究極のヘルスリゾート 『ディスティネーションスパ』 | タイビーチの旅行記

支店
渋谷
新宿
横浜
名古屋
大阪
福岡
札幌
広島

究極のヘルスリゾート 『ディスティネーションスパ』

エリア
タイビーチ
/タイビーチ
テーマ
ご当地体験
時期
2008/11/21~2008/11/23
投稿日
2008/12/15
投稿者
渡邉 雄士

 近年、注目を浴びつつある「ヘルスリゾート」とは一体どんなところなのでしょうか? 

本で見たり、聞いたりしたことはありましたが、実際に宿泊して体験したことはありませんでした。興味も全くなかった私ですが、2008年10月、【シックスセンス・ディスティネーションスパ】がタイのナカヤイ島にオープンし、実際に体験出来るというチャンスが訪れました!             

  • ディスティネーションスパの方針

      ディスティネーションスパは、お客様に健康なライフスタイルを提案し、健康でいるための独自のプログラム、アクティビティー、食事、等を実践してもらうことにより、健康を常に意識した人生を送って頂きたい、というのが一番の目的です。
    そんな究極の健康と美を追求するディスティネーションスパは、通常のリゾートとは全く異なる所と考えてよいでしょう。
    例えば、島内は全面的に禁煙、携帯電話、パソコンは客室内のみ使用可能、お酒は18:00以降のみオーガニックワインだけがメニューに存在します。食事では一切の肉類を使わず、油もサラダに少量のオリーブオイルを除き、一切使われることはありません。ソースやドレッシングも全て野菜、果物、豆類等から作られ、糖分や塩分までも制限するといった徹底ぶりです!

    これらの事を聞いて一体誰が来たくなるのか、と感じましたが、島は全体がこのリゾート。外食も不可で、常に医師、コンサルタントが常駐し万全のサポートで与えられたプログラムをこなす、、健康に悩む人にはまさにここは救世主なのかもしれないと感じました。特に食事面ではどんなことがあっても例外や特別扱いをされることはありませんので、これらのことを知らずに来てしまったらアウトですね。

    しかし、一歩客室に入ればそこはお客様の空間であり、そこまで制限は出来ないし、あえてリゾートも細かく言うことはありません。実際に、実生活でこのリゾートでの生活を再現するのは不可能なほどに困難だと思いますが、せめて健康に気を配った人生をスタートさせるのであれば、リゾートに滞在している間だけでも、禁酒、禁煙、間食も禁止、を実行してみるべきであると感じました。

    ディスティネーションスパでは自分の体の変化を実感して頂けるよう、最低3泊、出来れば1週間程の滞在を推奨しています。

    〈左 リゾート内のほとんどの植物が食べることが可能です〉
    〈中 自然がいっぱいのナカヤイ島〉
    〈右 客室に用意されるお客様用のヨガウェア〉


  • 道のりはあっという間!

     ディスティネーションスパの在るナカヤイ島はプーケット島の東側に浮かぶ小さな島です。玄関口であるプーケット空港へ降り立った私たちを、リゾートのスタッフが出迎えてくれました。車に案内して頂き、車内でおしぼりとお水のサービス、これはさすがです。
    車を出発して目指すは、アオポーグランドマリーナという港です。20分ほどしてあっという間に港に到着しました。とっても近い!港はとても綺麗に整備されていてとってもいい雰囲気です。ここからリゾート専用のスピードボートに乗って一気にナカヤイ島へ!
    船内でもおしぼりとお水のサービスを受けて至れり尽くせりです。船はどんどんスピードを上げ、風を切って爽快感にひたった直後、あっという間にスローダウン、、、、
    そう、あっという間の到着。船に乗っていたのはたったの5分でした!!
    空港からの移動時間だけをみても25分ほどで着いてしまう、とっても近かったのです。

    リゾートの桟橋ではスタッフ達が暖かく出迎えてくれました。

    〈左 シックスセンス・ディスティネーションスパの看板でお迎え〉
    〈中 リゾートのスピードボート、かなり新しくて、高級〉
    〈右 ボートはここから。アオポーグランドマリーナ〉
     

  • 豪華な客室に満足!

     リゾートに到着後、リゾート内のいろいろな所を見学をさせて頂きました。
    まずは自分の宿泊した部屋も含めて、客室を紹介したいと思います。

    ディスティネーションスパの客室は全室ビラ(1棟独立) 一般的に大きく分けると2つに分類されます。丘の上の方に建つHill Pool Villa(16室)とビーチ添いに建つBeach Pool Villa(34室)です。私が宿泊させて頂いたのはHill Pool Villa、料金的にもリゾート内で最もお得となります。この2つのタイプ、室内の設備は全く同じで、部屋の位置だけが違うのです。ちなみに客室は全室オーシャンビューですが、Hill Pool Villaは位置により若干見えにくい場合もあるそうです。

    客室の前に到着してまず目に入るのは、私のイニシャルを刻んだネームプレート付きの自転車です。一人1台自転車が用意されているのです。滞在中はずっとこれにお世話になりました。広い敷地内は電話一本ですぐに電動カートが迎えに来てくれますが、自分ひとりで気軽に動け、運動にもなる自転車は最高です!
    さて、客室の扉を開けるとまだそこは屋外。階段を下りて行くと綺麗なガーデンが広がっています。そしてプライベートプール発見!これはなんともうれしいことです。ここには毎日バトラーがビーチチェアをセッティングしてくれます。私は毎晩夜に泳ぎました。静まり返った所で泳ぐのはとっても気持ちよかったです。
    そしてアウトドアサラ、ここには大きなマットレスとテーブルがあり、のんびりとくつろげます。

    〈左 ベッドルーム〉
    〈中 アウトドアバスタブ〉
    〈右 プライベートプール 約5m x 2.5m〉

  • 豪華な客室にもっと満足!

    屋外から建物のドアを開けて、室内へ入ってみます。ベットルームは他のシックスセンスリゾートと同様にとってもシンプルです!天蓋付きの白いベットにデイベッド、低いテーブルと通常のデスクがあります。冷蔵庫を開けてみればやっぱりディスティネーションスパ、ミニバー類はなく、変わりにミネラルウォーターとオーガニッククッキーがありました。無料の飲料水は冷蔵庫の上にありますが、残念ながらコーヒーは無く、ティーはあります。そして嬉しかったのはI-Podがあること。数ある音楽から好きなBGMを選んで24時間音楽が楽しめます。他のリゾートと違うのはテレビがないことです。しかしプログラムをこなして夜にプールで泳いだ私は全く気にもなりませんでした。この島いる間だけはニュースや情報に縛られずに過ごせるはずです!
    客室の裏手のドアを開けるとそこはまた屋外で、シャワールーム、洗面所、トイレ、オウトドアバスタブがあります。450㎡の広い敷地内で屋内はベットルームだけなのです。屋外といっても屋根は付いてるので問題はないです。これも初めての体験でしたが、開放的でとっても気持ちよく過ごせました!
    シャワールームはボタン一つでスチームが発射し、スチームサウナに早変わりです!なんという贅沢な設備なのでしょう。私は毎晩2時間みっちり、サウナに入ってはプールへ飛び込む、のくり返しで体中から不健康な毒素を出しました!本当はその後ビールをぐいっと、、、といきたいところですが、、、、

    ディスティネーションスパにはその他に900㎡の広さのHill Pool Villa Suiteが1室、Beach Pool Villa Suiteが3室(スイートにはドライサウナも付いてます)、6つのビラが1つの集合体になったThe Enclave。3つのベットルームをもつ2500㎡のRetreat on the Hill、といったゴージャス過ぎるほどの客室も存在します。
    一体どんな大金持ちが宿泊するのでしょうか。


    〈左 冷蔵庫。ジュース、酒類は無し〉
    〈中 洗面所はとても広いです〉
    〈右 アウトドアサラでのんびり出来ます〉

  • その他の施設をご紹介                    �

     ディスティネーションスパにはその他にいろいろな施設がありますが、ごちゃごちゃしておらず、必要な物だけが存在しているといった印象がありました。
    まずは大きなインフィニティープール、ここは遊泳としても自由に使えますが、日替わりアクティビティーでも使います。浅い所を作って水上にチェアを並べるというかっこいい造りです。その隣にあるジム、こちらもアクティビティーで頻繁に使います。それからギフトショップもあり、リゾートで使われている物と同じ様々な物が買えます。あとは小さなライブラリー、といった所でしょうか。

    忘れてならないのが巨大なスパ施設であるThe 7th Senseです。リゾート名とポリシーからもわかるようにこの施設には大変な力を注いでいるのを感じました。風水に倣って建てられたというこの施設は中国、インド、インドネシア、タイの4つの国のスパがあり、それぞれその国の伝統に基づいたトリートメントを受けることが出来ます。もう存在しないトリートメントはないくらいに充実していました。ティールームもあり、トリートメントの後にはおいしいお茶を飲んでくつろぐことも出来ます。
    滞在には1日2回のトリートメントも含まれているので、このThe 7th Senseに1番頻繁に通うことになります。

    ディスティネーションスパは16歳未満のお子様の宿泊が不可のため、お子様に関する施設はありません。ちなみにチェックイン、チェックアウトも客室で行うためにレセプションも存在しません。移動も含め何かがあれば電話一本ですぐにスタッフが駈け付けます。

    〈左 The 7th Sense内はガーデン、川、サラがたくさんです〉
    〈中 The 7th Sense内のティールーム〉
    〈右 最新機材が揃うジム〉

  • ヘルシーフードで健康体に!!

     ディスティネーションスパはフルボード、つまり朝、昼、夜の食事が宿泊料金に含まれています。リゾート内のレストランで食べるしかないので、あれこれ考える必要もありません。(到着、出発時間により必ずしも1日3食ではありません)
    リゾート内にあるレストランは2つ、The Ton-sai RestaurantとDining at the Pointです。冒頭で紹介したように、リゾートの方針により全ての食事が健康食、野菜とシーフードが中心となり、肉類は一切ありません。メニューやドレッシング類まで必ずカロリーが表記されてますので、自分の1日に摂取したカロリーを計算してみるのもいいでしょう。

    まずはDining at the Point、こちらはRaw foodレストランで、素材そのものの味を活かしほとんどの食材を生、加工せずに提供しているそうです。調理する場合においても食材を熱する温度は42度、生温い感じですね。私はこちらのレストランで食べる機会はありませんでしたが、このレストランが開くのは月、水、金の週3日の昼食と夕食だけとなります。また準備に時間がかかるため前もって予約が必要となります。

    もうひとつのThe Tong-sai Restaurant。こちらがいわゆるメインのレストランとなり、朝、昼、夜、全てで営業しています。内容は朝食、昼食はパン類、サラダ類のブッフェから好きな物を選んで取り、温かい物だけアラカルト3品程の中から選んでオーダーする、といった感じです。飲み物は水、ハーブティー、フレッシュジュースだけ、これではいくら食べても太る気がしませんでした。夕食はパン類、前菜、メイン、デザートをそれぞれ3品程の中からオーダーします。
    また、現在毎週日曜日の夕食にシーフードバーベキューディナーを開催しています。これはブッフェ形式で、好きな物を好きなだけ焼いてくれます。私も滞在中に運良く日曜日があり、嬉しくて嬉しくて、ここぞとばかりに海老、イカ、魚、貝などを食べまくりました!

    朝食のブッフェでは豆腐と椎茸、野菜を海苔で巻いたその名もTofu-Sushi。アラカルトではオーソドックスに豆腐とネギだけのMiso Soupを発見しました。さすが日本食!世界中でヘルシーフードと認められている証拠でしょうか。


    〈左 昼食のサラダブッフェ〉
    〈中 サラダのドレッシング類〉
    〈右 デザートのフルーツ類、フルーツの糖分はOK〉


  • ヘルシーフードで健康体に!〈2〉

     ディスティネーションスパでの食生活を続けて行くうちに、困ったことが2つありました。
    まずは、塩分までもが制限されていたことです。
    ドレッシング等は種類が豊富ですが、すべて野菜、豆類などから作られた物。つまりほとんど無味なのです。もともと肉や油系が大好きなわけでもなく野菜や魚介類は好きなので、肉類が無いことには問題は無かったのですが、漬物大好きの田舎者にとってこれは深刻でした。Tofu-Sushiの横にだけ醤油が少量あっただけです。素材の味を楽しめるし、塩分の取り過ぎが体に悪いことはわかっているのですが、、、、、
    もう一つの問題は食事の量が少ないことです。
    やはりサラダ類ではいくら食べてもお腹はふくれず、アラカルトも少なめで、成人男性では間違いなく胃の半分を満たして終了です。体の小さい私でも足りないのですから、体の大きな人はどうなるのでしょうか。

    しかし、これらの問題はやがて解決されました。スタッフに言われたのは、オーダーすれば塩、コショウは持ってきてくれるとのことです。テーブルに置いていないだけだったのです!それ以来私は必ず塩、コショウをスタッフにオーダーし、その度に小皿に少量ですが持って来てくれました。
    またアラカルトのメニューでも2品3品と頼んでも問題は無かったのです!もちろん追加代金などはかかりません。これで量の問題も解決です。次の朝に私は朝食で白身オムレツ、魚入りお粥、味噌汁と3つ全部オーダーして、あっさりたいらげました!

    上記の問題にはきちんとした理由がありました。
    食事の内容も大事ですが、量を制限する事もとても大事なのです。調味料も同じこと、テーブルにあれば私たちは必ず使ってしまいます。時には必要以上に使ってしまうでしょう。また、食事の量が多ければ私たちはがんばって食べ切るでしょう。それがもしブッフェなら、制限なく好きな物だけを食べ続けてしまうからです。
    シーフードバーベキューのブッフェ等のイベントを週1回に限定しているのもこの問題が一番の理由です。あえてリゾートはこうやって制限していたのです。
    内容は無理ですが、食べたい人に量を強制することはありませんので皆さんもご安心ください!!

    *重要
    リゾートの方針でレストランで出していない物、肉類、油、卵、乳製品、調味料類、
    酒類と他にも数々ありますが、これら全てが体に悪い物だから食べてはいけない、と決め付けているわけではありません。しかし少なくとも、バランスを考えずに多量に摂取すれば体によい影響はありません。リゾートを離れた後でも、少しでも健康な食生活への意識を持ってもらえるように、リゾートで実践してもらうことが大事である、とディスティネーションスパは考えています。


    〈左 日曜夜のシーフードバーベキュー〉
    〈中 夕食でオーダーした魚のグリル〉
    〈右 朝食でオーダーした白味のオムレツ、もちろん黄身はない。〉


  • 島ではこうやって過ごす!

     そもそもここは他のリゾートとは違います。健康に何らかの心配や不安を抱いている人たちの集まりなわけで、過ごし方は既に決まっていると考えてください。まずは一般的にどのような滞在になるのか、説明致しましょう。

    まずはリゾートに到着後,一人一人に「コンサルテーション」という物があります。これはコンサルタント(つまり健康のスペシャリスト)がお客様の現在の健康状態を確認し、健康の悩みや不安等を相談、その上でリゾートでどのように過ごしたら良いのか。悩み等の改善策。また、今後の生活において何をしたらよいのか。ということを的確にアドバイスしてくれるのです。
    その後、コンサルタントはお客様のために滞在中のプログラムを作成します。この滞在中のプログラムをスケジュールとして紙にまとめた物が「ウェルネスカレンダー」で、渡されたお客様はこれに従って毎日行動するわけです。このプログラムは宿泊料金に含まれているものですので、追加代金は必要ありません。

    下記にまとめてみます。
    【宿泊に含まれる物】
    *朝、昼、夜の食事
    *1人1回のコンサルテーション
    *1人1日2回のスパトリートメント
    *ウェルネスアクティビティー(クッキングクラスのみ有料)

    注:到着が遅い場合、出発が早い場合、1日3回の食事、1日2回のトリートメントではない場合があります。
    到着時間が夜の場合、次の日にコンサルテーションをする場合があります。


    つまりコンサルタントが作成してくれるプログラムも、既に料金に含まれるスパトリートメントとウェルネスアクティビティーからなる物です。
    ウェルネスアクティビティーとは、毎日日替わり、30分または60分単位で1日4つから5つほど開催される、健康のためのアクティビティーです。
    例えばカヤック、ヨガ、セイリング等の楽しそうな物から、タイボクシング、プールでのウォーターエクササイズ、等のハードそうな物、健康に関する講義、講習などの勉強する物まで様々な物があります。

    これらのアクティビティーは全て無料(クッキングクラスを除いて)となりますので、例えば自分の空いている時間に参加したいものが開催されれば、自由に参加することが出来ます。アクティビティーのスケジュール表も別にもらいますので、自分のスケジュールと照らし合わせてみると良いでしょう。
    また、スパトリートメントも数え切れないほどの種類があり、空いた時間に追加で別のトリートメントを受けたい場合はもちろん有料で受けることが可能です。

    通常1人に対して1日に3つ~4つのプログラムが組まれます。さらに自分でアクティビティーやスパを追加すれば4つ~5つ(4~5時間)に時間を費やすわけです。例えば、、、朝食を食べたら2つほどこなして昼食をとり、午後からまた2つこなして、少し休憩したらもう夕食。20時~21時頃部屋に戻ればもうぐったりで就寝、、、、、、

    どうです? 結構忙しい1日だと思いませんか??

    〈左 私のウェルネスカレンダー。時間とメニューが書き込まれます〉
    〈中 スパのトリートメントルーム、ハードに体を動かした後は気持ちよさ倍増!〉
    〈右 プール、空き時間にたっぷり泳ぎました〉

  • 私はこうして健康になった!!

     私がディスティネーションスパに到着したのが金曜日のお昼です。先に昼食を取ったあと部屋に行ってチェックイン。その後リゾート内を見学させてもらったら、もう夕方になりました。そこでコンサルテーションがありました。

    私を担当してくれたコンサルタントの先生は白人の方(名前忘れました、、、)で見た目には40歳前後。小麦色に日焼けし、肌もつるつるで筋肉隆々!中年で流行のメタボとは全く無縁そうな男性でした。なるほど只者ではなさそうです!事実、朝っぱらからひと気のないプールで豪快に泳いでいた、という目撃談が多数ありました。
    コンサルテーションではまず1枚の質問用紙を渡され、自分の体重、身長などのデータや、煙草や酒をやっているかの質問、ここに来た目的や体の問題を記入していきました。先生に渡すと、喫煙にYESのチェックを見てニヤリ。しかし1日何本吸うのかとだけ聞かれ次へ。水を1日グラス何杯飲むかという項目で驚かれました。私はただの水なんてあまり飲まないので1杯と記入したのですが、1日2リットルは飲め!と強く言われました、、、、え、そんなに!? 水をたくさん飲むと日中の疲れやだるさがなくなるから必ずやれとのことです。次に、私を立たせ体を下から眺める先生。両腕を先生が上から押さえつけているところで私は力いっぱい上に押し上げます。そこでオッケー!今ので一体何がわかったのでしょうか。
    最終的に言われたのは、お前はほぼ健康だ。アスリートに近い体をしてる。しかし、これからはたんぱく質をもっと取り続けるように。煙草さえなければパーフェクトだね。っと付け加えられました。
    渡されたウェルネスカレンダーを見ると、その日は遅くなっていたので、最後の18:00からのアクティビティー「呼吸と健康の関連についての講義」が入れられていました。ちょっと私には難しく感じました。その日は夕食をとったあと部屋に戻って、サウナ、プールに入って寝ました。

    土曜日、ゆっくりと朝食を取り、11:00からCore Strength&stabilityというアクティビティーです。これは床やバランスボールの上でいろいろな体勢をとり、それを30秒ほど持続させて筋力や安定性の持久を狙うものです。腹筋や腕力を使う物が主で、普段何も運動をしていない私はすぐに腕が震え出します。腹筋かなり痛かったです。おそらく10代の頃には何の問題もなく出来たはずのことで、あらためて運動不足を思い知らされました。
    1時間後の12:00からはトリートメントでDetoxifying Massage60分です。これが本当に天国でした。たった1時間の運動でガチガチに痛くなった体にマッサージは最高です!このマッサージは体の毒素を取り除くマッサージで、ブラシのような物で皮膚をこすったり、ほうきのような物で叩いたりします。最後は手で念入りに揉み解されて夢心地のまま終了しました。昼食を食べ、次のスケジュールは16:00でまだ時間があったので、共用プールで泳ぐことにしました。誰もいなかったので久しぶりに本気でバタフライをしてへとへとになりました。
    16:00からはトリートメントのFoot Recovery30分です。これはいわゆる足マッサージですが、座ってやるのではなく、ベッドに寝転んでやります。あっという間の30分で足の疲れはだいぶ取れました!その後は部屋に戻って少し昼寝、そして夕食、サウナ、プール、就寝です。

    日曜日、この日はいよいよ最終日、お昼には島を離れてしまいます。
    朝ゆっくりと起床して朝食、9:00からトリートメントのEnergizing Massage60分が入っていました。これはエネルギーを活性化させて、活力を漲らせるというマッサージです。なるほど朝っぱらのマッサージは初めてでしたが、結構気持ちいい物でした。今日も1日がんばろう!という気になります。10:00からはSuper Stretchです。ストレッチですが筋力を使うハードなバージョン、と想像すればいいかもしれません。正直これが一番きつかったです。思わずウー!とかアー!とか声が出てしまいます。1時間みっちりやって終了、、、既に気力の限界に来ていました。
    本当はこの日7:00からのマングローブカヤックツアーに参加したかったのですが、前日の疲れで起きることが出来ませんでした。カヤックもやっていたら私はもう動けなかったと思います。

    こうして私はたった2泊3日のプログラムを終えました。
    成果にはもちろん個人差がありますが、たった2泊でも私の体は変わったと実感しました。その証拠にこの日バンコクに戻って中華料理を食べたのですが、久しぶりの油っこい食事に、胃がびっくりしたのでしょうか。タクシーに乗って帰宅途中、家の近くでタクシーを降りたあとに、食べた物を少しもどしてしまったのです。

    〈左 二日目の昼食、たくさん食べた〉
    〈中 巨大なスパ施設でトリートメント〉
    〈右 いよいよこの景色も見納め〉


  • 幸せは健康から始まる!-滞在を終えて

     みなさんはどんなことに幸せを感じるでしょうか?
    大金をゲットした時、おいしい物を食べた時、試験に合格した時、子供が産まれた時、、、、、しかし、これらのことはすべて、健康でなければ感じることは出来ないのです。

    今回ディスティネーションスパを通して感じたことは、いつの時代も世の中には様々な健康の悩みを持つ人がいるということです。食料、医療がなかった昔に比べ、なんでも手に入る豊かな時代になったことが返って新たな問題を引き起こしています。それが、一昔前までは存在しなかった「ヘルスリゾート」のニーズになっているのだと感じました。
    現代人の最も多い悩みは肥満だと言えると思います。特に欧米では社会問題となり、肥満のせいで仕事にもつけない事があると聞きました。放って置くとそこから様々な病気に発展していく可能性かあるので大変深刻です。そのような事になる前にいち早く健康への意識を持ち、食生活を改善することが大切です。しかし普段の生活ではなかなかきっかけをつかめない人が多くいるのではないでしょうか。
    ジムへ通う時間もなく、エクササイズのDVDも3日坊主、飲み会に誘われればついつい暴飲暴食、今年こそはと言い続けて3年、4年、、、そんな時にはほんの少しの休暇をとってディスティネーションスパへ行ってみてはいかがでしょうか。この外の世界とは良い意味で隔離された小さな島で、健康という物を見つめなおしてみましょう。ひょっとしたら、あなたの今後の人生を大きく左右するほどのきっかけになるかもしれないですし、少なくとも健康への意識をもった生活を送れることは間違いない事です!

    私は、幸運にも五体満足に生まれ、これまで病気や健康に一度も悩むことなく生きてきました。もはやそれが当たり前と感じ、違う方向へ幸せを探しているのかもしれません。しかし、世の中健康でないことにより不幸な人はたくさんいるのです。今後の私の人生において大切な事は、この健康な体に幸せを感じ、これからも健康を維持していく事でそれが幸せに繋がると実感しました。
    丈夫な体に産んでくれたことを両親に感謝し、これからも健康に長生きしていこう、と心に誓います!!



スタッフおすすめ!お得ツアー

★☆★≪STWは学生旅行を応援!欲ばり2ヵ国周遊≫ヒコーキ+ホテル♪コスパ高し!お部屋広々のカリムリゾート☆マレーシア&プーケット4日間★☆★

大阪発

★☆★≪STWは学生旅行を応援!欲ばり2ヵ国周遊≫ヒコーキ+ホテル♪コスパ高し!お部屋広々のカリムリゾート☆マレーシア&プーケット4日間★☆★

日数:4日間  
旅行代金:39,800円~149,800ツアーはこちら