絶景に感動!神秘的な未開の地「ペニダ!」(前編) | バリ島の旅行記

支店
渋谷
新宿
横浜
銀座
名古屋
大阪
福岡
札幌
広島

絶景に感動!神秘的な未開の地「ペニダ!」(前編)

エリア
バリ島
/バリ島
テーマ
自然
時期
2016/09/21~2016/09/22
投稿日
2017/2/12
投稿者
阪上賢一

 ペニダ島って、、、聞いた事ないけど、どこにあるんですか?

何を隠そう、STWの社員でもほんとんど認知されていない美しい島が、あるんです。
 バリ島からわずか約40分ほどボートに乗った先に、バリ島の繁栄とは無縁な未開発の島、「ペニダ島」はあります。
 何があるの?今までどうして注目されていなかったの?と疑問に思うかもしれません。私もSTWに入社をして、10数年。バリ島には10回以上訪れていますが、ペニダ島には行った事がありませんでした。新たな観光素材を探しに、ペニダ島へ行って見る事を決意。
 行ってみると、断崖絶壁と青い海大自然の神秘を感じる、絶景の数々!とても素晴らしい場所で、感動の連続でした!
 そんなペニダ島をご紹介いたします。

  • サヌールから乗船!

    • サヌールのボート乗り場

    • サヌールのボート乗り場

    • ボートに乗り込みます

    • 船の中

     ペニダ島へのボートは、サヌールから出発します。

    ボート乗り場は、港?と呼べる場所ではなく、”ビーチから船に乗る場所”です。
     ビーチには、10艇ほどのボートが並んでいます。
    ボートに乗るには、海に入っていかなくてはなりません。
    靴を脱ぎ、裸足でボートの乗り込みました。
     

  • ペニダ島上陸!

    • 港(トヤパケ)

    • ボート降り場

    • 港近くのビーチにて

     高速艇に乗ること、40分!

    ついにペニダ島に上陸!
    ペニダ島でも海に降り立つ事を予想していましたが、以外にも桟橋があり、濡れずに上陸する事ができました。
     しかし、港の様子を見ると、田舎な雰囲気が漂っており、未知の場所として期待が膨らみます。
     島の北西に位置する”トヤパケ”という場所に、ペニダ島の玄関口となる港があります。近くのビーチでは、欧米人が海水浴をしていたり、マリンアクティビティーを楽しんでいました。

     どんな場所か楽しみにしながら、いざ出発!

  • 絶景ポイント① PULAU SERIBU POINT 1

    • PULAU SERIBU POINTの入り口

    • 遠くに見えるガゼボを目指します。

    • ガゼボ側から見た通り道

     トヤパケから約1時間、海岸沿いから山道を通り、島の南西部にあるPULAU SERIBU POINT(プラウ セリブ ポイント)を目指します。

    途中、舗装されていない道や民家のを通り、ついに到着。

     ついにやってきました!

     車から降りると、少し遠くに見えるインド洋の広がりと島の景色にテンションが上がります!

     どんな場所かと楽しみにしていると、ビューポイントまでは少し険しい道のりが・・・
     海側に向けて、山道を降りて行く感覚です。目指すは、眼下に見えるガゼボです!ガゼボまでは、急な坂道もあります。ロープがあるので、ゆっくりと降りれば問題ありません!
     右に、ガゼボ側から降りてきた場所の写真がありますので見て下さい!草むらがあり道が見えませんが、一番上から降りてくてます。

    おすすめ
    オプショナル
    ツアー
    【PN-C1/PN-C2】1泊2日 奇跡の絶景を巡るペニダ島!(東&西海岸)
  • 絶景ポイント① PULAU SERIBU POINT 2


      どこまでも広がる青い海と力強い島々の迫力に言葉が出ないほどの感動が!
      こんな場所にも祭壇があり、地元の人々がお参りにやてくるそうです。

    大自然と人々の営みの調和もまた、素晴らしいですね。
    様々な神様を祀る事は、どこか日本人と通ずるところがありますね。


    おすすめ
    オプショナル
    ツアー
    【PND-1A】奇跡の絶景を巡るペニダ島!(東海岸)
  • 絶景ポイント② ATUH BEACH 1

    • ATUH BEACHへ続く道

    • ATUH BEACHへ続く道から眺める景色

    • 青い海

    • 青い海と白い砂のビーチを独り占め!


     PULAU SERIBU POINTから、徒歩で20分ほどの場所にATUH BEACH(アットゥビーチ)はあります。
    ただ、ここまでに行くには、山道と下まで降りていく階段があります!美しいものを見るためには困難な道のりです!
     しかし、道中の景色もとても絶景!ペニダ島の雄大さを思う存分味わう事ができます。右の4枚目の写真にビーチが写っています。この写真の正面に崖といいますか、山が見えますよね?この一番上から降りてきます。山の上からは反対側のインド洋も一望できます。ビューポイントとしての名称はありませんが、ここの景色もぜひ見て頂きたい!

     

  • 絶景ポイント② ATUH BEACH 2


     ほとんど人がいないビーチですが、ビーチチェアや何軒かのワルンがあり、飲み物やお菓子、軽食が販売されています。
    人の喧騒がなく、シークレットビーチではゆったりとした時間が流れ、のんびり過ごすのがお勧め!
     白いさらさらの砂の部分と、貝殻や珊瑚が打ちあげられた箇所があります。色とりどりの貝殻や珊瑚を見つけてみてはいかがでしょうか?
     ギターを演奏して歌っている男性は、今回私を案内してくれてたガイドさんです。裸でギター一本背負い、なんともワイルドでした。彼の歌と波の音が、うまく調和していて、本当にのんびりとリラックスして過ごすことが出来ました。
     

  • 絶景ポイント③ Guyangan Water Falls


     ペニダ島、最大の難所である絶景ポイントの一つ、Guyangan Water Falls(ギュアンガン ウォーターフォール)のご紹介!

     こちらは本当に崖沿いを行く場所です。実は、900段近い階段があり、日頃運動不足の私は、かなりきついものがありました。
    しかし、こちらは手摺付の階段がありますので、スリリングですが、安心して進めます!
     本当に海のすぐ傍まで崖を下まで降りていくと、とうとう到着です!開けた場所があり、そこにはなんとお寺もあります! 地元の方はなんと、こんな場所にまでお参りにくるそうです。また、バリ島からも現地の方は参拝に訪れるそうです。しかし、ヒンドゥー教徒ではない観光客は、割れ門から先にには行く事ができませんのでご注意下さい。
     ウォーターフォールという事で、島からの湧き水が、海に落ちていました。
     荒々しく波が島に衝突する眺めは、とってもも迫力があります!

  • まだまだあります、絶景ポイント!


    ここまでのペニダ島のご紹介は、いかがでしたでしょうか?
    どんな場所か、だんだんと分かってきたのではないでしょうか。

    今回ご紹介したのは、まだ半分!

    さらなる魅力を後編でご紹介!

    お楽しみに~!

    (後編では、右の写真の絶景ビーチをご紹介!)