日々進化するドバイのホテル~マリーナ&ビーチ偏 Part2~ | の旅行記

支店
渋谷
新宿
横浜
名古屋
大阪
福岡
札幌
広島

日々進化するドバイのホテル~マリーナ&ビーチ偏 Part2~

エリア
ドバイ
/
テーマ
建造物
時期
2007/5/24~2007/5/24
投稿日
2007/8/6
投稿者
木部 美奈

まだまだ進化を続けるドバイのリゾート。最近ではメディアで特集も組まれている最新リゾートエリアです。それでもなかなか情報が少ないのが実情。STWorld特派員が実際に視察をしてオススメできるリゾートをご紹介致します。Part1に引き続き、美しい景色を眺望できる、マリーナ&ビーチエリアのホテルをご紹介します。

  • ●シェラトンジュメイラビーチリゾート●

    ジュメイラビーチの一番西側に位置する『シェラトンジュメイラ』。ロビーは明るく天井が高く開放的。同じく外資系のヒルトンに比べると少し大人なイメージで落ち着いてご滞在頂けます。客室は白が貴重で清潔感溢れるデラックスホテル。ホテル内には3食ビュッフェタイプの「パームガーデンレストラン」スターバックスが併設されているカフェ(24時間営業)、アラブレストラン(24時間営業)など到着便が早朝や深夜でも問題なし!また中華料理レストラン「ピーコック」は地元でも有名な人気店!

    写真左:清潔感溢れる客室
    写真中:開放的なロビー
    写真右:客室からの眺め/一例

  • ●ワンアンドオンリーロイヤルミラージュ<その1>●

    あのOne&Onlyグループがドバイに!『ロイヤルミラージュ』では「パレス」「アラビアンコート」「レジデエンス&スパ」の3つの棟からなり広大な敷地を有しています。それぞれ特徴的な客室をもち「パレス」ではアフリカ、イスラム調、アラビアンコートではまさにアラビアンナイトの世界。至る所に中東の香りが漂います。全棟で8つのレストランがあり充実!各棟のの移動は5~10分間隔でシャトルバスが運行しています。オンザビーチにありながら非常に緑が多いのが特徴で庭園のようなイメージです。緑のなかではとても静かにリゾートライフをお楽しみ頂けます。またロイヤルミラージュと言えばなんといっても充実したスパ!不動の人気を誇る「ジバンシースパ」と「オリエンタルハマム」が有名!

    写真左:アラビアンコートのホテル内
    写真中:アラビアンコート客室
    写真右:アラビアンコートバスルーム

  • ●ワンアンドオンリーロイヤルミラージュ<その2>●

    写真左:パレスからの眺め
    写真中:開放的なパレスロビー
    写真右:オリエンタルハマムメニュー

    今回は残念ながらジバンシースパは予約がいっぱいで受けることができませんでした。代わりに(?)オリエンタルハマムを体験!一言で言うなら『ドバイ版あかすり体験』です。実写をお見せできないのが残念でなりませんが、かなり笑えます・・・。紙おぱんつだけになりまして、おねえさんたちになされるがまま。スチームサウナで体をふやかした後は体を洗ってもらい、あかすりをしてもらい、最後はストレッチで終了。約40分くらいでその後は専用のリラックスルーム(但し男女兼用だった・・・)でお茶を頂いたり、仮眠したりできます。人に体をあらってもらうのなんて小学生以来ですから最初は戸惑いますが・・・う~ん最後まで戸惑いますが、かなりおもしろいです。是非お試しあれ!

  • ■マディナジュメイラ

    最近ではメディアにも多く特集をされている『マディナジュメイラ』ですがまさに1つの街。敷地内には3つのホテルがあり、合計で867室を誇る一大テーマパークです!敷地内に張り巡らされているクリーク(水路)は本物の海水を循環させています。な、な、なんとカメやエイまでいるから驚き!敷地内は専用のアブラ(小型ボート)で移動。至る所に停留所があり利用できます。その他、敷地内にはバギーも通っているのでわりと待ちぼうけはありません。その他マディナジュメイラの3つのホテル、バージュアルアラブ、ジュメイラビーチリゾートにご宿泊のお客様は無料で入場できる「ワイルド・ワディ」も併設されている。ここはウォータースライダーやサーフィン用のプールなど変化に富んだウォーターパークでファミリーにも人気!また全80以上のお店が入ったスークマディナジュメイラでは古いスークを探検している気分でお買い物を楽しむことができます。さて、ではいよいよマディナジュメイラ内のホテルをご紹介致します。

  • ●アルカスル<その1>●

    マディナジュメイラの中にある3つのホテルのうち中央に建つまさに「宮殿」と呼ぶに相応しい『アルカスル』。かつてのアラブの王族が夏の間、暮らしたサマーパレスをイメージして造られているだけあり、エントランス、ロビー、客室に至るまで全てが豪華でエレガント。客室はアラブ調のテイストで中東色を色濃く反映されており、更に落ち着いた重厚さも兼ね備えている。一番スタンダードなタイプでも55平米と広々で2階以上の客室には
    全てバルコニー付。ダブルベッドタイプの客室は全室天蓋つきと乙女心をくすぐります。客室は「アラビアンデラックス」と「オーシャンデラックス」の2種類。客室からの景観のみの違いで海側を向いている方が「オーシャンデラックス」。但し低層階で海が見えない場合は「アラビアンデラックス」のお部屋に。家族連れのみが利用できるクラブラウンジやキッズクラブが有り、幅広い客層に対応しています。驚いたのはスタッフの対応。ロビーには常時4~5名の王族を思わせる衣装を纏ったスタッフがおり、来訪者にとても親切に対応。紳士、淑女への対応という感じでスマートにエレガント。

    写真左:アラビアンデラックス客室
    写真中:調度品も洗練されています
    写真右:バスルーム

  • ●アルカスル<その2>●

    写真左:ファミリー専用のクラブラウンジ
    写真中:荘厳なロビー
    写真右:敷地内のクリーク(水路)にはカメやエイが!

  • ●ミナアッサラーム<その1>●

    マディナジュメイラのホテルの中では一番にぎやかな印象の『ミナアッサラーム』。「平和な港」を意味するこのホテルはマディナジュメイラの一番西側、入り口に位置します。アルカスルと雰囲気はよく似ていますが、客室のクッションなど紅色、青色の鮮やかな色を多く取り入れカジュアルなイメージに。家族連れの施設も充実しており、ファミリー層にも人気のホテル。何と言っても全室オーシャンビューまたはパーシャルオーシャンビューでバニルコー付なのが嬉しい。

    写真左:全室オーシャンビュー
    写真中:カラフルなロビー
    写真右:ロビーテラスからの眺め

  • ●ミナアッサラーム<その2>●

    写真左:デラックスバルコニールーム
    写真中:レストラン「ZHENG HE'S」
    写真右:ファミリー専用のクラブラウンジ

  • ●ダルアルマシャフ<その1>●

    マディナジュメイラのホテルの中で一番リゾートホテル感があるのがこの『ダルアルマシャフ』は全29棟の中庭付のサマーパレス。全棟2階建て(1階と2階は別々の客室)で10室前後で1棟の建物。各棟の入り口にはそれぞれ専用のロビーがあり、24時間バトラーが待機。お客様の細かな要望にも丁寧に対応してくれる。最も贅沢なサービスを受けることができる。建物は口の字型に建ち、中央には噴水のある中庭が。まさにアラブの王族の別荘のようなホテル。客室タイプは「アラビアンサマーハウス」と「ガルフサマーハウス」。広さやアメニティは同じでバスルームが若干異なります。「ガルフルーム」のロマンティックなバスタブに是非浸かってみたい。ビーチに近い方の棟が「ガルフサマーハウス」。更にその中でもビーチを向いているお部屋が「ガルフサマーハウス-オーシャンデラックスルーム」。全室天蓋付でテラスorバルコニーがあるのも嬉しいです。敷地内には緑が多く、他の2つのホテルに比べると一番落ち着いた隠れ家的存在です。

    写真左:アラビアンサマーハウス客室
    写真中:リビングスペース
    写真右:バスルーム

  • ●ダルアルマシャフ<その2>●

    写真左:ラブリーなバスタブ
    写真中:落ち着いた雰囲気の中庭
    写真右:各棟専用のロビー

  • ●ジュメイラビーチホテル●

    ドバイのビーチリゾートの先駆け『ジュメイラビーチホテル』は波をイメージした26階建てのガラス張りホテル。客室は白が基調な清潔感溢れるデラックスホテル。ビーチが目の前なこともあり、客室まで水着で移動するお客様もいるほど開放的なリゾート。ホスピタリティースイートと呼ばれる休憩場所があり、早朝のチェックインのお客様がチェックインの時間までお休み頂くこともできます。1階フロアーには20軒を超えるショップがあり、レストランも隣にあるフロアーはアミューズメントパークの様。子供用のブッフェコーナーなど家族連れ向けへのサービスに力を入れているホテル。全室オーシャンビューで目の前にはバージュアルアラブがそそり立つ姿も眺めることができます。

    写真左:清潔感溢れる客室
    写真中:バスルーム
    写真左:開放的で明るいレストラン