世界の憧れ★国立公園・慶良間諸島deダイビング♪ | 沖縄の旅行記

支店
渋谷
新宿
横浜
銀座
名古屋
大阪
福岡
札幌
広島

世界の憧れ★国立公園・慶良間諸島deダイビング♪

エリア
沖縄
/沖縄
テーマ
ダイビング
時期
2017/04/24~2017/04/29
投稿日
2017/5/6
投稿者
君羅 由佳

世界屈指の透明度を誇ると言われるケラマブルーの海を目指して、国立公園・慶良間諸島へ行ってきました~!

今回は贅沢にも諸島内の人が住む4つ全ての島を周遊。
各島でダイビングを堪能してきました♪
慶良間って実は那覇からとっても近い。
ダイビングも那覇発の慶良間日帰りトリップもあるけど、慶良間に泊まるって潜るってどうなんだろう?
そもそも慶良間って何があるの?
ケラマブルーってどんな色?
そんな沖縄初心者ダイバー、いざ慶良間の海へ~!!

  • 素朴アイランド・阿嘉島上陸!

    那覇の泊港からフェリーで90分、今回最初の島・阿嘉島へ!

    高速船・クイーン座間味だと50分とあっという間の船旅ですが、
    船が苦手な私は、のんびりゆったりなフェリーをチョイス。
    このフェリーが去年11月に就航した新艇で、本当に快適!
    快適にお昼寝しすぎて写真取り忘れ・・・

    港でダイビングショップのスタッフさんに迎えてもらい、宿まで車でわずか3分。
    ペンションくば〟さんに到着。
    ペンションとか民宿の宿泊経験のない私、恐る恐るお部屋へ、、、

    あ、お部屋きれい!!!
    水周りも清潔!
    島のMAPとダイビングの案内書面もあるなんて、なんて親切。
    しかもオーシャンビュー!!
    さらにさらに沖縄料理満載のご飯もおいしい♪
    これで阿嘉島快適に過ごせそうです♪

  • 到着後さっそくケラマブルーの海へ!

    フェリーで到着後、さっそくダイビングへ。

    ドキドキの慶良間初ダイビング

    ポイントまではボートで約10分
    慶良間はどこも3-20分ほどのポイントがほとんどとのこと。
    船が苦手な私にはこれもうれしいポイント。

    エントリーすると、どこまでも続く砂地!ちょっと曇っていたのが残念。
    きっと晴れるとこの砂地がきらきらするんだろうな~。

    それにしても圧巻の透明度。ケラマブルー癒されます。
    カメラ初心者の私でもその姿をキャッチできたチンアナゴちゃん。ダイバーを気にする様子もなく、ゆらゆらとかわいい。

  • これぞ慶良間!な癒しの光景

    慶良間と言えば、サンゴカメ透明度!のイメージを持っていた私。

    1ダイブ目からさっそく慶良間の洗礼。

    砂地にサンゴにスズメダイ
    あ~癒される。ずっとここで漂っていたい~。

    からのカメ!
    1匹出会うと次々に現れる。
    ダイバーを気にする様子もなく、優雅にお食事にお昼寝。
    結局4匹?5匹?のカメさんに遭遇。
    慶良間のカメさんなんか大きい気がする・・・

  • アフターダイブは島散策

    ダイビング後はまずランチ。

    私が散策した中で島で唯一?と思われる食堂〝パーラーみやま〟の沖縄そば
    他のメニューはタコライスとカレーライスのみ!
    目の前の前浜ビーチを眺めながらののんびりランチ最高です。

    集落の目の前の〝前浜ビーチ〟。宿からすぐなので、のんびりお散歩には最適です。

    そして阿嘉を代表するビート言えば、〝北浜(ニシバマ)ビーチ〟。
    北なのか西なのか少し迷いますよね。
    ここは少し遠いので、レンタルバイクなどで行くのがお勧め。
    徒歩でも30分弱でいけるとのこと。
    とにかくきれい!そして人がいない!
    この景色を独り占めできちゃいます。
    SNS映えしそうだな~。

    そして港脇にあるの阿嘉大橋。ここを渡ると慶良間(ゲルマ)島外地島に行けます。
    橋の下の海の色!港の脇でこの色はさすがですね~。
    外地島には慶良間諸島で唯一の空港があります。
    今は定期便がないとのことですが、けっこう立派な滑走路にびっくりしました。

  • ダイブゴビーズ

    今回、阿嘉島でお世話になったのが、〝ダイブゴビーズ〟さん。

    ダイビングはもちろん、港の送迎から、宿の案内まで全部お任せできちゃうショップさんです。

    BARを併設するショップは、スタイリッシュでダイビングショップとは思えないおしゃれな佇まいが素敵。
    看板ねこのこつぶちゃんもかわいい。

    ですがですが、なんと言ってもボートが最高です!
    陽射しはもちろんカット、おトイレはなんとウォシュレット。
    日焼けしたい派の方はぜひ2階の特等席へ~。
    大型ボートで船が苦手なダイバーさんも安心ですね。

    でもこんな優雅なボートなのに、ポイントまではたったの5分。
    う~ん、ちょっと物足りない。というかもったいない!
    ゴビーズさんでは渡名喜島粟国島遠征ダイブもやっているので、ぜひ~♪

  • 慶良間イチ有名?な座間味島

    続いての島は座間味島。


    この島にはあのミシュランで2つ星に選ばれたことで、世界的に有名になった〝古座間味ビーチ〟があります。
    レンタサイクルでさっそくビーチへ。
    港の集落からはけっこうな坂道を登って下るので、電動自転車がオススメです。
    歩いていく人もちらほら。徒歩だと20分ほど?だそうです。

    林の向こうにキラキラ光るきれいなビーチが見えたー!
    ビーチの入り口にはマリンショップもあって、観光地の海水浴場的な雰囲気。
    ただ一度サンデッキからビーチを眺めると、きれいな砂浜が広がっています。
    水の透明度も最高!
    さすがミシュランということで、欧米人の観光客もたっくさん。

    この座間味島は冬のホエールウォッチングでも有名ですよね。
    ということで、港近くにクジラのオブジェ?を発見。

  • 海はマクロに地形に盛りだくさん!

    座間味でお世話になったのは、〝ダイブセンターNO-Y〟さん。

    こちらもダイビングごとに港に戻ってくるスタイルで、船が苦手なダイバーさんにもオススメです。

    慶良間の海はどの島からでも潜るエリアはほとんど一緒です。
    そこにショップさんごとのオリジナルポイントがあったりします。

    座間味初ダイブはカメにイカの卵?に地形にと見所満載。
    地形ポイントでは、光のカーテン
    この日は曇りでちょっと残念、、きっと夏の晴れた日にはピカーと光が入るんだろうな~。
    でも暗い中に突如差し込む光はきれいでした~。

  • こちらもザ・慶良間な海

    一面に広がるサンゴ~。

    サンゴの上をの~んびり漂いながら、水面を見上げたときの癒し効果、半端ないです。

    毎ダイブ「これぞ、慶良間!」な光景に癒されまくりました~。

  • 那覇からのアクセス抜群・渡嘉敷島

    続いては今回の旅最後の島・渡嘉敷島

    那覇から高速船で35分
    一番身近な慶良間諸島の島です。
    那覇の泊港でも日帰りのチケットを購入する観光客をたくさん見かけました。

    ただ、やっぱりこの島も泊まってほしい!
    今回私は座間味島から村内航路の船で渡嘉敷島へ。
    なので、那覇からのフェリーの付く渡嘉敷港ではなく、集落に近い阿波連港へ到着。
    ダイビングショップのボートもここから就航します。
    港なのに海がきれい~
    東京生まれの私には信じられない光景、、

    渡嘉敷のの2大人気ビーチのひとつ、〝トカシクビーチ〟。
    この日は修学旅行の学生さん達がカヤックやスノーケルを楽しんでいました。

  • 集落の目の前・阿波連ビーチ!

    民宿やレストランが立ち並ぶ、阿波連集落の目の前にあるのが、〝阿波連ビーチ〟。

    白砂に映えるケラマブルー素敵です。
    サンゴもそこらのダイブポイントよりきれいだとか。
    夕立にあってしまった私はスノーケルは断念。
    少し残念でした。

    ビーチ脇の道路を少し登るとビーチや周辺の島が一望できる、ちょっとした展望スペースが道路脇にあります。
    ビーチの反対側にも展望台がありますが、私はこちらの道路サイドがオススメです。
    ビーチの先に慶良間諸島の島々。
    陸にも癒し満載です。

  • 渡嘉敷は陸も楽しい!

    阿嘉慶良間座間味渡嘉敷と4島渡った中で、のんびりした中に、なんかおしゃれだな~。と感じたのが、この渡嘉敷島でした。


    阿嘉・慶良間はとにかくのんびり静かな癒しの島。
    座間味は商店やレストランが豊富なインターナショナルな雰囲気の島。
    渡嘉敷はこじんまりとしながらも食堂が豊富でおしゃれな雰囲気の島
    これが私の勝手な印象です。

    カフェやBARが素朴ながらおしゃれな雰囲気を醸し出していました。
    私は思わずおしゃれカフェで、カフェラテをいただいちゃいました。
    時間を忘れてのんびりできて最高ですね~。

    島にはそこらじゅうにネコ達が!
    またもや癒しポイント発見です。

    ちなみに那覇からのフェリーはこんなに大きい。
    最近、外国の観光客も増えてるとか。
    那覇から35分でこの癒し。それは人気になりますよね~。

  • 最後まで癒し満点

    今回の旅最後のダイビング。

    ポイントまではボートで3分。ちかっ!

    ビーチであの透明度ですからね~。
    やっぱりケラマブルーはここでも健在。

    ニモサンゴ砂地カメウミウシ
    キラキラ光る謎の生物も発見。写真うまく撮れなかった。。
    ここでも慶良間の癒し満点のダイビングでした。

    今回各島で1日ずつのダイビングだった私ですが、やっぱり2日3日と潜りたいな~。
    と毎回思いました。
    今日は癒し系だったから、明日はハード系で!
    とか
    今日はサンゴ系だったから、明日はマクロ&地形攻めで!
    といった感じに、何日も潜るからこそより楽しめる慶良間!あると思います。

  • やっぱり慶良間は泊まらなきゃ!

    今回最後は那覇に宿泊。国際通りでお買い物~。

    やっぱりお土産のお買い物は楽しい。

    あ、そういえば、那覇泊でも慶良間に日帰りダイビングって行けますよね。
    う~ん、私のオススメはやっぱり慶良間に泊まってほしい!
    そのココロは!
    慶良間諸島内のショップだけが入ることを許されたポイントが多いから!
    那覇から行って入れるポイントは限られていて、慶良間のショップが行くポイントは違うんですよね~。

    だから、〝慶良間に泊まって、慶良間で潜る!〟これオススメします!!
    でも本島は観光地もやっぱりたくさん。陸観光もしたい方は、那覇に泊まって、慶良間デイトリップがいいですね!

    そして、今回の旅でいろんな方に聞いた「慶良間不足」という言葉。
    私もさっそく発症しそうです。あの景色に癒されにいきた~い!
    年イチ慶良間旅〟もあわせて提案します!

    沖縄デビューですっかり魅力にはまったきみらでした♪