乗船の際にも必要です。 

    そして、このカードに夕食の場所、時間も記載があります。
    (時間は、1STシーティングか、2NDシーティングの表記です。)
     
    チェックインを終えると、乗船時間までは自由ですので、
    免税店でお買い物もできます。


    ■写真左:チェックインカウンター
    ■写真中:クルーズIDカード(肌身離さず持ち歩きます)
    ■写真右:ターミナル内お土産屋さん、免税店

  • いよいよ乗船です♪

    船まで伸びている通路を進み、いざ!乗船です。
     
    早速、入り口でIDカードを提示。
    バーコードで情報確認されます。さっき撮った写真も画面に出てきます。
     
    先ずは何も見ずに部屋へ。
    今回、私が宿泊出来たのは・・・『バルコニー付きキャビン』。
     
    やっぱり外が見えるのは、いいですね!
    手荷物だけ置き、すぐに日本人スタッフによる『乗船説明会』を受けました。
    クルーズにもよりますが、日本人スタッフが乗船していると、
    日本語で乗船説明が受けられます。
     
    ※乗船説明会がない時は、代わりとなるレターが部屋に入ります。
     
    説明会の他にも、『デイリー新聞』日本語版が毎日お部屋に届きます。
    これは、毎日の寄航地発着時間やイベント情報、お知らせが記載されています。
    この案内書を確認しないと、情報がつかめませんので、
    日本語がない場合でも、頑張って英語を読みましょう!!
     
    出港して間もなく・・・緊急時のための避難訓練が行われます。
    大きなシアターで説明を聞いた後に、実際に非難経路をグループごとに辿ります。
     
     
     
    ■写真左:レセプション前のラウンジ。階段は、スワロフスキーがぎっしりと詰まっています!
    ■写真中:乗船していた日本人スタッフによる『乗船説明会』
    ■写真右:乗船客全員参加の避難訓練。各自、ライフジャケットを持参してしっかりと講習を受けます。

  •  

    ■写真左: バルコニー付キャビン。こちらの部屋で3泊お世話になりました。
     朝、バルコニーのイスに座って、外を眺めるのがとても気持ちいい!
    ■写真中:ラッキーなことに、私のお部屋にはバスタブが付いていました。
    ■写真右:毎日お部屋に配られる『デイリー新聞』です。これをしっかりと読むとクルーズライフが更に楽しめます♪

  • 待ちにまった夕食です。フルコースを楽しめます。

    16時ごろに乗船してから、説明会や避難訓練と、あっという間に夕食の時間です。
     
    私は1stシーティングで予約となっていたので、18時30分スタート。
    レストランは、『チェルキオドーロ』
    夕食だけは、先に説明しましたIDカードに記載のシーティング、レストランへ時間通りに向かわなければなりません。
     
    2つのレストランで2回の振り分けで、数千人が食事をすると考えると、
    これは、遅刻などしたら大変です!!
     
     
    席も事前に振り分けられておりますので、誰が来ていないかバレてしまいますので、
    夕食前は早めの行動をお勧めいたします。
     
    この『チェルキオドーロ』は、とにかく辿り着くまでに大変です。
    デッキ6にありますが、一度デッキ7へ行ってから、
    近くの階段でデッキ6へ向かいます。
     
    初日ということと、とにかく予想以上に広い船内で、
    10分ほど迷ってしまいました・・・。
     
    コースメニューから、好きなものをチョイスするタイプです。
    既に旅行代金に含まれているので、選びたい放題です!
     
    こうなると欲張ってしまうのが、私のいつものパターン・・・。
    3日間で何キロ太れるか(笑)

    この日は、週に2回ほどある『ガラディナー』の日でした♪
    ガラディナーの日は、ドレスコードもフォーマルになるので、
    パーティードレスを持っていくと、雰囲気にも合います。
     
    ガラディナーとは・・・クリスマスイブや大晦日など特別な日に提供される特別なディナーのことです。クルーズでは、10日間くらいのプラン中2回ほどあります。
     
    ■写真左:レストラン『チェルキオドーロ』
    ■写真中:アスパラガスクリームスープ
    ■写真右:前菜スモークカジキのディルマリネ

  •  

    ■写真左:海老のハーブ焼き
    ■写真中:ホタテ貝とズッキーニのリゾット
    ■写真右:ガラディナー スペシャルケーキ

  • ~お楽しみ~夜は毎晩ショーが行われます。

    クルーズ内であることを忘れてしまうくらいの大きさの大劇場で、
    毎晩、夕食後の時間に合わせてショーが行われます。
     
    30分ほどのショーですが、ダイナミックなものシックなものと
    普段ショーに興味がない人でも楽しめるはず!
     
    写真左:シアター入り口
    写真中:1日目のショー『TRIBUTE』
    写真右:2日目のショー『ZORRO』

  • ~お楽しみ~夜はまだまだ終わりません・・・

    さすがイタリアのクルーズです!
     
    ショーが終わって20時過ぎから、これからが盛り上がり時です。
    ビンゴ、ダンス、パーティー、カジノ、バーなどなど夜中の2時ごろまで続きます。

    ファンタジア号は、バー&ラウンジが16種類もあります★
    コンセプトがそれぞれにあり、ワインバー、コーヒーバー、スポーツバー、
    マティーニバー、ビールバーなどなど。
     
    お酒好きには、これからが楽しい時間帯ですね!
     
    ■写真左:リピーターパーティーに潜入しました。
     MSCクルーズを以前にも利用したことがある方が招待されるというパーティーです。
    ■写真中:バーは21時過ぎから混み合います。
    ■写真右:カジノ・・・お財布からお金を出さない分、どんどん使ってしまいそうで怖いですね・・・・。
     せっかくなので10ユーロだけ遊んでみました。

     

  • クルーズのおススメポイント★

    クルーズを体験して、実感したことNO1のポイントは、
    何といってもゆったり眠って、朝には次の街に到着することです。
    今回の寄港地は、マルセイユ、ジェノバ、そして下船のナポリ。
     
    寄港地に到着時の過ごし方はさまざまです。
    船の中でゆっくり過ごすも良し!、外に出て街歩きするも良し!、
    エスクスカーションに参加するも良し!、
    約8時間くらい寄港していますので、ゆっくり起きて昼から外に出るもお勧めです。

    ■写真左:クルーズから眺めた寄港地:ナポリ
    ■写真中:エクスカーションデスク・・・こちらで寄港地でのオプショナルツアーの紹介や申込みを受け付けております。
    ■写真右:寄港時の出口を探す際は、この『EXIT』を目印に!

  • ☆寄港地☆マルセイユ

    マルセイユは、フランスの中でも治安が悪い方と聞いていたので、
    初の寄港地だし、臆病になりツアーに申し込みをしました。
     
    申込みをしたツアーは、『アヴィニヨンとマルセイユ観光』。
    大人1人:77ユーロで参加が出来ます。(2012年10月)
     
    残念ながら日本語のガイドはありませんが、
    英語、ドイツ語、フランス語、イタリア語がありますので、
    英語が何とな~~く分かれば大丈夫です!
     
    集合時間などだけでも聞ける英語力があれば、楽しめると思います。
    (説明を詳しく聞きたいという方には、英語力が必要です)
     
     
    ■写真左:エクスカーションへ申込みをすると、番号ごとにバスへ振り分けられます。
    ■写真中:マルセイユの街を高台から眺めました。
    ■写真右:アヴィニヨンにて、せっかくのフランスだし!ムール貝。
     
     

  • ☆寄港地☆ジェノバ

    ジェノバと言えば・・・ジェノベーゼ!!
    私の大好物なパスタの味付けでございます☆
     
    絶対に食べてやる~~という思いで、この日はツアーには参加せず、
    一人ぶらり旅をしてみました。
     
    ターミナルを出ると、ホップオンバス(市内観光バス)が2社、
    呼び込みをしておりました。
     
    移動手段にも使えるので、早速購入しました。
    先ずは、街1周を日本語テープガイドを聞きながら、ジェノバの街を巡ってみました。
    ジェノバの街並みは、何だか気に入ってしまいました。
     
    ただ・・・日曜日ということがあって、
    お店がほとんど閉まっており、念願のジェノベーゼに辿り着けず、
    午後に船に戻りました。

    ■写真左:ジェノバのクルーズターミナルは、立派な建物でした。
    ■写真中:ホップオンバス
    ■写真右:ジェノバ市内。日曜日だからなのか、人も少なく寂しい雰囲気が。


  • 下船までの流れ

    あっという間に3泊のクルーズライフも最終夜。
     
    下船するまでに前日の夜から、いくつかやっておくことがあります。
     
    ①スーツケースなど大きな荷物をまとめる。
    前日の夜にスーツケースは、部屋の前に置きます。
    夕方までに下船についてのレターが部屋に入ります。
     
    そこに指示されている時間までに、廊下に出しておく必要があります。
    今回は、25時までに出しておくような指示がありました。
     
    レターと一緒にタグも配られるので、名前と部屋番号を書いて、
    スーツケースに付けておきます。
     
    ※翌朝まで使う服や洗面道具などの入るバッグを持参しましょう。
    下調べのなかった私は・・・買い物袋に入れるという恥ずかしい状態になりました(笑)
     
    ②下船の朝、精算をする。
    クルーズ内で使った金額を下船までに精算します。
    前日に明細が入るので、内容を確認してサインをします。
     
    クレジットカードの登録をしておくと、サインをした明細をレセプションへ
    渡すだけですので、とっても簡単です。
    あとは、後日カードから引かれるだけです。
     
    カード登録していないと、朝から長蛇の列に並ばなければなりません・・・。
     
    ③パスポートの受け取り
    チェックイン時に預けているパスポートを受け取りに行きます。
    この時に引き換えのレシートが必要になります!!
     
    ④集合場所へ向かう
    下船時の混乱を避けるために、数十名ごとにグループ分けをされています。
    スーツケースもそのグループごとに運ばれるので、タグが色分けされています。
     
    各集合場所へ指定された時間に集まり、下船をするようになっています。
     
    これでやっと、下船です。
    前日の夜から下船までは、時間の指定もあり忙しくなります。
    お土産などは、それよりも前に買っておきましょう!!
     
    ■写真左:下船の順番が来ると、画面に色分けグループの番号が出ます。
    ■写真中:MSCロゴショップにあるキャラクター。つい買ってしまいました。
    ■写真右:船を下りると、出口までの標識があるので、辿っていきましょう。

  • 思いっきりクルーズにハマりました!

    実際に参加してみて、リピーターが多いということが分かりました!!
     
    ヨーロッパを数カ国、陸地で周遊するのと同じくらいの額で、
    クルーズがこんなに楽しめるのであれば、私はクルーズ一押し!!
     
    毎回の荷物まとめもなく、日中に移動時間を取られず、
    次の都市へ辿り着けるこの快適さ☆
     
    エンターテイメント、食事、ジム、バーなど充実した環境で、
    こんなにゆったり出来る旅は他にはありません!!
     
    日本でももっと身近なものになるよう、
    これからもたくさんの情報を配信していきたいと思います!
     
    ヨーロッパ周遊にも楽ちん、安心に旅の出来るクルーズ、
    学生様、女子旅、ハネムーン、ファミリー・・・
    皆様に大変おススメです!!
     
    お気軽にご相談くださいませ。

スタッフおすすめ!お得ツアー

<ギリ割>2泊5日!弾丸旅♪◆関空夜発◆短い期間でも行きたい!自由気ままにバルセロナを楽む★料金重視のお手軽フリープラン5日間

大阪発

<ギリ割>2泊5日!弾丸旅♪◆関空夜発◆短い期間でも行きたい!自由気ままにバルセロナを楽む★料金重視のお手軽フリープラン5日間

日数:5日間  
旅行代金:50,800円~80,800ツアーはこちら