国旗

ドイツ

海外旅行・ツアーTop > ドイツの海外旅行・ツアー > ドイツ エリア情報 > フランクフルト旅行

フランクフルトFrankfurt

フランクフルトのツアー

マイン川の流れるフランクフルトは、ドイツ商業、金融の中心地で街の中心部に建ち並ぶ高層ビルはほとんどが銀行や証券会社の建物です。中世、神聖ローマ帝国皇帝の選挙や戴冠式などの重要な儀式も行われている街でもあります。文豪ゲーテの生まれた街でもあり、中心部には『ゲーテ像』が建ち、市民は大変誇りに思っています。周辺の街、ケルンやボンの観光やライン川クルーズの中継地となるためフランクフルトはドイツ観光における重要な街です。

フランクフルト

フランクフルトのお得なツアー

ページのトップへ

フランクフルトのみどころ

  • 魅惑的な銀行街

    魅惑的な銀行街 経済動脈の中心地フランクフルトの高層ビル群は、特にマイン河畔からよく見えます。高さ200mのマインタワーの展望台からは、眼下に広がる街並みとマイン川からタウヌスの山々の展望が楽しめます。高層階のレストランやバーで一休みしませんか。

  • レーマーベルクと市庁舎(レーマー)

    レーマーベルクと市庁舎(レーマー) ドイツならではの木組みの家々が並ぶ中心街は、都市計画の一環として1986年に再建されました。角のグローサー・エンゲルは17世紀にフランクフルトで始めて創設された銀行です。14世紀に建てられたかつての都市貴族の建物は3つからなっていて、どれも切妻のゴシック様式、人目を引く正面玄関が有名。フランクフルトのシンボルです。歴史的な建物、市庁舎は今のところ市長が所有しています。

  • パウルス教会

    パウルス教会 パウルス教会は1789年から1833年にかけて建てられ、ドイツの自由と民主主義の象徴とされてきました。1848年には第1回ドイツ国民会議がこの教会で開催され、今日のドイツ憲法の草案が生まれました。第2次世界大戦の後再建されてからは、宗教上の目的では使われなくなり、ドイツの民主主義の発祥地としての役割を担っています。現在は政治や文化などの授賞式などが行われています。

  • ゼンケンベルク研究所/自然博物館

    ゼンケンベルク研究所/自然博物館 ゼンケンベルク博物館が、そのワッペンに載っている恐竜トリケラトプスで有名になったのは確かでしょう。しかし、この博物館はもっと多くのことを紹介しているのです。トカゲ、鳥、魚の他にエジプトのミイラや光る宝物もあります。ゼンケンベルク映画館では、開館時間中、博物館のテーマについての様々な短編映画を見ることができます。常設展示の他、特別展示もあり、定期的にガイド、講演、研究報告も行っています。聖金曜日、12月24日、12月31日、1月1日休館。

  • シュテーデル美術館と市立ギャラリー

    シュテーデル美術館と市立ギャラリー シュテーデル美術館はドイツで最も重要で有名な美術館の一つです。ここフランクフルトの博物館街の中心では、7世紀にわたるヨーロッパの芸術を素晴らしい多様性の中で紹介しています。シュテーデルは月の第一木曜日に、“アート・アフター・ワーク”を行っていて、夜の8時以降も開館しています。公開ガイドは無料。美術作品を選択して案内する短時間のガイドツアーではシュテーデルとそのコレクション、そして特別展示を廻ります。ご希望の場合はお申し込みください。毎週月曜日、12月24日、12月31日休館。

  • 対話博物館

    対話博物館 フランクフルトの対話博物館では何も見ることができません。その代わり、聞くこと、感じること、匂いを嗅ぐこと、味わうことが可能です。ここでは、何も見えなかったらどのように周りの環境を感じ取るのか、を体験します。このようにして、普段の日常的なことが特別な発見になり、自分自身を振り返らせてくれます。一人きりにさせられることはありません。目の不自由なガイドが、目の見える人々を“暗闇での対話”の展示の中をご案内します。毎週月曜日休館。ご来館には事前の申し込みが必要です。またガイドが付きます。

  • フランクフルト・ユダヤ博物館

    フランクフルト・ユダヤ博物館 フランクフルトのユダヤ博物館は1812年から1824年かけて建てられたロートシルト宮殿内にあります。ユーデンガッセ通りにある博物館の分館と共に、展示ではフランクフルトのユダヤ人社会の歴史と社会的、宗教的生活を紹介しています:12世紀のユダヤ人入植の始まり、1945年後のフランクフルトのゲットーの終結、及び1945年以降のユダヤ人社会の社会的受け入れと新スタートなど。ユダヤ人の習慣と祭礼器具は、シナゴーグ、家、個人と共同体の生活における日常と宗教儀式がどんなものなのかを物語っています。両方の建物で定期的に企画展示が行われ常設展示の内容を深め、補足しています。毎週月曜日、聖金曜日、イースターの月曜日、5月1日、聖霊降臨祭の日曜日は休館。

  • フランクフルト・博物館河岸

    フランクフルト・博物館河岸 フランクフルト・ザクセンハウゼンのマイン川河岸、アイゼルナー歩道橋とフリーデンス橋の間に博物館河岸があります。博物館河岸、フランクフルトの芸術・文化街には13個の異なった名のある博物館があり、ドイツとヨーロッパの博物館の中で最も重要な拠点の一つです。マイン川の両岸の独特な文化施設があることにより、フランクフルトは芸術愛好家の間で高い評価を得ています。博物館河岸は、例えば、8月最後の週末にある博物館河岸祭りや毎年春に開催される博物館の夜といった多くの文化イベントの舞台にもなります。

  • フランクフルト歴史博物館

    フランクフルト歴史博物館 シュタウファー朝時代(1120年頃)のかつてのザールホーフ礼拝堂はフランクフルト旧市内で最古の建物で、歴史博物館の一部です。ここにはフランクフルトが年代順に映し出されています。レーマーベルクにある歴史博物館は、1878年から約60万点の市の歴史に関する展示品や美術品を収集しています。美術品の多くは絵画と版画、繊維製品のコレクション、コインの陳列室、手工芸品や昔のおもちゃのコレクションなどで、博物館を多彩なものにしています。毎週月曜日休館。

  • フランクフルト・ドイツ建築博物館

    フランクフルト・ドイツ建築博物館 1984年に開館したドイツ建築博物館は古い二軒立てのヴィラの中にあり、フランクフルト・アム・マインの建築センターです。建築というテーマだけに集中しています。建物の中心は“ハウス・イム・ハウス”で、これは3つの階に広がっており、ますます場所がなくなっている状態とは言え、最終的には“もともとの小屋”の中に納まっています。常設展示には先史時代の小屋から高層ビルまで模型があり、建築史と人間の住居史について伝えています。一年に何度も変化する特別展示も重要なプログラムです。毎週月曜日休館。

  • フランクフルト a. M.・応用芸術美術館

    フランクフルト a. M.・応用芸術美術館 1985年に開館したフランクフルトの応用芸術美術館は、シャウマインカイ沿いの豪華な公園、ヴィラ・メッツラー、リチャード・メイヤーの建物と共にフランクフルトの最も美しい芸術の館です。ドイツの最も大きい6つの工芸博物館の一つに数えられています。6千年にわたるコレクションと様々な世界文化を魅力的に紹介しています。黄金、造形美術や陶磁器、木やガラス、象牙、毛織やエナメル、ゴムや銀などの芸術作品がヨーロッパや中近東の国々またアジアの国々から蒐集されており、その展示物の素晴らしさに目を見張ります。毎週月曜日休館。

  • フランクフルト・アム・マイン・パルメンガルテン

    フランクフルト・アム・マイン・パルメンガルテン フランクフルト市内に植物のパラダイスがあります。この分野ではドイツ最大級の広さ26ヘクタールに五大陸の植物を集めた温室があります。1868年に庭園植物販売業で庭園設計士のハインリッヒ・ジースマイヤーが創設し、1871年華々しく公開された庭園には、散歩道とデッキチェアの置かれた緑の芝生、様々なテーマ別の庭、多くの温室があります。パルメンガルテンはいつも花でいっぱいと言うだけでなく、年間を通しシリーズでテーマを持った展示もしています。個人、グループのためのガイドを行っています。

  • フランクフルト・アム・マイン・ゲーテハウス

    フランクフルト・アム・マイン・ゲーテハウス ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテは1749年8月28日フランクフルトで誕生しました。グローセン・ヒルシュグラーベンの生家があった場所に、現在ゲーテハウスとゲーテ博物館があります。この家は実物に忠実に再建されたものです。台所や居間、応接間の家具やその他の家財道具は後期バロックの市民の住文化に合わせて飾られています。ゲーテの勉強部屋は当時のように調度品が整えられています。“ゲッツ・フォン・ベルリッヒンゲン”や“原ファウスト”、“若きウェルテルの悩み”などの作品を彼はここで創作しました。詩や戯曲、散文などの作者としてゲーテは最も重要なドイツの詩人であり、世界文学上でも傑出した人物です。彼の作品は現在、世界中の言語に訳されています。また世界中から何十万人ものファンが毎年ここを訪れます。多言語でのガイドとオーディオガイドがあります。

  • フランクフルト・聖画像博物館

    フランクフルト・聖画像博物館 1990年に開館したフランクフルト・アム・マインの聖画像博物館は、ドイツ騎士団館の旧食堂にあり、博物館街の東端に立つ建物です。ここではキリスト教-ギリシャ正教会の広範囲な絵画の世界が広がり、15世紀から20世紀までの聖画像の芸術と礼拝を紹介しています。はっきりとした輪郭を描く部屋では建物と木に描かれた礼拝画との対象が感じられます。特に価値があるのは12世紀/13世紀のコプト教会の紙聖画像と多くのサインと日付の入った聖画像です。さらにこの博物館には十字架、祭具、繊維などの宗教的手工芸品の展示品があります。毎週月曜日休館。

  • フランクフルト・ドイツ連邦銀行貨幣博物館

    フランクフルト・ドイツ連邦銀行貨幣博物館 フランクフルトにあるドイツ連邦銀行の貨幣博物館のコレクションは、ドイツ帝国銀行にその源を発します。貨幣博物館では、貨幣の歴史とその機能に関する説明と、世界各国のコインと紙幣の展示が行われています。歴史の中で、どの“価値物質”が貨幣としての役割を担っていたかが明らかになります。タカラ貝からコーヒー豆、そして巨大な石板がその例です。また1930年代の世界経済恐慌など、近代の金融史に関する説明がされています。毎週土曜日、12月24日、12月25日、12月31日、1月1日、イースターの日曜日、5月1日休館。

  • フランクフルト・聖書の家

    フランクフルト・聖書の家 旧教会で2003年教育学的観点に従った体験博物館が出来ました。特にここは子供と青少年たちが聖書の世界に関する異なった考えについて知るために最適です。マルチメディアを使って足を踏み入れることができる巨大な聖書が、“聖書”というテーマに直接入っていくことを可能にしています。さらにゲネザレト湖で残骸が発見されたローマ時代の船の実物大モデルがアトラクションとなっています。遊牧民テントにある物と洋服は訪れる人たちが使用することができ、聖書の時代の歴史的楽器のレプリカも試しに弾くことができます。毎週月曜日休館、ガイドご希望の場合はお問い合わせください。目の不自由な方にもお楽しみいただけます。

  • フランクフルト・シルン美術館

    フランクフルト・シルン美術館 1986年フランクフルト・レーマーベルクにある旧市街に開館したシルン美術館はヨーロッパでも有数の優れた美術館です。レーマーの丘と大聖堂、マイン川に囲まれて建つ堂々とした建物は、発見の場であり、また文化的な意見を交換する場所として重要な刺激を与える役割を果たしています。常設展示はなく、巡回展示、特別展示のみの美術館です。2,000平方メートルの展示場ではこれまでに200回の美術展が開催されました。特徴のある美術展は、ウィーンのユーゲントシュティール展、表現派の作家展、ダダ展、シュールリアリズム展、写真の歴史展、そしてサウンドアートの現代に占める位置展などです。カンディンスキーやシャガール、ジャコメッティ、カーロ、ヴィオラ、シェーンベルク、マチス、シュナーベル、バイアース、クライン、そしてニコライなどの芸術家たちの大きな個展があります。毎週月曜日休館。

  • 旧市庁舎レーマー

    旧市庁舎レーマー 中世の建物が集まるレーマー広場に建ち1405年よりフランクフルトの市庁舎として利用されています。神聖ローマ帝国の戴冠式後に祝賀会が行われていた「皇帝の間」に、52人のドイツ出身ローマ皇帝の等身大肖像画は必見。

    開館時間
    毎日 10:00~13:00/14:00~17:00
    ※ただし特別行事の時は閉館
    入場料:2ユーロ

  • レーマー広場

    レーマー広場 レーマー広場(市庁舎広場)の中心には、正義の女神『ユスティシアの噴水』があります。広場は夏はマイン川の夏祭り会場となり、冬にはクリスマスマーケットが開かれます。広場の南側に面して建つ『ニコライ教会』はプロテスタントの教会として、09:05、12:05、17:05に美しい鐘の音を聞かせてくれます。

  • アルテ・オペラ

    アルテ・オペラ 美しい後期イタリア・ルネッサンス風の建物は、パリのオペラ座をモデルにしました。第二次世界大戦の爆撃で破壊された後、市民の献金などによって再建され、現在はクラシックコンサートやポップス、ロック、ジャス等のイベント、ミュージカル、バレエの客演などの会場として使われています。

  • 大聖堂

    大聖堂 1356年にカール4世が発した金印勅書以来、常に神聖ローマ帝国皇帝が選出され、1562年以降は皇帝の戴冠式も行われていた教会です。塔に登ってフランクフルト市内の街並みを眺めてみてはいかがでしょうか?

    開館時間
    毎日9:00~18:00(2015年4月現在)
    ※ただし特別行事の時は閉館
    入場料:3ユーロ(2015年4月現在)

  • ザクセンハウゼン

    ザクセンハウゼン フランクフルトを代表する飲み屋街。昼は閑散としてますが、夜はネオンが放ち大変にぎやかなところに様変わりします。カフェやバー・レストランが軒を連ね、深夜まで賑やかです。ここに来たらまず挑戦したいのが『リンゴ酒』。ほとんどのレストランやカフェにおいてあります。リンゴ酒もビールも約2ユーロ~と、日本より安くアルコールが楽しめます。ここに来れば自然と地元の人達とも仲良くなれること間違いなし!フランクフルトのおすすめスポットです。

  • フレスガス

    フレスガス アルテ・オーバー駅から東へ延びる通り『フレスガス』は、レストランやカフェ、デリカテッセンなどが軒を連ねるグルメ王国です。路面店の中でおすすめなのが、『LECKER BISSEN』。ここのシュヴァイネハクセやソーセージは美味!路地を入ったところにも、レストランやカフェなどが点在しているので要チェックです。周辺には高級ブティックやデパートもございますので、お土産を買うにもおすすめです!

ページのトップへ

フランクフルトのおすすめホテル

ノヴムホテル・コンチネンタル・フランクフルトは、フランクフルト中央駅の目の前に位置する3つ星ホテル。駅の出口からホテルの看板が見えるので、迷わずホテルに辿り着けます。客室はシンプルでモダンな内装です。フランクフルトの中心部レーマー広場まで徒歩20分ほどです。

ノヴム ホテル コンチネンタル フランクフルト(旧コンチネンタル)

フランクフルト Frankfurt

エクセルシオール
  • ホテル詳細
  • このホテルに泊まる

ホテル・エクセルシオールはフランクフルト中央駅の南側、駅の目の前に位置する3つ星ホテル。WIFI無料や客室のミニバーの飲み物が無料などうれしいサービスがあり、朝食がおいしいと評判です。フランクフルトの中心部レーマー広場まで徒歩20分ほどです。

エクセルシオール
ページのトップへ

フランクフルトのオプショナルツアー

【フランクフルト発】世界遺産ライン川とハイデルベルク1日観光(日本語ガイド同行)*DE320

4/30、5/2、8/15、7/30-10/15の日曜日催行!
季節限定ツアーです。
お申し込みはお早めに!

ツアー詳細

ツアー代金

大人料金
99ユーロ
子供料金
59ユーロ

【フランクフルト発】フランクフルト市内観光(英語またはドイツ語ガイド同行)

約2時間のプログラムに、「フランクフルト」をコンパクトに盛り込んだ市内観光です。

ツアー詳細

ツアー代金

大人料金
28.5ユーロ
子供料金
23.5ユーロ

【フランクフルト発】 ロマンチックライナー ~ローテンブルクとヴュルツブルク1日観光(日本語ガイド同行)*DE316

日本語ガイド付きのローテンブルクへの日帰りツアーはロマンチックライナーだけ!
中世のドイツで一番人気のある街道・ロマンチック街道のハイライトであるローテンブルクを日帰りで訪れます。面影を色濃く残す街の散策を日本語ガイドによる案内付きでじっくりお楽しみください。

ツアー詳細

ツアー代金

大人料金
74ユーロ
子供料金
49ユーロ
ページのトップへ

フランクフルトのグルメ

  • ツム・グラウエン・ボック(Zum Grauen Bock)

    ツム・グラウエン・ボック(Zum Grauen Bock)

    下町情緒あふれるザクセンハウゼンにある人気レストラン!木造りの店内ではドイツの伝統料理を楽しめます。アップルワインもリーズナブルな価格なので、最初の一杯はビールではなくアップルワインがオススメです!

    ・名物アップルワイン:1.6ユーロ
    ・名物豚肉料理(リップフェン):9ユーロ
    なかなか大きいので2~3名でシェアをお勧めします!

  • クラインマルクトハレ(屋内市場)

    クラインマルクトハレ(屋内市場)

    小さな食材店が集まる市場です。新鮮な野菜・肉・パン・エスニックフードなどを扱う小さなお店が集まった、市民向けの市場ですが、歩いて見て回るだけでも楽しいところです。各店舗には試食コーナーが設けられ、チーズやハムなどの加工品も味見ができます。
     2Fには食事ができるお店も入っているので、歩き疲れた時の休憩スポットとしておすすめです。

  • アドルフ・ヴァーグナー

    アドルフ・ヴァーグナー

    ザクセンハウゼンではこの地方の名物、ハントケーゼ(チーズ料理)や、アップルワインと一緒にリンゴのお菓子“シュネーゲシュテーバーSchneegestöber”などが出されます。ヴァーグナーは伝統あるレストラン、雰囲気は重厚です。

  • ティーガーパラスト

    ティーガーパラスト

    ティーガーパラストはバラエティ・シアターだけではなく、食通も満足させます。ティーガー・レストランではいつでもライト感覚の地中海料理が味わえます。ミシュランの評価では一つ星を獲得しています。

  • フランセ・フランクフルターホーフ

    フランセ・フランクフルターホーフ

    ホテル・シュタインベルガー・フランクフルターホーフのフレンチレストランはとても高級なことで有名。店内は伝統的で重厚な雰囲気が漂っています。

ページのトップへ

フランクフルトのショッピング

  • ツァイル

    フランクフルトでの買い物には、ショッピングセンターのツァイル・ギャラリーやデパートが並ぶツァイル地区がおすすめ。特に世界のブランドショップなどのファッションを多彩に取り揃えています。ツァイルは土曜日以外も買い物ができる活気溢れる華やかな地区です。

  • ゲーテ通りと食いしん坊通り

    ゲーテ通りには世界的なファッションデザイナーの店があります。一流を求める顧客のための商品がここにはあり、ウィンドーショッピングだけでも目の保養に。お腹がすいたら、ちょっと先の食いしん坊通りのレストランはいかが?世界のグルメが出没する所です。

  • ボルンハイム、ボッケンハイム、ザクセンハウゼン

    のんびりと買い物を楽しみたい人は、ボルンハイムやボッケンハイム、ザクセンハウゼン地区がおすすめ。ベルガー通り、ライプツィガー通り、シュヴァイツァー通りでは小さなブティックやリサイクルショップ、カフェなどが並び、国際色も豊かです。ぶらぶら歩きには最適。

ページのトップへ
ページのトップへ

フランクフルトのフォトギャラリー

ページのトップへ

目的地別海外ツアー情報

STWスタッフは「Travel + Emotion」を合言葉に、お客様のご期待を上まわる旅のプロデュースし、海外ツアーのプロフェッショナルとして、幅広く、豊富な知識を身につけるために努力いたします。
海外旅行の専門知識を習得した各種スペシャリスト資格保持者や豊富な渡航経験を持つスタッフが、お客様に感動して頂ける旅のご案内をさせていただきます!

ヨーロッパ
フランス旅行 イタリア旅行 スペイン旅行 イギリス旅行 アイルランド旅行 ドイツ旅行 マルタ旅行 ポルトガル旅行 ギリシャ旅行 北欧旅行 フィンランド旅行 スウェーデン旅行 ノルウェー旅行 中欧旅行 チェコ旅行 オーストリア旅行 ハンガリー旅行 ポーランド旅行 クロアチア旅行 オランダ旅行 ベルギー旅行 スロヴァキア旅行 スロヴェニア旅行 ボスニア・ヘルツェゴビナ旅行 ブルガリア旅行 ルーマニア旅行 マケドニア旅行 アイスランド旅行 スイス旅行 デンマーク旅行 ロシア旅行 バルト三国旅行 ヨーロッパ旅行
中近東&アフリカ
ドバイ他UAE旅行 トルコ旅行 モロッコ旅行 エジプト旅行
ケニア旅行 チュニジア旅行 マダガスカル旅行
南部アフリカ旅行 ヨルダン旅行 イスラエル旅行
アジア
タイシティ旅行 タイビーチ旅行 マレーシア旅行 バリ島他インドネシア旅行 フィリピン旅行 アンコール遺跡カンボジア旅行 ベトナム旅行 ラオス旅行 香港旅行 シンガポール旅行 インド旅行 スリランカ旅行 ネパール旅行 ブータン旅行 台湾旅行 韓国旅行 中国旅行 九寨溝旅行 ハイナン島旅行 マカオ旅行 ミャンマー旅行 モンゴル旅行
アジア旅行特集 沖縄旅行 日本国内旅行
インド洋&南太平洋
モルディブ旅行 タヒチ旅行 フィジー旅行
ニューカレドニア旅行 オーストラリア旅行
ニュージーランド旅行 バヌアツ旅行 モーリシャス旅行
セイシェル旅行 パプアニューギニア旅行 クック諸島旅行
太平洋
ハワイ旅行 グアム旅行 サイパン旅行 パラオ旅行
ミクロネシア旅行
北米・中南米
アメリカ合衆国旅行 アラスカ旅行 カナダ旅行
メキシコ旅行 カンクン旅行 キューバ旅行
バハマ旅行 ジャマイカ旅行 ペルー旅行 ボリビア旅行
ブラジル旅行 アルゼンチン旅行 チリ・イースター島旅行
グアテマラ旅行 ベネズエラ旅行 コスタリカ旅行
ガラパゴス諸島旅行 コロンビア旅行 ベリーズ旅行
セントマーチン(オランダ領アンティル)旅行 南極旅行
ページのトップへ